f0138598_21062680.jpg

醸造元:江頭酒造合資会社
URL:http://user.ariakenet.com/~egashira/
住所:福岡県大牟田市大字三池947
電話:0944-52-3796
創業:明治30年(1897)

使用米:-
精米歩合:70%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,230円(税込み)

大牟田市は福岡県でもっとも南に位置する都市で、かつては三井三池炭鉱で栄えた「炭鉱の町」として知られていました。

福岡県で最南端の酒蔵である江頭酒造は江戸時代の天保元年に「麹屋」の屋号で麹の製造販売を行い、後に味噌醤油の製造も始めましたが、酒造業に参入するのは明治30年(1897)に入ってから。

現在は焼酎の方が主力になる一方、日本酒の方は10年から30年熟成させた古酒に力を入れています。

創業時からの主力銘柄『旭盛』は、水平線から盛り上がる朝日に由来。
『大蛇山』は古くから伝わる三池祇園祭り「大蛇山」と、この地が「三池」となった伝説に由来します。

ちなみに、ロイヤルホストの創業者江頭匡一が婿養子となった、母方の実家で城島にあった清酒『清波』を作っていた江頭本店とのつながりは無い様で、親族でも無いそうです。


特撰ですが、糖類添加の普通酒です。

甘く芳醇な米の酒というような、いかにも日本酒らしい香り。

昔ながらの日本酒的な、すっきりと透明で、濃醇な甘さ、フルーティーな余韻とスッキリとしたキレ。

今どき「特撰」で糖類添加酒?

が、しかし...飲みやすい。

嫌味が無く、素直にすっきりとした旨さ。

どこか、なつかしい感じ。

これは、予想以上に旨い。かも。

いや、うまいよ。まじで。

燗にすると、すっきりとしていながらも、程よい甘みが不思議なフレッシュさで余韻を包み込みます。

糖類添加なのにべたつかない。

ああ、素直にうまい。

日本酒って、奥が深いな〜。

実際の精米歩合、造り方、糖類添加の比率などいろいろ知りたいですね。
と、少し勉強になりました。

うまい酒です。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-07-17 21:25 | 福岡 | Comments(0)

f0138598_16454511.jpg


醸造元:白牡丹酒造株式会社
URL:http://www.hakubotan.co.jp/index1.htm
住所:広島県東広島市西条本町15-5
電話:082-421-2142
創業:延宝三年(1675)

使用米:-
精米歩合:75%
日本酒度:-9.0
酸度:1.5
アミノ酸度:-
アルコール度:19度以上20度未満

購入価格:720ml:900円(税込み)

広島の「酒都」と呼ばれる西条に蔵を構える白牡丹酒造は年間生産量5万5000石、県内3位の大手酒蔵です。その歴史は古く江戸時代初期にまでさかのぼります。さらにその家筋はかの戦国武将・島左近に通じるのです。

石田三成に「治部少(三成)に過ぎたるものが二つあり 島の左近と佐和山の城」とまで言わせた戦国武将の島左近は関ヶ原の戦いで戦死します。この戦いで長男の新吉も討ち死にしますが、次男の忠正は母と共に京都にいた為生き残り、後に広島へ移り住みます。やがて孫の晴正が武士の身分を捨てて酒造業へと転身したのが江戸時代初期の延宝三年(1675)のことです。

酒銘の『白牡丹』は京都の公家・五摂家の一つ鷹司家の当主で時の摂政関白鷹司政通より拝命したもの。

f0138598_20395650.jpg

このお酒は蔵元で開催される「酒祭り」でしか購入できない季節限定品の原酒。ー9度の超甘口酒です。
いただきものですが、しかしよく見ると糖類添加の普通酒。

濃醇な甘口がとにかく印象強く、原酒だけど飲みやすいです。甘いけどキレがある。酸味が少なくやさしい飲み口。広島酒らしいお酒。多少べたつきますが、うまいです。大手の安定感といったところ。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2016-01-10 16:45 | 広島 | Comments(0)

醸造元:谷口酒造株式会社
URL:なし
住所:京都府与謝郡与謝野町字与謝70-2
電話:0772-42-2018
使用米:五百万石
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:20度
購入価格:720ml:1,580円(税込み)

丹後ちりめんの里として知られる「加悦」の町の南に続く与謝地区もまた、旧街道に沿って往時を偲ばせる町並みと2軒の酒蔵があります。一軒は与謝娘酒造で、もう一軒がこの谷口酒造。明治4年(1871)創業の小さな造り酒屋です。
酒銘でもある大江山は丹波と丹後の国境をなす山で、丹後山地の最高峰。有名な源頼光による酒呑童子(しゆてんどうじ)退治伝説の地の一つでもあると言われています。

最初の香りは一瞬「しょ、醤油?」と思わせるような芳ばしく濃潤な香り。出汁のように深く甘みのある味ですが、実は糖類添加されたお酒でした。しかし今まで飲んできた丹波・丹後の地酒にあるような独特の老ね香と押しの強い酸味はありません。ややアルコール臭が強いですが、熟成された紹興酒のような風味で、ロックにすると美味しいかったです。

お気に入り度:3

f0138598_751385.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2012-09-06 07:55 | 京都 | Comments(0)

醸造元:檜物屋酒造株式会社
URL:http://www12.plala.or.jp/WKMY/syouten_himonoya.htm
住所:福島県二本松市松岡173
電話:0243-23-0164
精米歩合:-%(-)
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:790円(税込み)

江戸時代に二本松藩(10万石)の城下町に歴史に持つ二本松市には「奥の松」や「大七」など福島県を代表する大手の酒蔵が集まっていますが、旧城下の中心部に構える酒蔵が檜物屋酒造です。そのちょっと変わった屋号は、酒造業を始める前は木材加工業で、「檜」材の「曲げ物」から "ひものや" と呼ばれていた屋号をそのまま引き継いだものだそうです。ちなみに酒造業へと転業したのは明治7年です。

「千功成(センコウナリ)」 金瓢 。ながらの手作り製法にこだわる小さな酒蔵らしいのですが、不覚にも糖類・酸味料入りの普通酒を買ってしまった。今回まとめ買いしたお店にはこの銘柄しかなかったので仕方がないが、やけに安かったし、ページに糖類・酸味料の記載もなかった。でも商品写真をよ〜く見てみると、醸造アルコールの下にそれらしい記述が・・・。
まあ、そんな事はもう構いません。今回は福島の地酒を1本でも多く買うこと。また次の機会に違うお酒を買いたいと思います。

しかしまあ、やはりこの手の酒は飲むとそれなりに旨いのですよ。大手の紙パック入りの似たような酒とは違って、手作りの地酒らしい乳酸の香りが奥に感じられます。飲み口も軽すぎず、添加物ではないしっかりとした旨みを感じます。本当に醸造アルコールに糖類、酸味料が入っているの?って感じ。燗にすると飲み口は辛口になり引き締まりますが、いやなベタつきはありません。いや、けっこう旨いかも。なぜに糖類・酸味料を入れるか?この蔵のレベルは意外にも高いかも。

お気に入り度:3

f0138598_201533100.jpg


福島県の地酒が揃う専門店ワイン紀行


日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
↑日本の地酒を・福島の酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。


【檜物屋酒造】千功成 金瓢 720ml

【檜物屋酒造】千功成 金瓢 720ml
価格:790円(税込、送料別)


[PR]
by tztom | 2012-03-07 20:12 | 福島 | Comments(0)