醸造元:武甲酒造株式会社
URL:http://www.bukou.co.jp/
住所:埼玉県秩父市宮側町21-27
電話:0494-22-0046
使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,050円(税込み)

関東の奥座敷として年中多くの観光客で賑わう秩父の中心部に、重厚な佇まいの伝統的な商家の姿を残す武甲酒造があります。武甲酒造の本家・柳田総本店は、江戸中期・宝暦三年(1757)創業。築190年の店舗は国指定の登録有形文化財。この酒蔵も観光客に開かれた店作りをしており、また秩父だけでなく埼玉を代表する銘酒として知られています。

ふっくら、ふくよか。辛さはなく少し果実のような爽やかさが。お米の酒って感じ。
燗にすると、本醸造よりも丸く、とげとげしさが無い。とはいっても武甲正宗本醸造もそんなにカドがあるわけではありませんが。

お気に入り度:4
f0138598_19493714.jpg


■過去に飲んだ武甲酒造のお酒




武甲正宗 本醸造 秋上がり辛口 [武甲酒造]

醸造元:武甲酒造株式会社
URL:http://www.bukou.co.jp/
住所:埼玉県秩父市宮側町21-27
電話:0494-22-0046
使用米:-
精米歩合:70%
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:800円(税込み)

秋上がりという銘は、ひやおろしの事か?ひやおろしとは、冬に造られた酒を、火入れしたあと、春、夏を越して貯蔵・熟成させ秋ごろに出荷します。普通はこの出荷の時は火入れをしないので、「生貯蔵酒」の分類に入ります。
関東のお酒なので、辛口といっても日本酒度は+3度くらいとか、軽くスッキリとしてほどよい酸味がありますが、どうも線が細いような。ところが、燗にするとどうしたものか、存在感が増し、チンチンに暖めてもツンとこない飲みやすさ。熱燗最高です。

お気に入り度:4

f0138598_1950888.jpg



人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています
クリックで応援をお願いします。

[PR]
by tztom | 2007-11-27 22:42 | 埼玉 | Comments(0)

醸造元:株式会社 武勇
URL:http://www.buyu.jp/
住所:茨城県結城市結城144 
電話:0296-33-3343
使用米:雄町
精米歩合:58%
日本酒度:±0
酸度:1.6
アミノ酸度:-
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:1,740円(税込み)

結城市は鎌倉時代に結城氏の城下町として発展し、江戸時代には高級織物ブランドとして知られた結城紬で栄えた町です。今も町の中心部付近には、明治初期から大正期にかけて建てられた重厚な商家の古い町並みが残されています。結城には2軒の酒蔵が残りますが、そのうちの一つ武勇は町の中心部にあり茨城県を代表する銘酒の一つです。創業は幕末の慶応年間(1865~68)で酒銘の武勇とは、坂東武者の気概を残した土地柄から、尚武の「武」と初代当主の名・勇吉の「勇」を合わせたものとか。

昔飲んだ武勇の酒は辛口でちょっと合いませんでしたが、今回飲んだ「なごやか」は無色透明ながら、まるく口当たりは良い酒です。キレもあり後から辛さが来ますが、すぐにスーッと消えていきます。

お気に入り度:4

f0138598_1956046.jpg


おいしい日本酒を探し、地酒に”その地の風土”の思いを馳せ、至福のひとときを・・・。
 【楽天市場】 日本酒カタログ・世界に誇るニッポンの酒

人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています
クリックで応援をお願いします。

[PR]
by tztom | 2007-11-25 19:03 | 茨城 | Comments(0)

醸造元:馬場本店 
住所:千葉県佐原市佐原イ-614 
電話:0478-52-2227
URL:http://ciaosang.client.jp/sawara/
精米歩合:55%(八反錦1号)
購入価格: 740ml/1,140円
香取神宮と水郷の小京都で知られる佐原の町は江戸の物流玄関口として栄えた町。
佐原の商人は多くの特権で財を築きます。江戸時代に日本地図を完成させた伊能忠敬も佐倉の出身です。かつて数多くの酒蔵がひしめいた佐原も今は2軒のみ。東薫酒造の並びに立つ、馬場本店はさらに古い天和年間(1681-1683)の創業。
飲んだ瞬間「清らか」さを感じます。刺激がなく綺麗ながら、キレもあります。メロンやバナナのような吟醸香が少々強い。
お気に入り度:3
f0138598_527621.jpg


おいしい日本酒を探し、地酒に”その地の風土”の思いを馳せ、至福のひとときを・・・。
 【楽天市場】 日本酒カタログ・世界に誇るニッポンの酒

人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています
クリックで応援をお願いします。

[PR]
by tztom | 2007-11-23 22:53 | 千葉 | Comments(0)

醸造元:東薫酒造 
住所:千葉県佐原市佐原イ627 
電話:0478-55-1122
URL:http://www.tokun.co.jp/
精米歩合・使用米不明 
アルコール度:20.9 
日本酒度:-1.0 
酸度:1.9 
購入価格:720ml/1,170円
香取神宮と水郷の小京都で知られる佐原の町は江戸の物流玄関口として栄えた町。
佐原の商人は多くの特権で財を築きます。江戸時代に日本地図を完成させた伊能忠敬も佐倉の出身です。かつて数多くの酒蔵がひしめいた佐原も今は2軒のみ。
東薫酒造は文政8年(1825)創業の老舗です。
飲んだのは原酒ですが、濃いながらも果実のような香りとなめらかさで、酸も少ない。
ほんのり乳製品のような香りもあります。
お気に入り度:3
f0138598_5283535.jpg


おいしい日本酒を探し、地酒に”その地の風土”の思いを馳せ、至福のひとときを・・・。
 【楽天市場】 日本酒カタログ・世界に誇るニッポンの酒

人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています
クリックで応援をお願いします。

[PR]
by tztom | 2007-11-23 22:45 | 千葉 | Comments(0)

醸造元:有限会社 南酒造場
URL:なし
住所:高知県安芸郡安田町安田1875
電話:08873-8-6811
精米歩合:50%(松山三井)
日本酒度:+8.0
酸度:1.8
アミノ酸度:-
アルコール度:16~17度
購入価格:720ml:1,890円(税込み)

高知県安田町は高知市から室戸岬へ向かう途中にあるちいさな町。しかし、この町には高知県最大手の酒蔵「土佐鶴酒造」があります。その土佐鶴酒造からすぐの場所に建つ南酒造場は地元では「玉の井」で知られていますが、近年は都会向けのブランド「南」も展開してすっかり有名な酒蔵になりました。
創業は明治2年(1869)で現在の生産量は約500石。9割が純米酒でそのほとんどが県外に出荷され、地元ではなかなか手に入らないお酒となってしまいました。。

日本酒度は高いですが、生酒な為にみずみずしくふくよかで、しっかりとした芯のある旨味。
変な若々しさや荒さはなく、グイグイいけます、うまい酒です。うまい。

お気に入り度:4

f0138598_644760.jpg


おいしい日本酒を探し、地酒に”その地の風土”の思いを馳せ、至福のひとときを・・・。
 【楽天市場】 日本酒カタログ・世界に誇るニッポンの酒

人気ブログランキングへ人気ブログランキングに参加しています
クリックで応援をお願いします。

[PR]
by tztom | 2007-11-23 07:11 | 高知 | Comments(0)

f0138598_20341091.jpg



醸造元:中島醸造株式会社
URL:http://www.shiroku.co.jp/
住所:岐阜県瑞浪市土岐町7181-1 
TEL :0572-68-3151
創業:元禄15年(1702)

使用米:富山産五百万石
精米歩合:55%
日本酒度:+4.0 
酸度:1.7
720ml / 1,400円

中山道と名古屋城下を結んだ下街道の間の宿(立場)の町として発展した土岐町。今も往事の面影を残しています。その町並みの中に今も重厚な佇まいを残す中島醸造。

f0138598_18440306.jpg

当代中島小左衛門用信が年貢米を活かし酒造りを始めたのが江戸時代中期の元禄15年(1702)で、代々蔵元は小左衛門を襲名して現在は14代目。

平成12年に新しいブランドとして『小左衛門』を世に送り出し、一躍有名になった新進気鋭の酒蔵です。

甘い香りと、サトウビキのような甘み、しかしさっぱりしていてキレがあります。燗にするとさらに深く、厚いながらもダレないうまさ。うまい、うまいです!!

お気に入り度:4



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2007-11-23 06:55 | 岐阜 | Comments(0)