人気ブログランキング |

功乃鷹 特別純米酒 25BY [山西専太郎商店]_f0138598_10491998.jpg



醸造元:株式会社山西専太郎商店
URL:なし
住所:和歌山県海南市藤白181-1
電話:0734-82-4695
創業:明治9年(1876)

使用米:五百万石
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:1.7
アミノ酸度:1.2
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,415円(税込み)

山西専太郎商店はすでに2年ほど前に廃業してしまっています。

蔵は『黒牛』で有名な名手酒造のある海南市の海に近い藤白地区にありました。

熊野街道沿いの蔵があった場所は現在は広大な空き地となっています。

西側の国道を挟んだ対岸には、和歌山県で最大の酒造メーカー中野BCがあり、また南東側の熊野街道の旧道沿いには島本酒造場があります。

ちなみに、藤白地区の地名は藤白神社に由来し、鈴木姓発祥の地と呼ばれています。

山西専太郎商店は全国鑑評会で幾度も金賞の経験をもつ蔵でしたが、近年はコンビニを経営しながら、量販店向けのお酒を造っていた時期もあったそうです。

和歌山県新宮市にある地酒専門店で購入しました。

この酒販店は酒の熟成にこだわりをもっていて、このお酒も蔵の最後のお酒を低温保存していたものです。


香りは控えめながらも、ほのかな熟成香。

色はコハク色です。

飲み口は意外にすっきり、淡麗。

ほのかな牧歌的な香ばしさを感じますが、濃くも重くもない。

まったくクセのない後味のキレ。

飲んでいてダレません。

熟成酒の新境地。

これは、うまい。

めちゃくちゃこだわりをもつ酒店が胸を張ってすすめるお酒だけあり、ちょっと感動。

カルチャーショック。

燗にしてみました、。

旨味は意外に膨らまず、落ち着いた飲み口。

クセの無いどっしりとしたなめらかな辛口。

すっきりとした辛口。

やさしくふわっとしたキレ。

うまい。

そしてこれは深い。

日本酒の深化を目にしました。

お気に入り度:3





↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2020-01-06 10:56 | 和歌山 | Comments(0)

長峰山麓 純米 秘蔵古酒[通宝酒造]_f0138598_06565709.jpg

醸造元:通宝酒造株式会社
URL:<a href="http://www.tsuuhou.com"_blank">http://www.tsuuhou.com</a>
住所:和歌山県海南市野上中449
電話:073-487-0144
創業:大正3年(1914)

使用米:山田錦・日本晴
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:18度以上18.9度未満
購入価格:1800ml:2,530円(税込み)

海南市の中心部から東へ。国道424号線と併走する髙野西街道の旧道沿いに蔵を構える通宝酒造は大正3年(1914)の創業で、伝統的な佇まいの酒蔵です。

主に4つの銘柄を手造り少量生産の小さな蔵で、造ったお酒はすべて火入れした後、冷蔵庫での低温貯蔵で熟成させて出荷しています。

いわば、古酒専門蔵。

通宝酒造では、2年熟成させたものを古酒、3年以上熟成させたものを秘蔵酒と言っています。

今回購入した『長嶺山麓』(ながみねさんろく)の銘は、仕込水に使用している蔵の井戸水が長峰山麓を源流とする貴志川の伏流水であることに由来します。

このお酒は2006年醸造、実に13年熟成の秘蔵酒です。

通宝酒造は、あまり知名度の無い小さいな酒蔵ですが、あまり小売店にも流通させておらず、自社のWebサイトでの直販を中心にしているから。

不動産業が主となり、お酒は造りたい量だけ造り長期熟成貯蔵、不定期に出荷し、すぐに完売するので入手困難な幻の酒とも言われています。

さて、13年熟成の古酒。

薄いコハク色な上に薄にごりです。

香りはバニラように甘く、

ほのかにビター系の香ばしさ。

飲み口は、ビターな奥にキレイなフルーティさが生きています。

これは、原酒の素性が良い証拠だ。

うまい。

うますぎる!!

これ、古酒?

燗にすると、やさしく旨口でビターでかつ非常に安定している。

深い旨味。

ほっこりする。

こりゃ、うまい。

何でずっと後回しにしてきたかと後悔。

うまいです。


お気に入り度:5



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2020-01-03 06:58 | 和歌山 | Comments(0)

かち鶴 妙熟 三年もの生原酒[かち鶴酒造]_f0138598_06430324.jpg


醸造元:かち鶴酒造株式会社
URL:http://www.kachizuru.com/
住所:089-962-2017
電話:愛媛県伊予郡砥部町宮内542
創業:明治5年(1872)

使用米:松山三井
精米歩合:70%
日本酒度:-1.0
酸度:2.0
アミノ酸度:-
アルコール度:19度以上20度未満
購入価格:900ml:1,620円(税込み)

200年以上の歴史を誇る「砥部焼」の里、砥部町は松山市の南に位置する人口約20,000人が暮らす町。

砥部という地名は古来より良質の砥石「伊予砥」を産出した事に由来します。

この砥部町の中心部、宮内地区に蔵を構えるかち鶴酒造。

ベッドタウンとして開発が進む閑静な住宅街の中にぽつんと酒蔵はあります。

かち鶴 妙熟 三年もの生原酒[かち鶴酒造]_f0138598_06433605.jpg



かち鶴酒造は明治5年(1872)に大向(おおむかい)勝三郎氏が創業。

酒銘『かち鶴』とは、この大向勝三郎氏の名と、妻つるの名をそれぞれ取ったもの。

120石の小さな酒蔵ですが、生原酒と生原酒の古酒の2本立て。

生原酒古酒は3年、6年、11年ものとあり、火入れをしないで原酒のまま仕込み蔵で寝かしています。

ちなみに、糖類を添加しています。

このお酒は3年熟成酒をさらに2年熟成させた5年もの。


クリアタイプのリンゴジュースのような濃いコハク色。

飲み口は濃厚で甘く、それでいてキレがいい。

ドッシリとしていますが、雑味はないクリアな飲み口。

芳ばしく、みりんの様にまろやかで、濃く甘い。

チョコレート、ビター系。のような辛さ。

酸味の辛さではなく醤油系の辛さ。

濃いけど、結構飲み飽きしない。

後味がほのかにフルーティー。

うまい。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2019-06-06 00:10 | 愛媛 | Comments(0)

X3亜麻色 麹三倍仕込純米原酒[金紋秋田酒造]_f0138598_00120440.jpg

醸造元:金紋秋田酒造株式会社
URL:http://www.kinmon-kosyu.com/
住所:秋田県大仙市藤木字西八圭34-2
電話:0187-65-3560
創業:昭和48年(1973)

使用米:めんこいな
精米歩合:70%
日本酒度:−24.0
酸度:2,5
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,944円(税込み)

大仙市は平成の大合併により、大曲市を中心に仙北郡6町1村の神岡町・西仙北町・中仙町・協和町・南外村・仙北町・太田町が合併し発足した市でその面積は東京23区を越えます。

旧大曲市の南郊外。
雄物川に大戸川が合流する藤木地区。
ここは隣の角間川と共に江戸時代には雄物川流域最大の河港町として発展した一大商業地でした。

金紋秋田酒造が現在の組織となったのは昭和48年(1973)で、近郷3軒の蔵元と7軒の卸売業者の出資によって誕生しました。

酒蔵の中心となったのは昭和11年(1936)に創業した(名)秋田冨士酒造店で、現在も同社と金紋秋田酒造の2つの社名を掲げています。

酒銘の『秋田富士』は秋田と山形にまたがる東北第2の高峰「鳥海山」の、秋田側からの呼び名だそうです。

共同酒販会社でもある金紋秋田酒造では、他の蔵と商品を差別化する為か、うまい日本酒は「熟成」にありと、古酒にこだわってラインナップしています。

今回のお酒に使われている酒米「めんこいな」は「あきた39」と「ひとめぼれ」を交配して2000年に産まれた秋田の食米かつ酒米の新種です。


熟成された、きれいなコハク色。

香りは芳ばしいと思いきや、控えめでした。

飲み口は、そう。梅酒を口に含んだ時のような重厚で濃いまろやかさ。

濃厚でいながらさっぱりとした甘み。

砂糖を使った梅酒とは違い、透明度のあるやさしい「自然」な甘さ。かな?

ふくらみ。

うん、甘みの余韻と深いふくらみがあります。

日本酒の新たな境地。発見。領域。奥深さ。

デザート酒?食中酒?

決して重くなく、どちらかと言えばけっこうライト。

これは、なんか旨い。

うまいです。

お気に入り度:4




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2019-02-20 00:13 | 秋田 | Comments(0)

白鴻 純米酒 四段仕込み 赤ラベル[盛川酒造]_f0138598_23524360.jpg

醸造元:盛川酒造株式会社
URL:http://morikawa-shuzo.com/
住所:広島県呉市安浦町原畑44
電話:0823-84-2002
創業:明治20年(1887)

使用米:中生新千本
精米歩合:70%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,512円(税込み)

盛川酒造のある呉市安浦町地区は、かつては人口約1万2000人が暮らす豊田郡安浦町で、瀬戸内海の古い小さな港町でしたが、平成の大合併により2005年に呉市に編入されました。

三津口湾には戦時中の鉄不足の時代に造られた珍しいコンクリート船「武智丸」が防波堤として活用され今も残されています。また日本一短い延長10.5mの「県道204号安登停車場線」がJR安登駅前にあるなど、知る人ぞ知る小さな町です。

この町の中心部から三津口湾にそそぐ野呂川沿いにさかのぼった西郊外の原畑地区に盛川酒造はあります。

創業は明治20年(1887)、郊外農村型の酒蔵です。

当時の代表銘柄は『盛鶴』、『賀茂司』でしたが、その後、現在の代表銘柄である『白鴻』(はくこう)になります。

「白鴻」とは「白い大きな鳥の総称」で、純白清楚な”おおとり”が鴻図(こうと・※大望の意)を抱いて大空に舞い上がっていく姿を表現したもの。

このお酒は2015年醸造で約2年間熟成させた、瀬戸内海の魚介類に合わせたお酒だそうです。

四段仕込みで旨みを残した、やや甘口の純米酒です。

四段仕込みとは搾る直前の醪(もろみ)に米と米麹でつくった「甘酒」を加えた製法。

2年間寝かせた古酒ですが、やや薄いコハク色で香りはほとんどありません。

口に含むと、ああ、なるほど香ばしい古酒らしい熟成香が立ち上がり、そしてやさしくも濃醇なコク。

よくある無濾過生原酒や原酒古酒系のようなアクの強い濃厚さではなく、す〜っとやさしい包容力で、かつキレもいいです。

あ〜、なんか大人の酒。的な。

うまい。

うまいです。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2018-02-21 23:53 | 広島 | Comments(0)

天恩 本醸造 熟成古酒[川尻酒造]_f0138598_06505449.jpg

醸造元:川尻酒造
URL:http://www.hidamasamune.com/
住所:岐阜県高山市上二之町68
電話:0577-32-0143
創業:天保10年(1839)

使用米:ひだほまれ・ひだみのり
精米歩合:70%
日本酒度:+4.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,426円(税込み)

岐阜県の飛騨地方は周囲を山に閉ざされた山間奥地の地で、戦国時代に飛騨地方を平定した金森長近によって城下町が築かれ、その後江戸時代には幕府直轄の天領の支配中心地として飛騨高山の町は大きく発展して、現在「飛騨の小京都」と呼ばれています。

当然酒蔵もかつては多くあり、江戸末期から明治初頭には蔵元も140軒ほどあったといいます。
しかし近年には7軒(老田酒造店の本社・製造部が郊外に移転した為)だった酒蔵も現在は6軒。

川尻酒造の創業は江戸時代後期の天保10年(1839)。

個人経営の蔵で、早くから糖類・酸味料などの使用を全廃し、桶売り(大手の下請)も止めました。

今回購入したお酒は「古酒」です。

なぜ古酒かというと、この川尻酒造は古酒しか造っていない古酒蔵だからです。

古酒ですが、そんなに濃くない、色は白ワイン程度の薄いコハク色でした。香りは熟成された香ばしい香りですが、これもそれほど強くはありません。飲み口はとにかく牧歌的でビターな旨みがありつつも控えめな香味と酸とサッと消えていくキレ。

濃くは無くさっぱりとして普通に冷やで飲みやすい古酒でした。クセもなくてうまいです。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2017-06-18 06:52 | 岐阜 | Comments(0)

冨玲 特別純米酒 阿波山田錦[梅津酒造]_f0138598_7535482.jpg


醸造元:梅津酒造 有限会社
URL:http://umetsu-sake.jp/
住所:鳥取県東伯郡北栄町大谷1350
電話:0858-37-2008 
使用米:山田錦(徳島県産)
精米歩合:60%
日本酒度:+9.5
酸度:1.5
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,728円(税込み)

鳥取県のほぼ中央。古い町並みが残る倉吉市の東に接する北栄町は平成の大合併で東伯郡北条町・大栄町が合併して生まれた町。旧・北条町の日本海に面する大谷集落に蔵を構える梅津酒造は幕末の慶応元年(1865)に創業。当時の酒銘は『愛梅(あいばい)』や『浜千鳥』『円満』だったそうです。

現在の酒銘である『冨玲』は、三代目蔵元の藤蔵が高校の教師だった事から、応援の声援「フレー、フレー」にちなんで漢字を当てたもの。まさに晴れの酒です。ちなみに「フレー」は「万歳」を意味する英語「hurray」に由来します。

平成18年、五代目蔵元から醸造アルコールを廃止して全量純米蔵としてすべての日本酒を純米酒に変えました。日本酒の他にも鳥取県産の砂丘長芋を使ったいも焼酎や梅酒なども造っています。

今年平成28年の2月に瓶詰めされた?お酒ですが、酒造年度は平成21年とラベルにある。約150kmも離れた四国は徳島県の山田錦を使い、8年もタンクで熟成させた古酒です。

色はクリアアップルジュースのようなコハク色で、しっかりと香ばしい乳酸香。日本酒度+9.5度ですが、濃醇な旨みとコクがまず全面にあり甘みも感じる、しかし後半から日本酒度9.5度らしい垂直に切り立った、それまでの濃い旨みを遮断したような、スッキリとしたキレ。地酒らしいインパクトと鉈を振り下ろしたような潔さの後味のキレ、どこかやさしい甘さが残ります。パワーとインパクトのあるお酒です。

お気に入り度:2


鳥取の地酒は明治30年創業の林兼太郎商店「鳥取人のごっつおう市場」さんが数多く取り揃えています。



【日本酒】のブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
by tztom | 2016-08-02 07:54 | 鳥取 | Comments(0)

天平 三年古酒 石動山天平寺 [布施酒造店]_f0138598_1294236.jpg


醸造元:合資会社布施酒造店
URL:なし
住所:石川県七尾市三島町52-2
電話:0767-53-0027
使用米:五百万石
精米歩合:-
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:19度未満
購入価格:500ml:1,200円(税込み)

石川県は能登半島の中心都市「七尾市」は前田氏の城下町から発展した能登半島最大の商工都市で、市内には近年まで5軒の酒蔵ありましたが、現在はこの布施酒造店が1軒のみ。
布施酒造店の創業は創業明治9年(1876)。

「古酒は健康によいお酒」

というコンセプトでこの蔵の醸す酒は、基本的に全て原酒でかつエイジング、つまり熟成させた古酒です。3年で山吹色の淡白な味、5年で琥珀色のしっかりしたコク、7年で円熟した味、そして10年ものはワインレッドに変身した年月の重みを舌が感じとるレベルのお酒だとか。
酒銘『天平』は、その昔石動山にあったという"天平寺"に由来しているとか。瓶のラベルのイラストは東京芸大出身で、現在は絵描きをされているという蔵元の長男が描いたもの。
布施酒造店の酒仕込みは家族で一丸になって行うことから、毎年12月中旬から始まり、東京を初めとする各地で暮らしている息子家族たちがお正月休みに帰省する12月下旬から1月の初めにかけてその酒造りがピークになるように行っているとか。

色はコハク色よりもはるかに濃い、パイナップルジュースの原液のよう。香りは紹興酒よりはフルーティーでライト、爽やかな香りです。飲み口はガツンと重量級のパンチのある、ちょっと薬のような濃くて深い余韻。でも濃すぎず、甘すぎず、苦すぎず、濃厚だけどどこか主張は控えめの、深い落ち着きのあるお酒です。ある意味、甘い”米”のブランデーのような印象。でも後味はスッキリ。不思議と後を引かない潔さは。デザート酒感覚にロックでもいいですね。

お気に入り度:3



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
タグ:
by tztom | 2015-07-18 01:29 | 石川 | Comments(0)

醸造元:佐々木酒造合名会社
URL:なし
住所:愛媛県伊予郡砥部町総津785
電話:089-969-2005
精米歩合:60%(松山三井)
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:19~20度
購入価格:720ml:1,300円(税込み)

愛媛県松山市の南東に位置し、焼き物の町として知られる砥部町からさらに山峡へと分け入った上尾峠の先の(旧)伊予郡広田村の中心部総津。旧道沿いに宿場町を思わせる古い町並みが残されていますが、その町並みの中心でありランドマークでもあるのが江戸時代から続く旧家で、明治5年(1872年)創業の佐々木酒造です。その明治初期に建てられた商家や土蔵の酒蔵は国の重要文化財です。この蔵のお酒は基本2〜3種類で、ほとんどが長期貯蔵されたものです。その保存熟成も冷房を使用せず、自然のままの貯蔵だとか。夏でも気温の低い高地の特性を生かした酒造りを行っています。今回購入した八重菊の原酒(おそらく本醸造)は11年ものですが、それがこの価格。

色は当然ながら薄いコハク色。これがシロップのようなきれいな色をしています。栓をあけると香りはまさに芳ばしく重みのある熟成されたもの。そしてまず最初に口に含んで感じるのは「品」です。紹興酒に近い
風味はありますが、それほど重くなく、余韻を楽しんでいるうちに自然に引いていくキレ。
ブランデー入りの梅酒みたいなほのかな酸味は気品のある重厚な爽やかさを添えています。夜に本を読みながら飲みたくなるようなお酒です。久々に衝撃を受けたお酒でした。うまい!!

お気に入り度:4

八重菊 原酒 [佐々木酒造]_f0138598_2312099.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
by tztom | 2013-07-09 23:02 | 愛媛 | Comments(0)

宝船 特別純米酒 長州浪漫 長期貯蔵酒[中村酒造]_f0138598_23223964.jpg


醸造元:中村酒造株式会社
URL:http://www.takarabune-hagi.com/
住所:山口県萩市大字椿東310-8-4(萩市新川西区3108 )
電話:0838-22-0137
使用米:穀良都
精米歩合:70%
日本酒度:+3.0
酸度:1.6
アミノ酸度:-
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:1,500円(税込み)

毛利家37万石の城下町萩の中心部から少し離れた阿武川の対岸、新川地区。この阿武川右岸の地域は椿東と呼ばれています。藩政期に開削された姥蔵(うばくら)運河は萩の春の風物詩、四ツ手網による「しろうお漁」が盛んな漁港であり、その運河に面した一画に建つ小さな蔵が、大正3年創業(家業は明治35年創業)の中村酒造です。漁港の酒蔵なので、大漁を祈り縁起も担いだ「宝船」を酒銘としています。

古酒に分類されるお酒です。熟成された芳醇な香り。口に含むとまるで梅酒のような酸味と風味が口の中に広がり、独特のクセはありますが、後味は爽やかな辛口で締めます。

燗にすると香ばしさと酸味が口いっぱいに広がり、ホット梅酒の紹興酒割的な風味。甘くチョコレートのような香りが立ち上がり、なんとも言えない不思議な世界。まあまずくはありませんが、こ〜ゆう日本酒もあるのだな。といい勉強になりました。

お気に入り度:2




日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
by tztom | 2012-10-02 23:23 | 山口 | Comments(0)