f0138598_23101074.jpg

醸造元:老松酒造株式会社
URL:http://www.oimatsu.com/
住所:大分県日田市大鶴町2912
電話:0973-28-2116
創業:寛政元年(1789)

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:+1.0
酸度:1.5
アミノ酸度:-
アルコール度:14度
購入価格:720ml:1,188円(税込み)

『老松』という銘柄は全国にありますが、今回の『老松』は九州大分県の神楽。

「九州の小京都」と呼ばれる天領の町・日田市。からは、だいぶ離れた山中に蔵はあります。

JR日田彦山線の大鶴駅と今山駅の丁度中間あたりにあります。
(JR日田彦山線は平成29年(2017)7月の九州北部豪雨で大きな被害を受け休止中で、今は廃線の危機にあります)

ちなみに老松酒造の近くには『角の井』で知られる井上酒造があります。

老松酒造は江戸時代中期の寛政元年(1789)に創業し、昭和27年に森山酒造合資会社、昭和49年に老松酒造株式会社と社名を変更して今に至ります。

酒銘の『老松』は日田地方にある松の老い木がある老松神社の泉より湧き出る清浄な水が酒造りに適していた事から銘々。

ちなみに老松神社は現在の場所から遠く離れた、日田市中心部から更に南の山中。
平成の大合併で2005年に日田市に編入された日田郡天瀬町にあります。

現在、老松酒造の主力商品は大分麦焼酎。
その他、米や麦の焼酎を造っていますが、日本酒は僅かだけ造っています。

2014年 モンドセレクション金賞受賞したお酒。


香りは凜としたやさしく甘い印象で、ややほにかにラッカー系の酢酸エチル。っぽい。シャープな香り。

すっきりとした、やさしい甘み。

酸もなく、苦味、渋味もひかえめで水のように透明。

うまい。うまいな〜。

燗にすると、重厚なビターな飲み口。

程よい酸。

あとはやさしい旨口。

ふくよかな余韻。

ああ、うまい。


お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-09-26 23:10 | 大分 | Comments(0)

f0138598_00262327.jpg

醸造元:宗政酒造株式会社
URL:http://www.nonnoko.com/
住所:佐賀県西松浦郡有田町戸矢乙340-28
電話:0955-41-0020
創業:昭和60年(1985)

使用米:-
精米歩合:55%
日本酒度:?15.0
酸度:1.6
アミノ酸度:1.6
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,441円(税込み)

「正宗」ではなく逆の「宗正」でもなく「宗政」酒造は佐賀県を代表する焼き物「有田焼」で知られる有田町に蔵を構える酒蔵。

蔵は有田町の東郊外の山中。ヨーロッパの宮殿を思わせる「焼き物」のテーマパーク「有田ポーセリンパーク」のすぐ隣にあります。

中世ヨーロッパの王候貴族を魅了し、世界の陶磁器に影響を与えた有田焼。江戸幕末~明治初期までの輸出向けに制作された作品の他、数々の有田焼や古伊万里を一堂に展示するこのテーマパークも実は宗政酒造の経営です。

「宗政」は創業家蔵元の名。

創業は結構遅くて昭和60年(1985)に西松浦郡西有田町で西有田酒造株式会社を発足。

その後一時伊万里市に本社を移転し宗政酒造株式会社へ社名変更。

そして平成14年に本社工場を有田町の現在地に移転するとともに、観光酒蔵「のんのこの郷」を始めました。

もともとは焼酎製造からスタートして、清酒醸造を始めるのはその後。

現在では地ビール工場「伊万里ブルワリー」とビアレストラン「伊万里麦酒館」を展開。

ワインの輸入販売も行っている、小さな総合酒類蔵でもあります。

今回のお酒は「高エステル生成酵母」を使って、独自の醸造法で造った日本酒度-15度の超甘口純米吟醸酒。

と。

飲む前は、貴醸酒や甘口原酒系の重ダルい甘い酒をイメージしましたが...。

思い込みを吹っ飛ばす、普通にフルーティーですっきりとした甘い酒でした。

雑味の無い透明感のあるフレッシュな甘み。

お酒というよりは、リキュール系のような。

食中酒というよりは、このお酒だけで楽しめる酒です。

あては何にしようなか?と思いつつも、あてを挟むのがもったいない。

そんなふうに感じてしまう、おいしさです。

うまい。

ふつうに旨いよ。

うまいな〜。

お気に入り度:4



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-09-19 00:26 | 佐賀 | Comments(0)

f0138598_00291524.jpg

楽々鶴 生もと純米酒[出石酒造]
醸造元:出石酒造有限会社
URL:なし
住所:兵庫県出石郡出石町魚屋114-1
電話:0796-52-2222
創業:宝永5年(1708)

使用米:オオセト・アケボノ
精米歩合:65%
日本酒度:+4.5
酸度:1.6
アミノ酸度:1.4
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,455円(税込み)

「但馬の小京都」と呼ばれ、藩政時代は出石藩千石家3万石の城下町として栄えた出石は、出石そばや出石焼き、そして辰鼓櫓(しんころう)で知られる山間の小さな町です。

この小さな城下町の中心部、魚屋町に蔵を構える出石酒造は江戸時代中期の宝永5年(1708年)創業という長い歴史を持つ酒蔵で当時は「かずかや門垣屋」と呼ばれていたそうです。

まるで宮崎駿のジブリ作品に出てきそうな、土壁むき出しの酒蔵土蔵群は江戸時代に建てられたもの。

f0138598_00285986.jpg
現在の出石酒造は同じ出石にあった3軒の酒蔵と但東町にあった2軒の酒蔵が昭和18年に企業合同して生まれた蔵だそうです。

出石酒造の主力銘柄である『楽々鶴』は、この合併の際にそれぞれの蔵の銘柄を整理して生まれたもので、酒の別名「ササの露」と、出石藩主・仙石家の別荘「楽々園」、それにコウノトリの別名「松上の鶴」を掛け合わせたもの。

ほのかに牧歌的な香り。
スッキリとしたフルーティーであっさりとした飲み口。

あっさりとしているのに、しびれるような酸の強い辛口のお酒。

インパクトのある淡麗辛口です。

後味もほのかな苦味と旨味で中性となってスッキリ。


燗にすると、すっきりとしていながらも優しい旨味がある。

なめらかで、ふっくら。

透き通った旨味。

あ〜うまい。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-09-15 00:29 | 兵庫 | Comments(0)

f0138598_22121975.jpg

醸造元:株式会社 峰松酒造場
URL:http://www.hizennya.com/
住所:佐賀県鹿島市浜町乙2761‐2
電話:09546-3-2468
創業:大正5年(1916)

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,404円(税込み)

有明海に臨む多良岳山麓の町、鹿島市は佐賀藩鍋島家支藩の一つ鹿島藩2万石の城下町として発展した町。

この鹿島地域で最盛期には13軒ちかくの酒蔵があったそうですが、それでも現在6つの蔵が操業しています。

かつての城下町である市の中心部の南側に位置する浜町は浜川の河口につくられた在郷町で、江戸時代には長崎街道の脇街道である多良海道の宿場町としてにぎわい、「浜千軒」と称されるほど栄えていました。

伝統的建造物保存地区に指定されている通称「肥前浜宿酒蔵通り」に蔵を構える峰松酒造場は元は廻船問屋だったが大正5年(1916)に造り酒屋に進出。

この肥前浜宿の観光酒蔵を謳う峰松酒造場は蔵の直売所兼、肥前鹿島のアンテナショップ「肥前屋」を運営しています。

それまでの主力銘柄は『菊王将』でしたが、今は『肥前浜宿』という新ブランドが主力ブランドとなっています。

使われる米はすべて、佐賀の農家であるイケマコ(農業生産法人 株式会社イケマコ)産の米。


かおりはひかえめ。
飲み口はさわやかな酸。
雑味の無いスッキリとした飲み口。

淡麗辛口というよりは済んだ透明感のある旨味。


燗にすると、まず鼻に刺激。

そして、やや雑巾のような香り。

老ね香?

でも、飲み始めると気にならない。

それよりも、クセのない旨味のある飲み口。

しっかりとした苦味と渋味。それを包み込む旨味。

うまい。

ほっこりするうまさ。

ぬる燗くらいになると、鼻につく刺激も雑巾のような香りもどこかに消え、ただただ、ふくよかな、ほんのりと甘く、かつ優しい酸と苦と渋のバランスのとれたうまい酒に。

ああ。これはうまい。

このお酒は燗にしすぎないぐらいが一番おいしいです。


お気に入り度:3

↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-09-04 22:18 | 佐賀 | Comments(0)