人気ブログランキング |

f0138598_22302749.jpg


醸造元:和田酒造合資会社
URL:なし
住所:山形県西村山郡河北町谷地甲17
電話:0237-72-3105
創業:寛政9年(1797)

使用米:改良信交
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:1.5
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,296円(税込み)

山形市の北西約20kmにある河北町谷地(やち)地区は江戸時代から明治期にかけて全国に知られる最上紅花の中心地として栄えた町で、その紅花で財を成した豪商の屋敷が現在も古い家並みとして残り往時の繁栄ぶりを今に伝えています。

河北町はその名の通り最上川の北側に位置する事に由来し、また山形県の自治体の中で唯一「町」を「ちょう」と読む町でもあります。

f0138598_21292967.jpg

この谷地には文政5年(1822)創業の朝日川酒造と寛政9年(1797)創業の和田酒造の2件の酒蔵があります。
和田酒造の酒銘『あら玉』は和歌で歌われる新年の枕詞で、年が”あらたま"るという意味に由来します。

ふくよかな甘い香り、やや酸味が立つ端麗辛口のお酒ですが、やさしい旨味がしっかりとあります。
燗にすると、スッキリとした酸味と透明度のある旨み、そしてさわやかな苦味がサッと登場してサッと次の味にバトンタッチしてキレイに消えていきます。うまいです。

お気に入り度:3


山形の地酒専門店國井酒店


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたら"ポチッ"とお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!



by tztom | 2015-01-30 22:30 | 山形 | Comments(0)

醸造元:鹿野酒造株式会社
URL:http://www.jokigen.co.jp/
住所:石川県加賀市八日市町イ6
電話:0761-74-1551
使用米:加賀五百万石(石川県産)
精米歩合:65%
日本酒度:+3.0
酸度:1.8
アミノ酸度:-
アルコール度:16.5度未満
購入価格:720ml:1,512円(税込み)

首都圏でも知られる『常きげん』は北陸の石川県、加賀温泉に近い八日市町にその蔵を構えます。平安時代から穀倉地帯として数多くの荘園が生まれたこの地で、鹿野酒造は江戸時代後期の文政2年(1819)に創業。代々この一帯の地主として、地域の経済はもちろん文化を見守り続けてきた旧家です。
酒銘の「常きげん」は、ある年の大豊作を村人たちと祝う席で、4代目当主が「八重菊や酒もほどよし常きげん」と一句詠んだことにちなんだものとか。

山廃らしい香ばしい乳酸香。酸が強く、ヒレ酒のような香ばしさ。クセが少しありますが、結構自然に杯がすすみます。
燗にするとかなり辛口の男酒に。芳醇で香ばしく苦味や渋味があふれています。野趣的な雰囲気が覆う地酒らしい純米酒。

お気に入り度:3

f0138598_17554991.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」でもとりあげられたこともある山廃仕込の純米酒です。濃...

常きげん 山廃仕込み純米酒
価格:1,512円(税込、送料別)


by tztom | 2015-01-24 18:01 | 石川 | Comments(0)

f0138598_2223923.jpg


醸造元:中尾醸造株式会社
URL:http://www.maboroshi.co.jp/
住所:広島県竹原市中央5-9-14
電話:0846-22-2035
創業:明治4年(1871)

使用米:八反錦
精米歩合:55%
日本酒度:+3.0
酸度:1.5
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,404円(税込み)

瀬戸内海に面して「安芸の小京都」と呼ばれる竹原はかつて製塩業で栄えた町でしたが、海運が盛んだった時代には、「安芸の小灘」ともいわれ、今もなお重厚な伝統的な古い町並みが多く残り映画やドラマのロケもしばしば行われています。

早くから酒造りが盛んな地で、江戸時代には15軒、最盛期の大正時代には26軒も造り酒屋があったという記録が残っています。現在この竹原には三軒の酒蔵があります。

古い町並みが残る本町から少し離れた中央5丁目に蔵を構える中尾醸造の創業は明治4年(1871)で当時の屋号は「廣島屋」で酒銘の『誠鏡』は「杯に注いだ酒の表情を鏡にたとえ、蔵人の誠の心を(味に反映させ)映し出してほしい」という願いを込めたもの。

4代蔵元の中尾清磨が日本全国から2000種以上の酵母を収集して研究を重ね生まれた「リンゴ酵母」発祥の蔵元であり、かつて皇室に献上。

香りはひかえめですが、飲んだ瞬間から思わず「旨い!!」と感じる素直な澄んだ甘みがあふれるお酒です。透明度の高い澄んだ旨みと同時に芯のある辛味、そしてす〜ッと消えていくキレ。程よい酸味と苦味と渋味を伴ったキレの余韻。うまいですよ。うまい!

お気に入り度:4




日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。


by tztom | 2015-01-22 22:23 | 広島 | Comments(0)

f0138598_0282861.jpg


醸造元:諏訪酒造株式会社
URL:http://suwaizumi.jp/
住所:鳥取県八頭郡智頭町大字智頭451
電話:0858-75-0618
創業:安政6年(1859)

使用米:山田錦・玉栄
精米歩合:50%
日本酒度:+3.5
酸度:1.4
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,728円(税込み)

鳥取県の西南端、岡山県津山市と接する山間の町、智頭町は古くより上方へと向かう「旧因幡街道」の宿場町で江戸時代には鳥取藩主が宿泊滞在する本陣(御茶屋)や脇本陣、奉行所などが置かれ、この地域における政治経済の中心地でもありました。

町の面積の93%を山林が占めている江戸期よりの林業の町で旧街道沿いの家々の軒先には酒蔵のような杉玉がかかります。

諏訪酒造の創業は江戸時代後期、幕末の安政6年(1859)で、元々は宿場町の旅籠を営んでいたといいます。

酒銘の『諏訪泉』は、蔵の裏手にある諏訪神社に由来。

f0138598_20513797.jpg

現在は鳥取を代表する蔵の一つで、日本酒トラストの運動にも関わり、JALの国際線でも採用されていて首都圏でも知る人ぞ知る有名な酒蔵です。

そしてこの諏訪酒造が造るのは純米酒のみで、しかも醸造後に約二年間の熟成期間を経て出荷しています。

今回の酒銘『満天星』(マンテンセイ)は、地元の町花「どうだんつづじ」の漢字名です。

色は薄いコハク色で熟成酒らしい芳醇な香り。山廃造りのような乳酸香も口に広がります。逆に華やかでフルーティーな吟醸香や風味は一切感じません。

蔵元は純米吟醸ながら燗がオススメとか。燗にすると牧歌的なやさしい熟成香と甘さ控えめの旨みと辛味と苦味のバランス。

透明度のある芳醇さをともなってスーッと引いていくキレ。

やさしいお酒です。

うまいですね。うまい!

お気に入り度:3




日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。




■過去に飲んだ諏訪酒造のお酒



f0138598_22361197.jpg

諏訪泉 大吟醸 鵬 [諏訪酒造]

使用米:山田錦・鳥取県産米
精米歩合:40%
日本酒度:±0 
購入価格:720ml / 3,570円(税込み)

今までの人生で買った一番高い日本酒(2007年当時)。吟醸香はありませんが、軟水ゆえになめらかで舌触りが良く、酸もほとんど感じず水のようですうが、ふくよかで厚みがあるお酒。淡麗旨口です。
お気に入り度:4



f0138598_21542850.jpg


諏訪泉 純米酒 [諏訪酒造]


使用米:山田錦・鳥取県産米
精米歩合:65%
日本酒度:+3.0
購入価格:720ml / 1.155円(税込み)

一瞬、線が細いと感じますがなめらかでキレの良い純米酒です。香りは無ですが、ワインのようなお酒です。燗にしても鼻をつく臭いはまるでなく、本醸造のような軽さで酸が舌を刺激しながらもキレがあり、すいすいと入っていきます。

お気に入り度:3
by tztom | 2015-01-19 00:27 | 鳥取 | Comments(0)

f0138598_1448449.jpg


醸造元:河内酒造合名会社
URL:http://kawachi.shop-pro.jp/
住所:長崎県対馬市美津島町鶏知甲490番地1
電話:0920-54-2010
創業:大正8年(1919)

使用米:山田錦(福岡県糸島産)
精米歩合:60%
日本酒度:+1.0
酸度:1.4
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,320円(税込み)

対馬は九州本土より玄界灘と対馬海峡をはさんで約132キロメートル。
朝鮮半島との中間に位置する対馬は古くから大陸との文化的・経済的交流の窓口の役割を果たしてきた島で、現在の人口は約3万4000人ほど。

そんな対馬の霊峰として親しまれている『白嶽』の裾野に蔵を構える島内唯一の酒蔵河内酒造は、日本酒だけでなく焼酎も醸造しています。というか、焼酎がメインですが…。

創業は大正8年(1919)で、酒造権を譲り受けたことから始まった酒造場だそうです。

酒銘は言わずもながら対馬の霊峰から名付けられた「白嶽(しらたけ)」。

酒蔵曰く、「甘口で飲み飽きない味は昔から島民に愛され…」しかし。

辛口です。酸が強い。旨みは少なく、かなりの辛口なお酒です。後半はやや酸と、苦味がバランスよく合わさった上で透明でふくよかな落ち着きです。

燗にすると麦焼酎のようにほのかな旨みと香ばしさの伴った酸味とキレ。

後味も苦味、渋み、酸味が強烈なインパクトでしかもサッと消えていくキレ。

味わいは少なく、島料理といっしょにガッツリ飲むお酒でしょうか?このお酒は燗にするよりも、冷やか常温の方がうまいです。

お気に入り度:2



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2015-01-17 14:49 | 長崎 | Comments(0)

f0138598_02322.jpg

醸造元:潜龍酒造株式会社
URL:http://www.sake-honjin.com/
住所:長崎県佐世保市江迎町長坂免209
電話:0956-65-2209
創業:元禄元年(1688)

使用米:山田錦
精米歩合:60%
日本酒度:+2.0
酸度:-1.5
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,458円(税込み)

佐世保市の北西、平戸への中間に位置する江迎町に蔵を構える潜龍酒造(せんりゅう)の創業は江戸時代中期の元禄元年(1688)で、元々は平戸藩の七浦奉行を務めていた藩士、初代山下庄左衛門が藩命によって酒造業を始めたといいます。
その為、平戸藩主が参勤交代の折や長崎港警備へ出向く際には本陣としても使用されていました。

現在も街道沿いに残る大きな屋敷は長崎県の有形文化財、さらに江戸時代の創業当時から残る酒蔵は長崎県指定有形文化財となっています。

f0138598_04372111.jpg

『みずの光彩 特別純米酒』畳巻いています。すごいラベルというかパッケージというか。

香りは控えめながらも、山田錦らしい吟醸酒のような華やかさとは違った米の旨みが凝縮したパワーを感じます。

やさしく、コクのあるふくよかさを持つ芳醇な辛口のお酒でした。

燗にすると、香りと華やかさが強く主張しすぎで、ちょっとくどい印象です。

旨みは厚みをもって広がりますが、華やかさが鋭く嗅覚に詰め寄ります。ぬる燗でも同じような印象。

このお酒は冷やか常温の方が自然に飲めますね。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2015-01-15 00:02 | 長崎 | Comments(0)

f0138598_1014543.jpg


醸造元:株式会社杵の川
URL:http://www.kinokawa.co.jp/
住所:長崎県諫早市土師野尾町17-4
電話:0957-22-5600
創業:天保10年(1839)

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,458円(税込み)

大村湾にそそぐ東大川の中流域の山中に大きなビルの蔵を構える(株)杵の川は、東彼杵町にあった丁子屋醸造(天保10年創業)と諌早市の黎明酒造(明治41年創業)が合併して生まれた太陽酒造がその前身です。

さらに島原市の雲仙酒造と鹿島市浜宿にある呉竹酒造の営業権も引き継ぎ、杵の川酒造への社名変更を経て、平成22年に現在の「杵の川」となりました。

長崎県で最も大きな酒蔵です。

f0138598_04373295.jpg


香りは一般的な大手の醸す清酒のような控えめで安定を感じさせる香り。

酸が強く舌を刺激するような鋭い辛さがありますが、同時に広がりのある旨みが辛さを覆って、苦味・渋味を伴いながら消えていくキレがあります。

クセになるのどごし。

うまいです。

燗にすると、水のように透明でまるい、ほのかな甘みとシャープな酸味、まるさに覆われてやさしいキレ。

でも少し水っぽいかな。

このお酒は冷やか常温がうまいです。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2015-01-12 10:14 | 長崎 | Comments(0)

f0138598_22551815.jpg


醸造元:合名会社 松尾酒造場
URL:https://www.miyanomatsu.com/
住所:佐賀県西松浦郡有田町大木宿乙617
電話:0955-46-2411
創業:江戸時代末期

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,598円(税込み)

江戸時代末期の創業の松尾酒造場は、有田焼で知られる有田町の中心市街地と伊万里市とのちょうど中間に位置するかつての宿場町、大木宿に蔵を構えます。
現在の国道202号線は有田焼を伊万里の港へと運んだ街道で、今もなお往事を忍ばせる古い町並みが残ります。

f0138598_05002642.jpg

酒銘の『宮の松』は、明治30年代の歌会始の勅題「社頭の松」に由来するとか。

香りは控えめですが、ほのかに米の旨みを感じるフルーティーな香りを感じます。

そしてほのか続きですがほのかに甘酸っぱい、さっぱりとした酸味に、丸くやさしい旨みが合わさった心地の良い淡麗辛口のお酒です。

上品で華やかさのあるお酒です。吟醸酒みたいですね。

うまいですよ。

うまい。

燗にすると、ちょっと華やかすぎて、旨みがいまひとつ。
落ち着かない飲み口。

このお酒は冷やの方が10倍うまいです。

お気に入り度:4(燗は2)




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2015-01-10 22:54 | 佐賀 | Comments(0)

f0138598_12573450.jpg

醸造元:株式会社 高橋商店
URL:http://www.shigemasu.co.jp/
住所:福岡県八女市本町2-22-1
電話:0943-23-5101
創業:享保2年(1717)

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,166円(税込み)

江戸時代に建てられた白壁土蔵造りの商家が立ち並ぶ八女の町は、中世の城下町に始まり江戸時代以降は八女地域の中心地として、和紙・櫨蝋・茶・仏壇などの木工産業で栄える在郷町・市場町として発展した町です。

そんな八女には三軒の酒蔵がありますが、古い町並みが残る八女市の中心部の東の外れに蔵を構える高橋商店は江戸時代中期の享保2年(1717) 創業の歴史ある酒蔵です。

10代目蔵元の繁太郎氏が会社組織に改めたのが大正15年で、この時、繁太郎の名前の「繁」の字を取り、酒を量る桝が益々繁栄するようにとの願いを込めて『繁桝』の銘が始まりました。

キリリと引き締まった淡麗辛口ですが、旨みもしっかりとあって、後味もやさしいキレ。

うまいです。

燗にすると、かえって旨みが消え透き通ってさっぱりした淡麗辛口になります。このお酒は常温か冷やで飲んだ方が味を楽しめますね。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2015-01-02 12:56 | 福岡 | Comments(0)