人気ブログランキング |

富士泉 虎の子 辛口[藤田酒造店]_f0138598_00361677.jpg


醸造元:藤田酒造店
URL:なし
住所:茨城県石岡市井関994-1
電話:0299-26-2582
創業:寛正3年(1462)

使用米:-
精米歩合:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:880円(税込み)

霞ヶ浦の北西に位置する石岡市は人口約7万3000人が暮らす町ですが、古くは常陸国の国府が置かれた都市でした。

長らく常陸府中や略称の常府と呼ばれていたこの地の外港として栄えた高浜地区には、今も酒造や味噌などの醸造蔵があります。

霞ヶ浦に注ぐ恋瀬川に架かる愛郷橋を渡った恋瀬川右岸に広がる田園地帯、井関地区の集落の一画に藤田酒造店という小さな酒蔵があります。

ちなみにこの井関という地名は、古代霞ヶ浦の入江に置かれた関所「江関」が訛ったもの。

法人化もしておらず、極めて情報が少なく、今も酒造りを行っているのか不明とも思われているこの藤田酒造店という酒蔵の創業は、なんと室町時代の寛正3年(1462)という、茨城県下では最古、日本に現存する酒蔵では2番目の古さを誇る歴史を持っています。

初代は京都から石岡に移って酒蔵を構えたとか。江戸(東京)が実質的な首都となる江戸時代よりも150年も昔に先祖はこの地に移り住んだ事になります。

江戸時代には水戸光圀公がこの地を訪れ、藤田酒造店の活動を称えたとか。

富士泉 虎の子 辛口[藤田酒造店]_f0138598_00361637.jpg



しかも、歴代常に酒造りにおいて、先進的な考えと技術向上、さらには他の酒蔵の指南役も務め、現在でも海外に広がる日本酒醸造蔵の指南を行っているそうです。

そんな小さいながらも実力にある酒蔵ですが、現在の蔵元は高齢の為、生産量はごくわずか。

地元でしか流通していません。

蔵では直売は限られたタイミングでしか行っていませんが、蔵のすぐ近くにある井関地区唯一のスーパー『フレンドリーマートすずき』で、ほぼ全ての銘柄を購入する事ができます。

『虎の子 辛口』の分類は不明。

おそらく本醸造に近い普通酒かな。


さて、開栓。

香りは控えめながらも、ほのかな甘い香り。

飲み口は最初は甘い透明感。

ガムシロップかな?いや、かき氷のシロップを氷水で割ったような、みずみずしい透明感の甘さ。

辛口?

いやいや、淡麗だけど旨口です。

それでいて、スッキリとしたコク。

うまい!!

こりゃうまい!!


燗にしてみる。

やはり、透明感のある澄んだフルーティーさ。

上質だ。

うまい。

ああ、うまい!!

ただただ、うまい。

お気に入り度:5



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


タグ:
by tztom | 2020-01-24 23:20 | 茨城 | Comments(0)

楽天 清酒[美峰酒類]

楽天 清酒[美峰酒類]_f0138598_23282214.jpg


醸造元:美峰酒類株式会社
URL:http://www.mihoshurui.co.jp/
住所:群馬県高崎市歌川町1番地
電話:027-322-2155
創業:昭和16年(1941)

使用米:-
精米歩合:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,191円(税込み)

群馬県高崎市の中心部の西寄り、利根川水系の河川・烏川近くを通る旧中山道沿いに蔵..というより工場を構える美峰酒類は昭和16年(1941)の創業。

元々は戦時中の酒不足に対応するため、群馬県内の甘藷等により焼酎や合成酒を製造する会社として発足した会社です。

現在は醸造用アルコール製造も含めた総合アルコールメーカーです。

焼酎をメインにして日本酒も一部、普通酒と合成清酒を造っています。

焼酎の醸造蔵は新潟県長岡市十日町、柏露酒造の向かいに昭和37年に構え現在は新潟支社と改称。

日本酒造りに関しては遅く、昭和45年に埼玉県の村山酒造を傘下に収めて清酒醸造に進出しましたが、現在は本社工場に集約しています。

また同じく甘楽郡甘楽町に蔵を構える聖徳銘醸株式会社も傘下に持っています。


今回購入した『楽天』という銘柄は糖類・酸味料添加の普通酒です。

1.8Lでこの価格。

ちなみにその他『菊王冠』を筆頭に『玉鶴』『蔵自慢』などの銘柄もありますが、いずれも普通酒(添加酒)です。


さて...

まあ、はっきり言って、飲みやすいお酒です。

香りもしっかりとしていて、ザ・昔ながらの日本酒的。

ある意味、大手酒造メーカーのパック酒のような。

まあ、この美峰酒類も県内大手の酒蔵ですが。

合成清酒を造り続けて60年の技術の蓄積。的な。

スッキリとした雑味の無いクリアな飲み口に、程よいフルーティーな余韻。

苦味、渋味も無く、ひたすらに飲みやすい。

水っぽさもなく、旨い。

燗にすると、良い意味で定番の二級酒の甘い香り。

飲み口はスッキリとしたクリアでなめらか。

やさしい旨口のあとにキリリとした渋味、苦味のキレ。

不思議と飲み飽きしないな〜。

昔ながらの晩酌向けのお酒。

けっこう、うまい!


お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2020-01-21 23:23 | 群馬 | Comments(0)

千姫 本醸造[檜山酒造]_f0138598_00363203.jpg

醸造元:檜山酒造株式会社
URL:http://www.hiyama.co.jp/
住所:茨城県常陸太田市町屋町1359
電話:0294-78-0611
創業:明治17年(1884)

使用米:-
精米歩合:70%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,100円(税込み)

常陸太田市の北郊外、国道349号のバイパス下にひっそり佇む小さな集落、町屋町は、かつて棚倉街道の宿場町として栄えた町です。

宿場町時代の面影を残す旧街道沿いには今も造り酒屋や納豆・豆腐店、雑貨店に鮮魚店がならんでいます。

かつては旅館や映画館もあり、水戸から棚倉へぬける宿場町として多いに賑わいましたが、昭和19年の大火により町並の多くが焼失してしまいました。

町屋町には数多くの酒蔵がかつてはありました。

中でも本陣を務めた平山家は幕末の万延元年(1860)に酒造業を創業し、近年には『悪代官』というユニークな銘柄で知られていましたが、2000年に廃業し銘柄は岡部合名会社に引き継がれています。

千姫 本醸造[檜山酒造]_f0138598_00363258.jpg


町外れの丘の上に蔵を構える平山酒造店は明治17年(1884)に創業しました。

当時の主力銘柄は『朝日正宗』でしたが、昭和40年(1965)に地域の酒蔵数社と共同瓶詰工場を設立した際の銘柄『千姫』を、同社解散後に引き継いで今に至ります。

その後本格焼酎にも進出。

さらに、自社でワイン用ぶどう農園を建設し、本格的な国産ワイン「常陸ワイン」を造っています。
今は、ワインが主力のようです。


香りは控えですが、ほんのりと甘さを感じます。

飲み口は酸の無い透明感のある甘み。

精米歩合70%でこの雑味が無いクリアなのどごし。

ほどよい苦味。

後味引くキレ。

うまい。

燗にすると、香ばしくふくよかな旨味。

濃醇でクリア。

やさしいビターな後味が杯がすすむ。

うまいな〜。

いや〜うまい。



正直、地味な酒蔵でしたが、技術力はたしかです。

販路も狭く知名度もありませんが、通販で直売も行っています。

お気に入り度:4




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


タグ:
by tztom | 2020-01-18 17:04 | 茨城 | Comments(0)

日乃出鶴 美山錦 純米吟醸[井坂酒造店]_f0138598_00360227.jpg


醸造元:合資会社 井坂酒造店
URL:https://www.isakasyuzou.co.jp/
住所:茨城県常陸太田市小中町187
電話:0294-82-2006
創業:文政元年(1818)

使用米:美山錦
精米歩合:60%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,650円(税込み)


常陸太田市の北端に位置し、福島県矢祭町と接する里見地区は、平成の大合併で2009年に常陸太田市の編入された人口約4,000人ほどの茨城県北辺の村でした。

村を南北に走る旧棚倉街道(現在の国道349号線)に沿って発展した宿場町・在郷町が現在の集落に繋がっており、井坂酒造店のある小中町も江戸時代の小中宿だった場所です。

小中宿の旧家、井坂家と佐藤家。重厚な薬医門にナマコ壁の塀・土蔵が往事を忍ばせる町並みを残しています。おそらく本陣も務めたのでしょう。

日乃出鶴 美山錦 純米吟醸[井坂酒造店]_f0138598_00360236.jpg


かつては酒造りが盛んだった美里地区で唯一残る酒蔵、井坂酒造店(井坂家)は江戸末期の文政元年(1818年)に創業。

銘柄『日之出鶴』は初代蔵元が日が昇る東の土地で酒造りを覚えたことに由来。

小中宿は明治の大火で焼失し、現在の酒蔵も含めた重厚な家並みは明治32年(1899)に再建されたもの。

戦時中は酒造りを一時中断。

戦後は焼酎から醸造を再開し、昭和30年(1955)から日本酒造りを再開しました。

あまり情報が無く、休蔵している噂もありましたが、昨年あたりからホームページを立ち上げ積極的な情報公開を行うと共に、時代に合わせた酒造りにもシフトを始めているようです。

今回のお酒は『日之出鶴』特定名称酒新シリーズのラベルデザイン。


栓をあけて最初の飲み口は...少し塩っ辛い?感のある酸。

続いて、淡麗な旨味とシャープなキレ。

吟醸酒らしい淡麗なフルーティさ。

後味に苦味が少し残る余韻。

やさしい酸味、苦味、渋味のバランス。

うまい。

悪くない。

栓をあけて日を置くと、香りも飲み口も安定してきます。

バランスの良いきれいなお酒です。


お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


タグ:
by tztom | 2020-01-13 16:59 | 茨城 | Comments(0)

朝日鷹 特撰 本醸造[高木酒造]_f0138598_00230545.jpg


醸造元:高木酒造株式会社
URL:なし
住所:山形県村山市富並1826
電話:0237-57-2131
創業: 元和元年(1615年)

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:1,800ml:4,400円(税込み)

今や知る人はいないと思われる、入手困難な山形県のトップブランド『十四代』の高木酒造。

山形県のほぼ中央部に位置する村山市郊外の田園地帯の中に大きな酒蔵が鎮座しています。

決して製造量が少ない訳でもないのに入手困難であり、かつ超高級な価格設定になってしまい、なかなか手が出せません。

ちなみに『十四代』は当初から東京を中心とする販路を県外に設定したブランドです。

地元では『朝日鷹』という銘柄のお酒を造っていました。

高木家の先祖は京都の公家だったそうです。

応仁の乱で敗れ東北のこの地まで落ち延びた旧家で、戦前までは「高木山」とよばれる山林、森林、田畑すべてを所有し林業も営んでいた家柄でした。

地元の名主でもあり、今でも蔵元は県議会議員を務めていたりします。

そんな高木酒造ですが、日本酒の経営が危ぶまれた時期もありました。

朝日鷹 特撰 本醸造[高木酒造]_f0138598_00230540.jpg


しかし、平成5年(1993)に14代目・高木辰五郎氏から15代目・高木顕統(あきつな)氏に引き継いだタイミングで東京に打って出る戦略のもとで『十四代』は生まれました。

この『十四代』という銘柄の由来は、高木顕統氏が14代目蔵元をリスペクトしていた事と、唯一商標として『十四代』だけが認められた偶然が重なったもの。

『朝日鷹』は地元向けの低価格酒として、品質もあまり高いものではありませんでしたが、近年は『十四代』の名に恥じないよう、ほぼ同じ製造方法、品質に統一し始めたそうです。

ほぼ、ラベル違いくらいの品質になったとか。

しかも価格はリーズナブル。

と、言うことで購入しました。


華やかな吟醸香。

飲み口も華やか、フルーティーな飲み口。

これは晩酌向けの本醸造じゃないぞ。

吟醸酒だ。

さすがに、うまい。

うますぎる。

まるで清涼飲料水のごとく。

スポーツドリンクのごとく。

止まらない。

ああ、うまい。

もったいないけど、恐る恐る燗にしてみる。

結果は分かっているけど。

燗にしてみた。

あまり熱くない程度に...。

うわ〜、やっぱり。

これはフルーツパンチだ!!

左右からパンチ!!

雑味が無く、とにかく透明感がありつつも、重厚なフルーティー感。

ああ、うまい。

やはりオールラウンド。

でも、このお酒は冷やがいい。


お気に入り度:5




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2020-01-10 00:25 | 山形 | Comments(0)

功乃鷹 特別純米酒 25BY [山西専太郎商店]_f0138598_10491998.jpg



醸造元:株式会社山西専太郎商店
URL:なし
住所:和歌山県海南市藤白181-1
電話:0734-82-4695
創業:明治9年(1876)

使用米:五百万石
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:1.7
アミノ酸度:1.2
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,415円(税込み)

山西専太郎商店はすでに2年ほど前に廃業してしまっています。

蔵は『黒牛』で有名な名手酒造のある海南市の海に近い藤白地区にありました。

熊野街道沿いの蔵があった場所は現在は広大な空き地となっています。

西側の国道を挟んだ対岸には、和歌山県で最大の酒造メーカー中野BCがあり、また南東側の熊野街道の旧道沿いには島本酒造場があります。

ちなみに、藤白地区の地名は藤白神社に由来し、鈴木姓発祥の地と呼ばれています。

山西専太郎商店は全国鑑評会で幾度も金賞の経験をもつ蔵でしたが、近年はコンビニを経営しながら、量販店向けのお酒を造っていた時期もあったそうです。

和歌山県新宮市にある地酒専門店で購入しました。

この酒販店は酒の熟成にこだわりをもっていて、このお酒も蔵の最後のお酒を低温保存していたものです。


香りは控えめながらも、ほのかな熟成香。

色はコハク色です。

飲み口は意外にすっきり、淡麗。

ほのかな牧歌的な香ばしさを感じますが、濃くも重くもない。

まったくクセのない後味のキレ。

飲んでいてダレません。

熟成酒の新境地。

これは、うまい。

めちゃくちゃこだわりをもつ酒店が胸を張ってすすめるお酒だけあり、ちょっと感動。

カルチャーショック。

燗にしてみました、。

旨味は意外に膨らまず、落ち着いた飲み口。

クセの無いどっしりとしたなめらかな辛口。

すっきりとした辛口。

やさしくふわっとしたキレ。

うまい。

そしてこれは深い。

日本酒の深化を目にしました。

お気に入り度:3





↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2020-01-06 10:56 | 和歌山 | Comments(0)

長峰山麓 純米 秘蔵古酒[通宝酒造]_f0138598_06565709.jpg

醸造元:通宝酒造株式会社
URL:<a href="http://www.tsuuhou.com"_blank">http://www.tsuuhou.com</a>
住所:和歌山県海南市野上中449
電話:073-487-0144
創業:大正3年(1914)

使用米:山田錦・日本晴
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:18度以上18.9度未満
購入価格:1800ml:2,530円(税込み)

海南市の中心部から東へ。国道424号線と併走する髙野西街道の旧道沿いに蔵を構える通宝酒造は大正3年(1914)の創業で、伝統的な佇まいの酒蔵です。

主に4つの銘柄を手造り少量生産の小さな蔵で、造ったお酒はすべて火入れした後、冷蔵庫での低温貯蔵で熟成させて出荷しています。

いわば、古酒専門蔵。

通宝酒造では、2年熟成させたものを古酒、3年以上熟成させたものを秘蔵酒と言っています。

今回購入した『長嶺山麓』(ながみねさんろく)の銘は、仕込水に使用している蔵の井戸水が長峰山麓を源流とする貴志川の伏流水であることに由来します。

このお酒は2006年醸造、実に13年熟成の秘蔵酒です。

通宝酒造は、あまり知名度の無い小さいな酒蔵ですが、あまり小売店にも流通させておらず、自社のWebサイトでの直販を中心にしているから。

不動産業が主となり、お酒は造りたい量だけ造り長期熟成貯蔵、不定期に出荷し、すぐに完売するので入手困難な幻の酒とも言われています。

さて、13年熟成の古酒。

薄いコハク色な上に薄にごりです。

香りはバニラように甘く、

ほのかにビター系の香ばしさ。

飲み口は、ビターな奥にキレイなフルーティさが生きています。

これは、原酒の素性が良い証拠だ。

うまい。

うますぎる!!

これ、古酒?

燗にすると、やさしく旨口でビターでかつ非常に安定している。

深い旨味。

ほっこりする。

こりゃ、うまい。

何でずっと後回しにしてきたかと後悔。

うまいです。


お気に入り度:5



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2020-01-03 06:58 | 和歌山 | Comments(0)