人気ブログランキング |

神亀 純米酒 辛口[神亀酒造]_f0138598_18280110.jpg


醸造元:神亀酒造株式会社
URL:http://shinkame.co.jp/
住所:埼玉県蓮田市馬込3-74
電話:048-768-0115
創業:嘉永元年(1848)

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:+
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,679円(税込み)

埼玉の地酒で最も有名な銘柄は『神亀』ではないでしょうか。

全量純米蔵として、漫画『夏子の酒』でも登場する酒蔵。

そして、私が日本酒に開眼して最初に飲んだ埼玉の地酒。

もう、13年も昔の事です。

神亀酒造のある蓮田市はさいたま市の北東に接する人口約6万人が暮らす市で、古くから広大な水田地帯でしたが、近年は首都近郊のベッドタウンに姿を変えつつあります。

JR宇都宮線(東北本線)蓮田駅の南郊外、人間総合科学学大学の近くに神亀酒造はあります。

敷地を取り囲む屋敷林により、酒蔵の全貌は見えません。

創業は江戸時代後期の黒船がやってきた、嘉永元年(1848)。

昭和62年(1987)から仕込む酒のすべてを純米酒に転換して、戦後初の全量純米蔵になりました。

さらに、フレッシュな新酒は出荷せず、最低2年は寝かして法律上は「古酒」扱いとなって出荷しているこだわり。

淡麗辛口が持てはやされていた時代から、酸のしっかりとした個性的なお酒を醸し続けています。

主力銘柄の『神亀』とは、つて蔵の裏手にあった「天神池」に棲むという「神の使いの亀」にちなんだもの。

さらに、3年以上熟成させた酒の銘柄『ひこ孫』は曽孫の意味。

また地酒ゆえに、地元の飲食店向け低価格純米酒ブランド『仙亀』もあります。



色はうすいコハク色。

そして、香ばしい牧歌的な乳酸香。

飲み口はスッキリ、以前感じたよりも酸が控えめな印象です。

渋味、苦味が丸くて、とてもやさしい。

ほのかに米のうまみの余韻。

あれ、こんなに優しい飲み口だっけ。

燗にすると、熟成された香ばしさを、主張の強い酸が包みこむ。

酸は序盤から終盤まで常に着いてきますが、ふくよかでやさしい。

そしてスッキリとした飲み口です。

いや〜うまい。

やっぱり神亀らしいお酒でした。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2020-02-24 18:48 | 埼玉 | Comments(0)

黒部峡 純米吟醸原酒 熟成酒 [林酒造場]_f0138598_18221927.jpg


醸造元:林酒造場
URL:http://www.hayashisyuzo.com/
住所:富山県下新川郡朝日町境1608
電話:0765-82-0384
使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:17~18度
購入価格:720ml:1,523円(税込み)

林酒造場の酒蔵が建つ朝日町境は、その名のとおり富山県と新潟県の県境に接する町。林家はこの地に置かれた加賀藩の関所に与力として勤める傍らに酒を造っていたのが江戸時代初期ぼ寛永3年(1626)といいます。やがて江戸時代を経て明治に入り、廃藩置県によって商人へ転じ、酒、味噌、醤油などの醸造を初めますが、その中で今に残るのが清酒醸造の林酒造場です。

香りはほとんどありませんが、色は熟成の薄いコハク色です。飲み口からして原酒らしい濃厚さ、熟成されたコク、それでいてやさしくまろやかな甘さ、旨味。そして自然な酸が伴ったキレ。初めはあまり感じませんでしたが、次第に吟醸酒のような華やかさが姿を現します。ドライな辛さが多い富山酒ですが、なかなかの旨味とコクを合わせ持った、自然に飲みやすく美味しいお酒でした。うまいです。

お気に入り度:3



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
by tztom | 2014-02-15 18:22 | 富山 | Comments(0)