醸造元:株式会社大倉本家
URL:http://www.kinko-ookura.com/
住所:奈良県香芝市鎌田692
電話:0745-52-2018
精米歩合:70%(岡山県産雄町)
日本酒度:±0
酸度:1.8
アミノ酸度:1.7
アルコール度:15.8度
購入価格:720ml:1,260円(税込み)

奈良県中西部、大阪府羽曳野市と接する香芝市は二上山の麓に位置する町で、現在市内には2軒の酒蔵があります。その内の一軒、大倉本家(創業当時は大倉勝治商店)は明治29年(1896)の創業。昭和7年より奈良県神社庁の依託による「御神酒」を醸造し始めるも、平成12年に休業。その2年後に再開を果たし、山廃酵母を主力とした丁寧な酒造りを行う小さな蔵として今に至ります。この蔵の古くからの銘である「金鼓」に代わる、「大倉」は山廃酵母に加え、火入れをしないラインナップを中心に展開するブランドです。

濃いめのコハク色。山廃らしい、濃醇で香ばしい野趣あふれる香り、しかし飲み口は以外にガツンとドライな辛口のお酒。日本酒度とは大きく違う個性に驚きます。
冷やし過ぎよりも、常温の方が旨みものって美味しいです。いや、このお酒は常温にかぎりますね。

お気に入り度:3
f0138598_2051792.jpg


大倉本家 山廃特別純米酒 雄町 720ml

大倉本家 山廃特別純米酒 雄町 720ml
価格:1,260円(税込、送料別)




人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
に参加しています。
↑よろしければ、ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2011-02-23 20:51 | 奈良 | Comments(0)

醸造元:千代酒造株式会社
URL:http://www.chiyoshuzo.co.jp/
住所:奈良県御所市大字櫛羅621番地
電話:0745-62-2301
精米歩合:65%(吟風米)
日本酒度:+4.5
酸度:-1.9
アミノ酸度:-
アルコール度:17.5度
購入価格:720ml:1,207円(税込み)
千代酒造は御所市の西郊外、葛城山登山口に向かう旧道沿いにある小さな蔵で、創業は明治6年。主銘柄は地名に由来する「櫛羅」(くじらと読む)ですが、特約店向けの限定商品として造られたのがこの「篠峯」(しのみね)特別純米酒、純米吟醸酒を中心に最近流行の無濾過原酒系のお酒がラインナップの中心。この「篠峯」とは、もちろん「葛城山」の別名かな?と推測したところ、ズバリ正解でした。

今回のお酒は昨年末に搾られた無濾過原酒で、今なお口の中で炭酸のように弾けているように、発酵は継続中のようで、低温で保管して早く飲まなくては。若いピチピチして、ムチムチしたギャルのようなお酒ですが、日本酒度がやや高めに設定されているだけあり、苦味、辛み、キレ、ともにバランスの良い仕上がりです。本当にうまい酒でした。これはやばいかも。
お気に入り度:5
f0138598_1135757.jpg




人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
に参加しています。
↑よろしければ、ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2011-02-20 11:16 | 奈良 | Comments(0)

醸造元:株式会社 久保本家酒造
URL:なし
住所:宇陀市大宇陀区出新1834
電話:0745-56-2026
精米歩合:50%(山田錦)
日本酒度:+9.0
酸度:2.0
アミノ酸度:-
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:1,599円(税込み)
飛鳥・吉野への入り口に位置する大宇陀町は江戸時代に松山藩の陣屋町でもあり、また吉野葛や薬草の町としても知られています。古い町並みが多く残るその一角に建つ久保本家は、元禄15年(1702年)創業、約300年の歴史を持つ蔵元です。また御所市名柄にある葛城酒造の本家でもあります。

この蔵の主な酒銘は「春霞」ですが、最近新しく登場した「睡龍」シリーズ。リボンのように巻かれた、斬新なラベルは龍をイメージしたもの。主張しすぎない食中酒をめざして醸されたお酒で、山田錦を使っているにも関わらず、華やかな香りも抑えた、かなり辛口でドライな印象のお酒。ガツンとくる飲み味ですが、飲み口としては不思議とやわらかい。冷やしすぎるとキレ過ぎるので、常温くらいがよいかもしれません。また蔵元では吟醸酒ながらも、燗で飲むことも推奨しています。
お気に入り度:3
f0138598_6332966.jpg





人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
に参加しています。
↑よろしければ、ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2011-02-19 06:33 | 奈良 | Comments(0)

醸造元:奈良豊澤酒造株式会社
URL:http://nara-toyosawa.jp/
住所:奈良市今市町405
電話:0742-61-7636
精米歩合:62%(山田錦)
日本酒度:+2.0
酸度:1.7
アミノ酸度:-
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:1,155円(税込み)
奈良豊澤酒造の前身、豊澤家が明治20年に大阪、灘、伏見、そして奈良の4箇所で酒造りを初め、そのうちの奈良の酒蔵が独立したものです。ちなみに大阪(尾崎)の酒蔵は戦時中に他の蔵と統合、現在は灘と京都伏見にそれぞれ存続してします。酒銘の「豊祝」は伏見の豊澤本店と同じものとなっています。
蔵は奈良市の南部、JR桜井線の帯解(おびとげ)にあります。山田錦を使っているので、キレのある淡麗辛口ながらも、独特の旨みがあります。しかし燗にすると、旨みが増すどころか、舌に立つ鋭いキレ、苦味も益して、ドライな飲み口が際立ちます。甘口のお酒が苦手な人には良いかも知れませんが、燗よりも冷やで飲むことをオススメします。
お気に入り度:2
f0138598_22285482.jpg

豊祝 朱雀門 純米 720ml

豊祝 朱雀門 純米 720ml
価格:1,155円(税込、送料別)




人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
に参加しています。
↑よろしければ、ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2011-02-18 22:28 | 奈良 | Comments(0)

醸造元:中本酒造店
URL:http://www1.kcn.ne.jp/~yozaemon/
住所: 奈良県生駒市上町1067
電話:0743-78-0005
精米歩合:60%(山田錦・アケボノ)
日本酒度:+5.0
酸度:1.6
アミノ酸度:-
アルコール度:17~18度
購入価格:720ml:1,1155円(税込み)
中本酒造店は奈良県と大阪府の県境に連なる生駒山系の北西端、生駒の町で江戸時代の享保十二年(1727)に創業の小さな蔵です。この蔵で醸される全ての酒が、特定名称酒、吟醸造りであり、また伝統的な佇まいの酒蔵からは想像できないほど、最新技術・設備を取り入れています。

香りは控えめですが、生原酒らしい若々しさ、山廃独特の乳酸のクセがあります。最初はちょっとキツさも感じますが、飲めば飲むほど馴染んできて、盃が進んでいきます。どっしりと構えた強い個性のあるお酒です。うまいです。
お気に入り度:3
f0138598_754439.jpg





人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
に参加しています。
↑よろしければ、ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2011-02-17 07:55 | 奈良 | Comments(0)

醸造元:葛城酒造株式会社
URL:なし
住所:奈良県御所市大字名柄347-2
電話:0745-66-1141
精米歩合:60%(五百万石)
日本酒度:+4.0
酸度:1.7
アミノ酸度:1.0
アルコール度:17.3度
購入価格:720ml:1,249円(税込み)
奈良県御所市から大阪府千早赤阪村を抜けて寺内町で知られる富田林にいたる国道309号線。名水百選にも選ばれている湧き水が湧き出る水越峠を越えていくこの往還はかつて水越街道とも呼ばれていました。名柄はその水越街道の宿場町です。その名柄に構える重厚な佇まいの小さな酒蔵・葛城酒造の創業は明治20年ごろ。同じく奈良県の大宇陀に構える久保本家酒造の分家筋の蔵です。さらに奈良県神社庁の新誉祭用の濁酒を約500年前の醸造法で醸し、納めている蔵でもあります。
今回飲んだお酒は、立ち香は低いものの、その奥に期待できる旨みを抱えています。五百万石らしいさっぱりとした淡麗辛口ですが、風味の奥にも旨みを秘めています。しぼりたてで、若さも残るものの、酸も少なく非常に飲みやすいお酒で、うまいです。
お気に入り度:4
f0138598_22295814.jpg





人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
に参加しています。
↑よろしければ、ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2011-02-16 22:31 | 奈良 | Comments(0)

醸造元:美吉野醸造株式会社
URL:なし
住所:奈良県吉野郡吉野町六田1286
電話:0746-32-3639
精米歩合:60%(奈良県産ひのひかり・兵庫県産山田錦)
日本酒度:-7.0
酸度:2.6
アミノ酸度:-
アルコール度:17~18度
購入価格:720ml:1,575円(税込み)
奈良県南部、吉野の里の下市の町の東側に、かつて宿場町として栄えた六田(むだ)とばれる地区があります。美吉野醸造の前身は明治45年創業の御芳野商店で、平成22年7月に現社名に変更しました。
「菩提もと造り」とは、室町時代(1400年初め)に奈良・菩提山正暦寺(しょうりゃくじ)において創嬢された醸造法です。製造工程で「生米」を使用することが特徴で、約500年ぶりにその造りが復活しました。
琥珀色で、芳醇な旨口酒でありながら、しっかりとした酸がありキレもあって、今年の酒は通年よりもインパクトが強いお酒ですが、食中酒としても十分通用します。うまいです。
お気に入り度:4
f0138598_1910058.jpg


花巴 菩提もと仕込み 純米原酒 720ml

花巴 菩提もと仕込み 純米原酒 720ml
価格:1,575円(税込、送料別)




人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
に参加しています。
↑よろしければ、ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2011-02-06 19:11 | 奈良 | Comments(0)

醸造元:北村酒造 株式会社
URL:http://www.kitamurasyuzou.co.jp/
住所: 奈良県吉野郡吉野町上市172-1
電話:0746-32-2020
精米歩合:72%(一般米)
日本酒度:+4.0
酸度:1.4
アミノ酸度:-
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:945円(税込み)
奈良県南部の吉野の里の中心地、吉野町上市に構える旧家で、旧道沿いに構える重厚な商家建築や北村家の邸宅が印象的で。創業は江戸時代中期の天明8年(1788年)。
前々から手に入れたかった「猩々」ですが、たまたま手にしたのがこの普通酒。しかも糖類入り。さすがに酸味料までは入っていませんが、きっちり晩酌向けのお酒でした。(ちょっと不覚)ちなみに猩々とは中国の架空の人型妖精のこと。
水のように透き通った淡麗辛口酒。透明感のある甘み。冷やで飲むとやや線が細い印象ですが、燗にするともう芳醇な旨口酒に変化します。ベタつくようないやな感じはありません。蔵元が最高の普通酒とうたうだけの事はあります。くやしいけど、うまいです。

お気に入り度:3
f0138598_2233963.jpg





人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
に参加しています。
↑よろしければ、ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2011-02-02 22:34 | 奈良 | Comments(0)

醸造元:株式会社 北岡本店
URL:http://www.kitaoka-honten.co.jp/
住所: 奈良県吉野郡吉野町上市61
電話:07463-2-2777
精米歩合:65%(ホクレイ)
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:19度
購入価格:720ml:940円(税込み)
北岡本店は奈良県南部の吉野の里の中心地、吉野町上市地区に構える酒蔵で創業は明治元年。
酒銘の八咫烏(やたがらす)は伝説上の動物、3本足の大きな鳥のことで、日の神(太陽)のシンボルであるといわれていて、日本サッカー協会のエンブレムにもなりました。
手作り感漂う、ほんのりとした乳酸の香り。メロン、マスカットのような甘く爽やかな果実のような余韻を感じる飲み口。しかし、ガッチリと芯のある太いキレもあります。うまい、うまいです。10年ぶりに飲みました。
お気に入り度:5

f0138598_2219574.jpg




人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
に参加しています。
↑よろしければ、ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2011-02-02 22:20 | 奈良 | Comments(0)