f0138598_21062680.jpg

醸造元:江頭酒造合資会社
URL:http://user.ariakenet.com/~egashira/
住所:福岡県大牟田市大字三池947
電話:0944-52-3796
創業:明治30年(1897)

使用米:-
精米歩合:70%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,230円(税込み)

大牟田市は福岡県でもっとも南に位置する都市で、かつては三井三池炭鉱で栄えた「炭鉱の町」として知られていました。

福岡県で最南端の酒蔵である江頭酒造は江戸時代の天保元年に「麹屋」の屋号で麹の製造販売を行い、後に味噌醤油の製造も始めましたが、酒造業に参入するのは明治30年(1897)に入ってから。

現在は焼酎の方が主力になる一方、日本酒の方は10年から30年熟成させた古酒に力を入れています。

創業時からの主力銘柄『旭盛』は、水平線から盛り上がる朝日に由来。
『大蛇山』は古くから伝わる三池祇園祭り「大蛇山」と、この地が「三池」となった伝説に由来します。

ちなみに、ロイヤルホストの創業者江頭匡一が婿養子となった、母方の実家で城島にあった清酒『清波』を作っていた江頭本店とのつながりは無い様で、親族でも無いそうです。


特撰ですが、糖類添加の普通酒です。

甘く芳醇な米の酒というような、いかにも日本酒らしい香り。

昔ながらの日本酒的な、すっきりと透明で、濃醇な甘さ、フルーティーな余韻とスッキリとしたキレ。

今どき「特撰」で糖類添加酒?

が、しかし...飲みやすい。

嫌味が無く、素直にすっきりとした旨さ。

どこか、なつかしい感じ。

これは、予想以上に旨い。かも。

いや、うまいよ。まじで。

燗にすると、すっきりとしていながらも、程よい甘みが不思議なフレッシュさで余韻を包み込みます。

糖類添加なのにべたつかない。

ああ、素直にうまい。

日本酒って、奥が深いな〜。

実際の精米歩合、造り方、糖類添加の比率などいろいろ知りたいですね。
と、少し勉強になりました。

うまい酒です。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-07-17 21:25 | 福岡 | Comments(0)

f0138598_00023661.jpg

醸造元:花関酒造株式会社
URL:http://www.hananoseki.co.jp/
住所:(本社・店舗)福岡県福岡市中央区舞鶴1-3-43
電話:092-741-0215
住所:(工場)福岡県太宰府市観世音寺5丁目14-8
電話:092-922-4576
創業:明治26年(1893)

使用米:レイホウ
精米歩合:0%
日本酒度:+2.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:18度以上19度未満
購入価格:900ml:1,151円(税込み)

花関酒造は福岡市の中心部にある酒蔵ですが、醸造場は太宰府天満宮門前の観世音寺にあります。

博多天神近くの大都市の中心部から良質の水を求めての蔵移転でしたが、かつての醸造蔵の跡地にはマンションやビルが建ち、その一画に伝統的な佇まいを残す黒板張りの本社には花関酒造の専門販売店「蔵元沖屋」を併設する他、市内で「此乃美」ブランドの飲食店も展開しています。

ワンカップの自販機を県内でいち早く導入した蔵でもあり、福岡市内の学校給食だけでなくミシュランガイドの3つ星レストラン・料亭にも卸している料理酒を造っている蔵でもあります。

この花関酒造は明治26年(1893)に初代許斐(このみ)儀七が許斐醸造場として創業したのが始まりで、自身の名字に由来する『此乃美(このみ)』は今も続くブランドです。

やがて昭和に入って生まれた現在の主力銘柄である『花の関(はなのせき)』は、当時の蔵元の父許斐友次郎が花見の宴席で詠んだ句『色と香を結ぶしほりや花の関』に由来。

さらに最近の大吟醸新ブランド『沖屋儀七』は屋号の「沖屋」と創業者・許斐儀七の名前に由来します。

業務用料理酒の他、麦焼酎や米焼酎がメインですが、日本酒もこじんまりと造っています。

観世音寺に醸造蔵を移転した際に生まれた日本酒ブランドが『観世』。

香りは甘い。果実香に例えられるような華やかさは無いものの甘い香りです。

ガツンとパワフルで、華やかでフルーティー。

透明な甘さとガツンとした酸。

鉈を振るったようなキレ。

これはうまいのか...。うまい。

旨口でありながらも、インパクトのある辛口に、芳醇な甘さとキレ。

うまい。

うまいな〜。

原酒らしく濃いのだけどキレイ。

これは、予想外!!

しかも、お得な5号びん(900ml)です。


お気に入り度:4



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-07-14 00:02 | 福岡 | Comments(0)

f0138598_11453868.jpg

醸造元:玉水酒造合資会社
URL:なし
住所:福岡県みやま市高田町舞鶴214-1
電話:0944-67-2001
創業:明治11年(1878)

使用米:神力
精米歩合:50%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:16度
購入価格:720ml:2,650円(税込み)

玉水酒造は平成の大合併でみやま市になる前の、旧三池郡高田町の酒蔵。

みやま市の東郊外、九州自動車道がすぐ近くを走る山裾に広がる田園地帯を流れる飯江川(はえがわ)沿いに蔵はあります。

大きな庄屋を思わせる旧家の佇まいで明治11年(1878)の創業。

戦時中に一時休業しますが、昭和30年(1955)に酒造りを再開します。

当時から博多など都市部への出荷は行わず地元消費の小さな酒蔵でしたが、今も幻の酒米「神力」を使って50%まで磨くこだわりの酒造りを行い、年間の生産量はおよそ150石(一升瓶15,000本)ほどです。


ロック式コルク栓のレトロボトル。純米吟醸酒です。



香りはひかえめでしたが...。

飲み口は力強さがあって、まずは旨さを感じます。

すっきり垂直な印象のシャープな旨さ。

旨さとキレのバランスが良く、苦味もほどよく後味が良いです。

さすが純米吟醸酒!といった完成度のキレイなお酒です。

うまい!

うまいです!!

お気に入り度:4




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-07-08 11:47 | 福岡 | Comments(0)

f0138598_16062049.jpg

醸造元:株式会社いそのさわ
URL:http://www.isonosawa.jp/
住所:福岡県うきは市浮羽町西隈上1-2
電話:0943-77-3103
創業:明治26年(1893)

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:+2.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,296円(税込み)

最近東京をはじめ全国的に知名度が上昇中の「いそのさわ」。

以前は福岡市の博多に本社ありましたが、現在は大分県日田市に接する県南東部のうきは市の蔵に集約しました。

JR久大本線うきは駅から徒歩3分。

「水道の無い町」と呼ばれ、全世帯が井戸または山水を利用しているという自然の名水に恵まれ、また米どころ筑後平野もあって、酒造りに適したこの場所で、初代蔵元高木喜三郎は代々の家業であった紺屋を継がずに新規事業として酒造業を興したのが明治26年(1893)です。

福岡県の内陸部にあるのに、酒名『磯乃澤』はどうしてだろう、と思いましたが。

これは高木喜三郎の両親の名「磯吉」「サワ」に由来するそうでう。


香りは控えめですが、メロン、クリームソーダのようなインパクトの飲み口。

すっきり、シャキッとした酸とフレッシュなうまみ。

無濾過系のようなどっしり感はなく、水のように透明で、やさしいフルーティーな甘み。

うまい。

まさに都会受けしそうなコンセプトのお酒でした。

燗にしてみると、ちょっとざらついて、しかもさっぱり。

フルーティーさはどこかに消えてしまい。

線がほそい印象。

常温に近づくぬる燗くらいになると酸味や苦味が濃厚な甘みに包まれながら骨太な印象に。

味わい深いお酒になりますが、ちょっと無骨。

でも、わかりました。

このお酒は冷やがおすすめ。

冷やがキレイでおいしい。

うまいです。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-07-01 16:24 | 福岡 | Comments(0)