f0138598_22462074.jpg

醸造元:大関株式会社
URL:https://www.ozeki.co.jp/
住所:兵庫県西宮市今津出在家町4-9
電話:0798-32-2111
創業:正徳元年(1711)

使用米:山田錦
精米歩合:50%
日本酒度:+4.0
酸度:1.3
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,380円(税込み)

大関と言えば「ワンカップ大関」で有名。

日本酒の生産石数は約22万石で国内4位。

灘五郷の一つ今津郷で現在の西宮市に蔵を構えています。

江戸時代中期の正徳元年(1711)に、初代長部長兵衛が「大阪屋」の屋号で創業。

ちなみに当時の銘柄は『万両』でした。

今も現役で残る今津灯台は長部長兵衛が樽回船の航海安全を願って建てたもの。
西宮市の重要文化財にも指定されています。

明治17年(1884)にそれまでの銘柄『万両』を改め、酒造業界の「大関」の地位を築いていこうという企業精神の想いを込めて『大関』に変更。

昭和10年(1935)に法人化して株式会社長部文治郎商店を設立。
昭和37年(1962)に大関酒造株式会社に社名変更し、 昭和56年(1991) に大関株式会社へ社名変更して今に至ります。

創業者の名を冠した大吟醸。
まさに大手蔵なコスパの高いお酒で、ボトルもおしゃれ。


栓をあけてまず桃、ライチのような吟醸香。

そして華やかな飲み口。

すっきりとした透明感のある甘み。

深い旨味。

ほのかに酸があって、辛口。

苦味、渋味のバランスが素晴らしく、飲み応えがあります。

うまい。

うまいな〜。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-11-29 22:58 | 兵庫 | Comments(0)

f0138598_00000458.jpg

醸造元:菊正宗酒造株式会社
URL:http://www.kikumasamune.co.jp/
住所:神戸市東灘区御影本町1-7-15
電話:078-851-0001
創業:万治2年(1659年)

使用米:-
精米歩合:50%
日本酒度:+3.5
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,188円(税込み)

「旨いものを見ると、辛口のキクマサがほしくなる」のCMでお馴染みの菊正宗。

日本酒の石数は約11万石で9位、売上高では7位の灘の大手酒造メーカーです。

月桂冠を抜いて日本酒生産石数、売上高共に国内第一位となった白鶴酒造の本家にあたります。

万治2年(1659)徳川四代将軍家綱の時代に材木商として活躍していた嘉納治郎太夫宗徳が、酒造業に進出したのが始まりで、これが現在の菊正宗。

その後、江戸時代中期の寛保3年(1743)に嘉納治兵衛が分家して現在の白鶴酒造となります。

白鶴酒造の嘉納家を「白嘉納」と呼ぶのに対し、菊正宗酒造の嘉納家を「本嘉納」と呼びます。

本嘉納家は江戸時代後期の文化・文政年間(1804〜1829)ごろから急速に石高を増やし、幕府の御用商人とも言える立場を確立して隆盛を極めした。

明治19年(1886年)に『菊正宗』ブランドを商標登録します。

もっとも『菊正宗』は、元々『正宗』という銘でした。しかしこの正宗という銘柄が江戸で大流行したのを契機に、多くの酒造家が『○○正宗』と名乗り全国に蔓延します。商標登録が無い時代でしたが、今でも同じようなものかな。

商標登録が生まれた明治時代に、『正宗』を正式に申請しようとしますが、時すでに「正宗」が普通名詞として定着しているという事でやむなく、ふと思いついた菊を冠して『菊正宗』が生まれました。

本嘉納家は当主は代々嘉納治郎右衛門を襲名してきましたが、これを廃してパブリックカンパニーを目指し、社名も本嘉納商店から菊正宗酒造にかえました。

菊正宗は大手酒造メーカーですが、生もと造りに力を入れています。


栓をあけると、生もと造りらしい野趣的な乳酸香。

口に含むと、極めて「地酒」っぽい旨味とふくよかさ。

「キクマサ」と言えば「辛口」だけども、

このお酒はコクのある旨味と後味のキレもやさしい。

生貯蔵らしいフレッシュさも残してバランスがいい。

蔵元も「辛口」をうたっているけど。

言うほど辛くない。

コクがあってうまいキレ。

うまい。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-11-27 00:04 | 兵庫 | Comments(0)

f0138598_14103829.jpg

醸造元:白鶴酒造株式会社
URL:http://www.hakutsuru.co.jp/
住所:兵庫県神戸市東灘区住吉南町4丁目5-5
電話:078-822-8901
創業:寛保3年(1743)

使用米:山田錦
精米歩合:50%
日本酒度:+3.0
酸度:1.3
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,080円(税込み)

月桂冠を抜いて日本酒生産石数、売上高共に国内第一位の酒造メーカー白鶴酒造。

白鶴酒造を経営する嘉納家は御影郷でも指折りの名門旧家であり、菊正宗を経営する嘉納家の分家にあたります。

白鶴酒造の嘉納家を「白嘉納」と呼ぶのに対し、菊正宗酒造の嘉納家を「本嘉納」と呼びます。

江戸時代初期の万治元年(1660)から酒造りを行っていた本加納家(現・菊正宗)は材木商の傍らで酒造りを行っていましたが、江戸時代中期ごろから酒造業を本業とします。

この江戸時代中期の寛保3年(1743)に嘉納治兵衛が分家したのが白鶴酒造の始まりです。『白鶴』の銘はそのころから使われています。

明治30年(1897)嘉納合名会社に改組し、昭和22年(1947)に現在の白鶴酒造株式会社となります。

白嘉納の当主は代々、嘉納治兵衛を、本嘉納の当主は治郎右衛門を襲名してきましたが、現在は襲名は行われていません。

社名から嘉納を外したのも、菊正宗と同じく「家業」からパブリックカンパニーへの転換を目指したからです。

今回の大吟醸酒は滋賀県長浜をルーツに京都に本社を置く酒販会社リカーマウンテングループとの共同開発商品。


香りは控えめながらもほんのりとフルーティー。

飲み口は上品で雑味は無く、スッキリとしていて、ちょこっと酸が。

旨味、渋味、苦味のバランスが良く、透明で透き通ったうまさ。

うまい。

しかも、山田錦の大吟醸なのに1000円のコスパ。

さすが日本一の酒造メーカー。

さすが!!

上品な旨味のある淡麗辛口。

うまい!


お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-11-25 14:11 | 兵庫 | Comments(0)

f0138598_19302372.jpg

醸造元:小西酒造株式会社
URL:http://www.konishi.co.jp/
住所:兵庫県伊丹市東有岡2-13
電話:072-775-0524
創業:天文19年(1550)

使用米:-
精米歩合:50%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,166円(税込み)

江戸時代末期の天保年間に摂津国の西宮で「宮水」(※最初は西宮の水)が発見されて以降、「灘」のいわゆる「灘五郷」が酒どころとして急成長し、西日本最大の酒造地となりました。

が、古くから関西地方、特に摂津国地域における酒どころと言えば、「丹醸」と呼ばれた現在の伊丹がそれでした。(他に吹田市の富田もありましたが)
伊丹の酒造家は85人。

その前に、この伊丹は公家・近衛家の領地として特権を有し、江戸時代を通して町の有力な酒造家から選ばれた役人が町政を担当していました。

最盛期の伊丹郷町は2,500軒の町家と人口10,000人を抱える大都市へと成長します。

ところが、幕末頃から爆発的に発展しはじめた灘五郷の酒蔵に圧倒されて、伊丹の酒造りは急速に衰退。
さらに明治10年、現在の東海道本線が海岸沿いに建設された為に、内陸部の伊丹は近代的な発展から取り残されることになります。

そして現在、伊丹市の中心部。伊丹市中央に建つ、商家をモチーフにした瀟洒な近代社屋の酒蔵が、天文19年(1550)創業の小西酒造です。

初代は薬屋新右衛門。 小西家の初代が薬種商のかたわら、酒造りをはじめました。

さらに小西家は酒造業を中心に輸送や販売のグループを形成。さらに電気産業や皮革、そして医療や鉄道経営まで手を広げ伊丹の発展に尽力したこの地の盟主です。

幕末には、新撰組局長の近藤勇から小西新右衛門に宛てた書状も残されているとか。

ちなみに、この小西酒造本社ビルの裏手に2軒の酒蔵があります。
1軒は大手柄酒造。戦時中に村岡家を筆頭に5軒の酒蔵(村岡家、岡田家、鹿島家、石橋家、田中家)が合併して誕生。そしてもう1軒が伊丹老松酒造で(武内家、武内家、新田家)が企業合同して誕生しました。
近年まで伊丹にあったもう一軒の酒蔵、大手柄酒造は平成18年3月末をもって廃業。

主力銘柄の『白雪』は、二代目宗宅が江戸への酒樽を運ぶ途中、雪をいただいた富士山の気高さに感動して銘々。

現在は、清酒の他、ビールの醸造、輸入酒の販売もおこなっています。

小西酒造株式会社の「富士山蔵」は、日本酒の製造工程を見学できる「蔵見学」を年間通じて行っています。
てっきり、山梨県か静岡県の富士山麓にある蔵かと思いましたが、その由来は酒銘の「白雪」にあたるとおもいます。

モンドセレクション2017年と2018年の2年連続金賞のお酒。


栓をあけてまず感じる華やかさ。
すっきりライトな飲み口。
ほどよい甘み...。

そして、キリリとした辛口。
うまい。
大吟醸でしかもこの価格。コスパ高い!!

トータル的にまず感じるのが、「キレイ」的な。

とにかく安定感のあるお酒です。

うまい。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-10-10 03:14 | 兵庫 | Comments(0)

f0138598_17342898.jpg
醸造元:加藤酒造株式会社
URL:なし
住所:新潟県上越市吉川区下深沢233-1
電話:025-548-3765
創業:文久4年(1864)

使用米:-
精米歩合:50%
日本酒度:+2.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,080円(税込み)

上越市の東郊外。柿崎から内陸部にいくつもの道が四方八方から合流する町があります。
旧中頸城郡吉川町。2005年に上越市に編入されその一部吉川区となりました。

この吉川地域は越後杜氏の一つ頸城杜氏の里であり、「よしかわ杜氏の里」という酒蔵を併設した道の駅もあります。

六角山登録の下深沢地区に蔵を構える加藤酒造は文久4年(1864年)に創業しました。

主力銘柄は『清正』で本醸造を中心に、普通酒をメインに製造していますが、最近は特定名称酒のラインナップが主流となってきています。

酒銘『清正』の名は戦国武将・加藤清正に由来しますが、蔵元とのつながりは無いそうです。

一時は手軽に楽しめる晩酌酒を主に考え「大吟醸酒は造りません」としていましたが、このお酒は大吟醸酒です。

しかし、本醸造よりも安い超コスパの高い大吟醸。

これなら毎日の晩酌でも飲める大吟醸。

酒銘は新しく展開している『潟一』。

少し前から展開しているブランド『新潟壱番』『新潟一』に続くもの。




香りは無く、旨味も少ない限りなく淡麗辛口です。

雑味も無く、渋味、苦味も一瞬顔をだして消えていくキレ。

ほのかに甘みを感じます。

あらためて大吟醸酒でこの価格。

コスパ高いです。

けど、ラベルに印刷された加藤酒造株式会社の次ぎにある「OK」の記号が気になります。

なんだろう。


お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-10-05 17:35 | 新潟 | Comments(0)

f0138598_01385853.jpg

醸造元:株式会社 小林酒造本店
URL:http://sakebandai.com/
住所:福岡県糟屋郡宇美町宇美2-11-1
電話:092-932-0001
創業:寛政4年(1792)

使用米:山田錦(福岡県産)
精米歩合:50%
日本酒度:+5.0
酸度:1.3
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,512円(税込み)

博多の北で多々良川に合流して博多湾に注ぎ込む宇美川上流に位置する糟屋郡宇美町は、宇美八幡宮の門前町として発展し、近世には炭鉱の町として栄えましたが、現在は福岡市に隣接するベッドタウンとして市街地が広がりつつあります。


宇美八幡宮の門前に蔵を構える小林酒造本店は、酒林を掲げた商家の店舗が無ければ、広大な敷地とその屋敷に、おおよそ酒蔵だとは思わない佇まいを残す酒蔵です。

小林酒造本店は江戸時代中期の寛政4年に初代小林作五郎によって創業。

最初の銘柄は『早見川』でしたが、二代蔵元、小林勝平が老亀によく似た形の奇石を手に入れ「亀石」と名付けたことから、「亀は万年」のことわざに因んで酒銘を『萬代』と改めました。


香りは控えめですが、フルーティーな吟醸香を感じます。

バナナのようなメロンのようなフルーティーな旨味。

飲み口からしてインパクトのある濃厚な甘みを感じさせ、中盤からガツンと酸の効いた辛口にシフト。

苦味、渋味がバランス良く甘みを打ち消してスッキリとしたキレに。

飲み口は意外にスッキリシャープ系。
あとから旨味が増してくる印象。

やや、ざらつき感もある。若々しい酸。

後味の余韻も辛く。

酸、酸、酸。旨。

的なバランス。

意外にすっきりとフルーティな透明感。

うまい。

うまいです。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-06-19 01:39 | 福岡 | Comments(0)

f0138598_11522391.jpg

醸造元:株式会社小泉本店
URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~mi-yuki/
住所:広島市西区草津東3-3-10
電話:082-271-4004
創業:天保年間(1830)

使用米:千本錦
精米歩合:50%
日本酒度:+
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:13度以上14度未満
購入価格:720ml:1,402円(税込み)

広島市西区、山陽本線と広島電鉄宮島線に挟まれた旧西国街道に沿って古い町並みが僅かに残る草津という町があります。

滋賀県にある東海道草津宿や群馬県の草津温泉と同じ字を書くこの草津は、古くは久曽津”という名の港町で、古代神話において神武天皇の営陣地であった事から”軍津(いくさつ)”と称した事に由来します。

戦国期には毛利氏の城下町として発展し、江戸時代には旧西国街道における広島と廿日市の間の宿、また厳島への渡船場として賑わいました。

宿場町時代の古い町並みを僅かに残す草津のシンボルが小泉本店という酒蔵です。
厳島神社へ御神酒を献上する小泉本店の、その堂々としたたたずまいは、旧家の格式を思わせます。

蔵元の小泉家の先祖はその昔、現在の広島県三原市小泉町から毛利氏の広島進出に伴ってこの地に移ってきたそうです。

f0138598_11521024.jpg

創業当時の銘柄は『延寿菊』など、いくつかの酒銘がありましたが、明治18年の明治天皇行幸の際に陛下がこの小泉本店で休息をされたことを記念して『御幸』(みゆき)」という銘柄が生まれました。

今回の『プチみゆき』は「もみじ酵母」で仕込んだ、アルコール度を抑えたライト感覚の吟醸酒です。


色は透明ですが、米の旨み甘みを感じるような甘い香りがしっかりとあります。

グラスに注いでも梨のようなフルーティーな香り。

飲み口は超優しく、水のようになめらかで、スッキリとした華やかさが口の中にひろがります。

決して線が細いお酒ではなく、しっかりとした主張は持っています。

後味もスッキリシャープなキレ。

うまい!

これは飲みやすくて、うまい酒です。

お気に入り度:4


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-03-04 11:53 | 広島 | Comments(0)

f0138598_07300634.jpg

醸造元:浜田株式会社
URL:http://www.okimasamune.com/
住所:山形県米沢市窪田町藤泉943-1
電話:0238-37-6330
使用米:-
精米歩合:50%
日本酒度:+3.0
酸度:1.2
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,420円(税込み)

米沢市の中心市街から少し北に広がる田園地帯の窪田地区。

近代的な酒蔵というか工場を構える浜田株式会社です。

f0138598_07295661.jpg

幕末に近い慶応2年(1866)に濱田五左衛門金吾と弟の徳翁が酒造業を当時の地名である藤泉沖に創業。
酒銘『沖正宗』は地名の「沖」にちなんだもの。

大正5年には工場を米沢3箇所・山形3箇所・河北1箇所の計7工場を持つに至りましたが。戦時中の企業統制令や戦後の日本酒不況の中で、現在は本社工場に統合しました。

早くからワイン醸造に力を入れ原材料のぶどうの栽培から行っている蔵で、山形の名ワイナリーにも名を連ねる蔵です。

香りは控えめ、飲み口は酸が少なくやわらかいですが、甘みもあまり感じないちょっとドライでクリアな淡麗辛口のお酒。

雑味はないけど旨みもないけど、線が細いわけでもない存在感はしっかりとあって飲みやすいです。まあ、うまい。

なにより驚いたのが、初めての体験。ストロベリーのような甘い吟醸香。そして飲み口も「ストロベリー風味の天然水」的な印象のまるでフレーバーウォーターの様。いや〜日本酒の醸造の奥の深さにちょっと感動。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2016-09-30 07:32 | 山形 | Comments(0)

北秋田 大吟醸 [北鹿]

f0138598_2135831.jpg


醸造元:株式会社 北鹿
URL:http://www.hokushika.jp/
住所:秋田県大館市有浦2-2-3
電話:0186-42-2101
使用米:山田錦
精米歩合:50%
日本酒度:+3.0
酸度:1.3
アミノ酸度:-
アルコール度:15.6
購入価格:720ml:1,610円(税込み)

北鹿が蔵を構える大館市は、青森県と接する秋田県最北部の中心地で、白神山地や十和田湖などの雄大な自然をかかえ、秋田県北部の穀倉地帯をして古くより栄えていた地域です。その中心都市である大館市街は長木川と米代川に挟まれた大館盆地の中心にあり、江戸時代には佐竹西家が城代を務める大館城の城下町として、交通の要衝、政治経済の中心地として発展した町です。この大館市と北秋田市・北秋田郡を含む地方を北秋(ほくしゅう)地方といい、さらに鹿角市・鹿角郡をまとめて『北鹿』(ほくろく)と称するのを酒銘としたのが『北鹿』です。蔵はJR大館駅に近い旧・羽州街道沿いにあります。

北鹿の創業は新しく昭和43年(1943)日本酒不況の合理化により北秋、鹿角の21軒が合併して誕生した北鹿酒類製造株式会社がその前身です。しかしその後、花輪酒造と関善が抜け、さらに平成2年に田村酒造店とかづの銘酒が独立して現在の規模となりました。

香りはひかえめですが、飲み口は華やか。雑味のないすっきりとした透明感のあるフルーティーな淡麗辛口。やさしい飲み口。落ち着きのある甘さ。雪国・秋田らしいうまい酒です。うまい!!

お気に入り度:4



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2015-03-11 21:03 | 秋田 | Comments(0)

醸造元:信州銘醸株式会社
URL:http://www.shinmei-net.com/
住所:長野県上田市長瀬2999-1
電話:0268-35-0046
精米歩合:39%(山田錦)
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:16.2度
購入価格:720ml:2,000円(税込み)

四方を浅間・菅平・美ヶ原などの豊かな山々に囲まれ、依田川の清流に恵まれた(旧)小県郡丸子町で、信州銘醸は江戸時代から続く町内の蔵元4社が昭和33年に合併して創業。合併前の4蔵はいずれも品評会で高い成績を残す有力蔵で、現在も「梁山泊」、「喜久盛」、「黒耀」、「瀧澤」の各銘柄を継承しています。

バナナのような吟醸香。飲み口は旨味が凝縮されているのに、透明な清い水のように。控えめな華やかさに、ホッとする着陸を見せる後味。レベルの高いうまさ。さすがは大吟醸。蔵がめざす酒は「柳水の如き酒」。「爽風になびく柳の枝ような酒」、まさにそれ。うまい、うますぎます!

お気に入り度:5

f0138598_1917661.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2013-10-08 19:17 | 長野 | Comments(0)