f0138598_23434996.jpg

醸造元:茨木酒造合名会社
URL:http://ibarakishuzo.com/
住所:兵庫県明石市魚住町西岡1377
電話:078-946-0061
創業:嘉永元年(1848)

使用米:山田錦(兵庫県産)
精米歩合:65%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:17度
購入価格:720ml:1,450円(税込み)

「たこ」や「明石焼き」で知られる明石市は明石海峡を挟んで淡路島・四国に通じる玄関口ですが、古来よりそれらに加えて山陽道及び丹波国、但馬国へと通じる諸街道が分岐する交通の要衝として栄え、江戸時代には越前松平藩6万石の城下町として発展しました。

日本最大の酒どころとして知られる神戸市の「灘」地区に接する明石市側は「西灘」とも呼ばれ、最盛期の明治時代には60軒もの酒蔵がひしめいていました。

しかし、現在残るのは5軒のみ。

そのうちの一つ、瀬戸川河口近くに蔵を構える茨木酒造は幕末の嘉永元年(1848)年に創業しました。

伝統的な佇まいの酒蔵は兵庫県登録有形文化財に指定されています。

ちなみに蔵元名の「茨木」の読みは(いばらぎ)ではなく(いばらき)です。

代表銘柄の『来楽』(らいらく)は孔子の論語にある「朋(とも)あり、遠方より来たる、また楽しからずや」に由来しているそうで、その意味は「人生最高の楽しみとは、仲のよい友人と酒を酌み交わして歓談することである」という事だそうです。

さらに『来楽』は、縁起のよい左右対称文字。
裏からでも表からも同じように見えるので「裏表がない」という事らしいです。

現在は、東京農大で醸造学を学んだ茨木酒造9代目蔵元の茨木幹人さんが自ら杜氏を務め意欲的な酒造りを行っている新進気鋭の酒蔵です。



華やかな吟醸香です。

飲み口はほんのりと心地よい苦味をまとった深い甘み。

口の中にうっすらと残る華やかな余韻。

うまいなー。

生原酒の押しの強さは無く。

おだやかで、すっきりとした透明感。すーっと消えていくキレ。

これはうまい...!!

うまいな〜。

栓をあけて日を少し置くと...

花びらを口に含んだような華やかさ。あくまで花酵母だけど。

フルボディ。

若いし、パンチありすぎ感。

ニガフルーティー。

いや、でもうまい。

うまい酒です。


お気に入り度:4


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-11-13 23:44 | 兵庫 | Comments(0)

f0138598_00214378.jpg

金鵄盛典 特別純米 生原酒[岡田本店]
醸造元:合名会社 岡田本家
URL:http://www.okadahonke.jp/
住所:兵庫県加古川市野口町良野1021
電話:079-426-7288
創業:明治7(1874)

使用米:五百万石
精米歩合:60%
日本酒度:+5.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,230円(税込み)

加古川市は神戸市と姫路市に挟まれた、人口約23万人が暮らす東播磨地方の中核都市です。

その加古川市役所のすぐ近くにある野良集落に『金鵄盛典』を造る合名会社岡田本家はあります。

蔵のまわりはかつては田畑だったのでしょう。閑静な新興住宅地の中に伝統的な佇まいの大きな蔵構え。

旧家の佇まいで、酒造業としての創業は明治7年(1874)です。

酒蔵の近隣に建つ大きな屋敷も岡田の表札。分家でしょうか。

昭和40年代の加古川市内には10軒以上の酒蔵がありましたが、現在ではこの岡田本家だけとなってしまいました。

酒銘『金鵄盛典』(きんしてんせい)の由来は、ます「盛典」が創業した明治維新のご大典にちなんだもの。

あと「金鵄」は、神武天皇が東征した際に、弓の先に止まったという金色のトビの事。


発泡系でした。

栓をあけるとポンッと。

酸が強く、若々しい荒さ。フレッシュさ。シュワシュワ感。

生原酒定番のフルーティーな旨さ。

甘みと渋味と旨味がうまくまとまっているような、まとまっていないような。

でも、うまい。

栓を開ける度にガスが栓を押し上げる。

生きている酒。

栓をあけて日が経つほど、炭酸ガスの圧は高まる。そしてメロンの風味も強まる。

メロンソーダのよう。

うまいけど辛い。

でもうまい、楽しいお酒です。

うまいな〜。

お気に入り度:3


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-11-11 00:23 | 兵庫 | Comments(0)

f0138598_00040228.jpg

醸造元:井澤本家合名会社
URL:http://izawa-honke.com/
住所:兵庫県加古郡稲美町印南818
電話:079-495-0030
創業:明治16年(1883)

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:17度
購入価格:720ml:1,620円(税込み)

井澤本家のある加古郡稲美町は明石市の北に位置し、神戸市、加古川市に囲まれた人口約3万人が暮らす町で、平成の大合併においても合併の道を歩まず独立を保っている町です。

加古川と明石川に挟まれた印南野台地に位置し、万葉集では稲日・稲見と書かれ、古くから印南野(いなみ野)と呼ばれていた地域です。

町名からも酒造りに欠かせない米作りが盛んな地に思えますが、台地上にあるため水資源に乏しく、早くから溜池が数多く造られながら開墾されてきたそうで、町内には県内最古と言われる天満大池や県内最大の加古大池など、約80箇所の溜池があります。

町の中心部から東へ、広谷池の近くの集落に蔵を構える井澤本家は古くからの豪農で酒造りを始めたのは意外に新しく明治16年(1883)だそうです。

蔵は庄屋クラスの旧家の佇まいで、さらに敷地内には太陽光発電も行っています。

酒名の『倭小槌』(やまとこつち) は、酒好きの健康と社会貢献、さらに社会の無限の発展を願って、「打出の小槌」と日本を意味する「倭」を掛け合わせたもの。


フレッシュな香り、酸が強くて若い!!

シュワシュワとパンチのあるインパクトがあるフレッシュなフルーティさ。

後味に残る苦味の余韻がまた若くてうまい。

無濾過生原酒らしさと、兵庫の酒の安定感。

うまいです。

蔵元のHPでは無濾過生原酒なのに、(40℃~50℃)ぬる燗から熱燗というの燗でもオススメとか。懐の広い旨味を持ったお酒。

燗にしても、パワフルで、うまい。

うまいけど、冷やの方がオススメです。

うまいな〜。


お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-11-08 00:05 | 兵庫 | Comments(0)

f0138598_23211410.jpg

醸造元:櫻正宗株式会社
URL:http://www.sakuramasamune.co.jp/
住所:兵庫県神戸市東灘区魚崎南町5-10
電話:
創業:寛永2年(1625)

使用米:山田錦
精米歩合:65%
日本酒度:+3.0
酸度:1.5
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,069円(税込み)

櫻正宗は灘の「宮水」を発見した蔵であり、また全国的に広まった『正宗』の銘柄を最初に始めた酒蔵で、県内でも屈指の古い歴史を持つ酒蔵です。

創業は江戸時代初期の寛永2年(1625)で、もともとは摂津における酒都と呼ばれた伊丹で創業しました。

幕末に灘で硬水の「宮水」を発見したのが六代目蔵元の山邑太左衛門で、これを機に蔵を灘に移転。
これ以降灘が摂津最大の酒造地域となり、一方の伊丹の酒は衰退していきます。

創業当時の銘柄は『薪水』(しんすい)と言うもので、当時の役者の名に由来します。

『正宗』という銘柄は元々は「せいしゅう」と読み、「清酒」の「せいしゅ」と掛け合わせたもの。
天保11年(1840)から『正宗』の銘柄を使い始めますが、後に「まさむね」と言う読みが一般的になります。

明治に入り、商標制度と共に『正宗』を商標登録しようとしますが、すでに全国的な普通名詞となっていた為に登録受理がされず、やむなく国花である櫻花一輪を冠して『櫻正宗』となりました。

大正8年(1919)山邑酒造株式会社となり、平成4年(1992)に櫻正宗に社名変更しました。

現在の蔵元は11代目山邑太左衛門。

ちなみに「協会一号酵母」は櫻正宗酒母から分離されたものでもあります。

兵庫県の重要有形文化財に指定されていた築200年以上の内蔵は阪神・淡路大震災によって倒壊。
現在は震災の前年に完成した櫻喜蔵(はなのきぐら)で製造を行っています。


すっきり、甘みを感じる澄んだ飲み口。

しっかりとしていながら優しい酸が出迎え、旨味、渋味、苦味のバランスの余韻で最後のキレ。

正統は的な灘の酒らしい淡麗辛口。

山田錦の華やかさ、奥行きと水の組み合わせを知り尽くした蔵の技か。

燗にすると、酸が聞いたパンチのある男酒。
ただしふくよかさもあって、フルボディ。

飲み応えがあります。

うまい!!

うまいな〜。

お気に入り度:3


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-11-03 23:22 | 兵庫 | Comments(0)