人気ブログランキング |

f0138598_22383865.jpg

醸造元:白菊酒造株式会社
URL:http://www.shiragiku.com/
住所:岡山県高梁市成羽町下日名 163-1
電話:0866-42-3132
創業:明治19年(1886)

使用米:雄町
精米歩合:70%
日本酒度:+5.2
酸度:1.5
アミノ酸度:-
アルコール度:18度
購入価格:720ml:1,404円(税込み)

以前は「成羽大関酒造」という酒蔵でした。

日本有数の山城で知られる備中松山城の城下町高梁市から西へ、高梁川の支流成羽川が流れる旧川上郡成羽町は江戸時代に山崎家1万2000石の成羽藩の陣屋町だった町です。

成羽大関酒造の前身は、明治19年(1886)に渡辺廣太郎により創業した渡辺酒造本店。

当時からの主力銘柄は『白菊』でしたが、昭和3年に昭和の御大典(即位式)の年に全国清酒品評会で受賞した事を機に『大典白菊』に酒銘変更。

しかし昭和47年、成羽町に甚大な被害をもたらした大洪水によって、酒蔵は壊滅してしましました。

そこからの再起に当たって、灘の大関酒造の支援のもと、同じく大関酒造の協力蔵であった仲田酒造、山崎酒造と合併して中国地方最大規模の酒造設備を有する成羽大関酒造が誕生します。

社名の通り、大手の系列で安定した経営を行う一方で、生産高の約1割を自社銘柄の酒造りにあてながら、独自ブランドを育成し続けてきました。

そして、平成19年(2007)6代目蔵元渡辺秀造のもと、社名を「白菊酒造株式会社」に改めました。

安定した経営のバックボーンを持ちながらも、精力的な酒造りを行う新進気鋭の酒蔵です。

ちなみに、直売所は白菊商事株式会社。
住所:高梁市成羽町下原 915
TEL : 0866-42-3131
営業時間:9:00〜17:00(日祝休)


色はほんのりとコハク色。

でも、香りは香ばしさではなくフルーティーさ。

飲み口は、花びらのようなパンチのあとに熟成された梅酒のような、それもひかえめでやさしく透明感のある余韻。

甘みは控えめ。
旨味も控えめ。

それでもやさしい。

重くなく、どちらかと言えばライト。

ヨーグルトのような酸味。

白ワインのような、ほんのりとした酸とコク。

なかなか面白い次元のお酒です。

うまい。

燗にすると、中厚な旨味の凝縮した飲み応え。

でもソフトでやさしい飲み口。

このお酒は燗にした方が安定する感じ。

うまいな〜。


お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2019-04-24 23:20 | 福岡 | Comments(0)

f0138598_22213641.jpg

醸造元:三光酒造株式会社
URL:http://www.sake-sanko.co.jp
住所:岡山県新見市哲西町上神代951
電話:0867-94-3131
創業:大正2年(1913)

使用米:雄町
精米歩合:65%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:18度
購入価格:720ml:1,620円(税込み)

岡山県新見市哲西町(てっせいちょう)は広島県に接する岡山県中西端の山間部、人口約3,000人が暮らす町で、平成の大合併によって2005年に新見市の一部となりました。

JR伯備線と芸備線が分岐する備中神代駅から二駅の市岡駅が最寄り。

JR芸備線と併走する国道182号線沿いに三光酒造はあり、芸備線の車窓からも蔵を見ることができます。

蔵元の正面には蔵名の由来となっている三光鳥が住むと言われる三光山があって、蔵の裏手を神代川が流れます。

こんな山奥にある酒蔵ですが、アメリカンドリームで生まれた酒蔵だそうです。

アメリカに移民して苺栽培で成功し、多くの財を築いた創業者の宮田重五郎が帰国して故郷の地で大正2年(1913)に創業。
商標の「苺マーク」はそれに由来します。

国道を挟んで蔵を構え、日本酒の他にも米焼酎や味醂なども作っています。

主力銘柄は『三光正宗』と『三光』ですが、現在は特約店向けの「無濾過生原酒」を基本とした新ブランド『克正』や『天賦』シリーズも展開。

『克正』は引退した但馬杜氏「高垣克正」の名に由来します。


色は白ワインのようなキレイなうすいコハク色。

生もと造りが感じられる、香りは芳ばしく牧歌的な乳酸香が口に広がります。

飲み口は、結構辛口です。

酸が強く最初の飲み口にパンチがありますが、芳醇なふくよかさが包み込みます。

そして...やさしく消え得ていくキレ。

す〜っと消えていきます。

フレッシュですが、

重さはありません。

荒々しさも、それほどありません。

若いけど、落ち着きのある上品なお酒。

うまい。

うまいです!


お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2019-04-13 22:23 | 岡山 | Comments(0)

f0138598_23330912.jpg

醸造元:朝妻酒造株式会社
URL:http://www.yukinomaboroshi.jp/
住所:新潟市西蒲区曽根251-2
電話:0256-88-7895
創業:明治42年(1909)

使用米:-
精米歩合:65%
日本酒度:+
酸度:1.5
アミノ酸度:1.3
アルコール度:14度
購入価格:720ml:1,480円(税込み)

新潟市の南西郊外。

信濃川の支流である西川の川辺に、朝妻酒造はあります。

JR越後線の越後曽根駅が最寄りです。

西川に平行して古い家並みが残る街村の曽根地区は江戸時代には長岡藩の支配地として代官所が置かれ、西川右岸の自然堤防上に形成された町は西川水運の河港町としても発展しました。

この曽根で朝妻酒造は明治42年(1909)に創業。

(新)生もと造りにこだわりを持ち、現在は特定名称酒が60%、普通酒40%の比率で醸造。さらに主力商品は大吟醸ですが、大手酒造メーカー並みの低価格で晩酌向けの酒を目指しているようです。

雪の幻 純米酒。

色は無色透明、よりはほんのり薄いコハク色。

醤油、味噌のような香ばしい乳酸香。

さらには、塩っ辛さを感じる飲み口。

酸はおっとりしていますが渋味、苦味が強くややくせがあるお酒です。

芳醇淡麗辛口。

なるほど。

燗にしてみると、ふくよかな米の旨味。

やわらかい飲み口。

ふくらむ。

うまい。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2019-02-06 23:33 | 新潟 | Comments(0)

f0138598_00000458.jpg

醸造元:菊正宗酒造株式会社
URL:http://www.kikumasamune.co.jp/
住所:神戸市東灘区御影本町1-7-15
電話:078-851-0001
創業:万治2年(1659年)

使用米:-
精米歩合:50%
日本酒度:+3.5
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,188円(税込み)

「旨いものを見ると、辛口のキクマサがほしくなる」のCMでお馴染みの菊正宗。

日本酒の石数は約11万石で9位、売上高では7位の灘の大手酒造メーカーです。

月桂冠を抜いて日本酒生産石数、売上高共に国内第一位となった白鶴酒造の本家にあたります。

万治2年(1659)徳川四代将軍家綱の時代に材木商として活躍していた嘉納治郎太夫宗徳が、酒造業に進出したのが始まりで、これが現在の菊正宗。

その後、江戸時代中期の寛保3年(1743)に嘉納治兵衛が分家して現在の白鶴酒造となります。

白鶴酒造の嘉納家を「白嘉納」と呼ぶのに対し、菊正宗酒造の嘉納家を「本嘉納」と呼びます。

本嘉納家は江戸時代後期の文化・文政年間(1804〜1829)ごろから急速に石高を増やし、幕府の御用商人とも言える立場を確立して隆盛を極めした。

明治19年(1886年)に『菊正宗』ブランドを商標登録します。

もっとも『菊正宗』は、元々『正宗』という銘でした。しかしこの正宗という銘柄が江戸で大流行したのを契機に、多くの酒造家が『○○正宗』と名乗り全国に蔓延します。商標登録が無い時代でしたが、今でも同じようなものかな。

商標登録が生まれた明治時代に、『正宗』を正式に申請しようとしますが、時すでに「正宗」が普通名詞として定着しているという事でやむなく、ふと思いついた菊を冠して『菊正宗』が生まれました。

本嘉納家は当主は代々嘉納治郎右衛門を襲名してきましたが、これを廃してパブリックカンパニーを目指し、社名も本嘉納商店から菊正宗酒造にかえました。

菊正宗は大手酒造メーカーですが、生もと造りに力を入れています。


栓をあけると、生もと造りらしい野趣的な乳酸香。

口に含むと、極めて「地酒」っぽい旨味とふくよかさ。

「キクマサ」と言えば「辛口」だけども、

このお酒はコクのある旨味と後味のキレもやさしい。

生貯蔵らしいフレッシュさも残してバランスがいい。

蔵元も「辛口」をうたっているけど。

言うほど辛くない。

コクがあってうまいキレ。

うまい。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2018-11-27 00:04 | 兵庫 | Comments(0)

f0138598_00291524.jpg

楽々鶴 生もと純米酒[出石酒造]
醸造元:出石酒造有限会社
URL:なし
住所:兵庫県出石郡出石町魚屋114-1
電話:0796-52-2222
創業:宝永5年(1708)

使用米:オオセト・アケボノ
精米歩合:65%
日本酒度:+4.5
酸度:1.6
アミノ酸度:1.4
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,455円(税込み)

「但馬の小京都」と呼ばれ、藩政時代は出石藩千石家3万石の城下町として栄えた出石は、出石そばや出石焼き、そして辰鼓櫓(しんころう)で知られる山間の小さな町です。

この小さな城下町の中心部、魚屋町に蔵を構える出石酒造は江戸時代中期の宝永5年(1708年)創業という長い歴史を持つ酒蔵で当時は「かずかや門垣屋」と呼ばれていたそうです。

まるで宮崎駿のジブリ作品に出てきそうな、土壁むき出しの酒蔵土蔵群は江戸時代に建てられたもの。

f0138598_00285986.jpg
現在の出石酒造は同じ出石にあった3軒の酒蔵と但東町にあった2軒の酒蔵が昭和18年に企業合同して生まれた蔵だそうです。

出石酒造の主力銘柄である『楽々鶴』は、この合併の際にそれぞれの蔵の銘柄を整理して生まれたもので、酒の別名「ササの露」と、出石藩主・仙石家の別荘「楽々園」、それにコウノトリの別名「松上の鶴」を掛け合わせたもの。

ほのかに牧歌的な香り。
スッキリとしたフルーティーであっさりとした飲み口。

あっさりとしているのに、しびれるような酸の強い辛口のお酒。

インパクトのある淡麗辛口です。

後味もほのかな苦味と旨味で中性となってスッキリ。


燗にすると、すっきりとしていながらも優しい旨味がある。

なめらかで、ふっくら。

透き通った旨味。

あ〜うまい。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2018-09-15 00:29 | 兵庫 | Comments(0)

f0138598_07465743.jpg

醸造元:東北銘醸株式会社
URL:http://www.hatsumago.co.jp/
住所:山形県酒田市大字十里塚字村東山125-3
電話:0234-31-1515
創業:明治26年(1893)

使用米:出羽燦々
精米歩合:55%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:16度
購入価格:720ml:1,458円(税込み)

山形を代表する銘柄『初孫』の東北銘醸は山形県の庄内地方で最も大きな酒蔵です。

もともとは酒田の港町で代々回船問屋を営んでいた「金谷商店」の佐藤久吉氏が、明治26年(1893)に酒田港近くの本町で酒造業を創業したのがはじまり。酒銘は屋号と蔵元の名を略した『金久(きんきゅう)』。 しかし時代は変わり物流が回船から汽車に移って行く中で、回船業は衰退し酒造業がメインになります。

f0138598_21102760.jpg

平成6年に酒田市内から最上川の南の十里塚地区に酒造工場を移転しました。

酒銘の『初孫』は昭和のはじめに佐藤久吉氏に初孫が誕生した際、多くの人に愛され喜ばれる酒にしたいとの願いをこめたもの。

色は無色透明、ほのかにメロンのようなフルーティーな吟醸香とクリーミーな乳酸香がミックス。なめらかな飲み口ながら、シャープでガツンとした淡麗辛口。辛口だけどおだやかなキレ。後味にやや苦味渋味の余韻、若さが残るお酒です。でもそれらが不思議とアクセントになって盃が進みます。うまいです。うまい!

お気に入り度:3


昭和24年創業・山形の地酒なら株式会社丸俊「まるごと山形」


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたら"ポチッ"とお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2016-09-09 07:53 | 山形 | Comments(0)

f0138598_1745620.jpg


醸造元:高嶋酒造株式会社
URL:http://www.hakuinmasamune.com/
住所:静岡県沼津市原354-1
電話:055-966-0018
使用米:誉冨士・あいちのかおり(静岡県産)
精米歩合:60%
日本酒度:+5.0
酸度:1.6
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,350円(税込み)

高嶋酒造のある原はかつて東海道五十三次の13番目の宿場である原宿として栄えた町です。旧街道沿いにはあまり当時の面影は残されていませんが、高嶋酒造の伝統的な造りの酒蔵が往事を偲ばせます。

高嶋酒造は江戸時代後期に文化元年(1804)創業の歴史ある蔵ですが、もともとは漁師の網元だったとか。
宿場町の本陣近くにあった為、酒造りを始めましたが、屋号は「醤油屋」というので酒以外にも醤油の醸造なども行っていたのでしょうか。酒銘の『白隠正宗』は臨済宗中興の祖と称えられた白隠禅師にちなみ山岡鉄舟が命名したそうです。

現在は純米酒蔵にシフト中で、お店にはこの蔵最後の本醸造酒が売っていました。
敷地内には地下150mから汲み上げている湧き水があります。その湧き水を近隣の人たちにも使ってもらおうと、蔵の横には水場が作られていました。

香りはなく、色は薄いコハク色。生もと独特の風味が口に広がります。飲み口はやさしくそして控えめにドライなキレ。スッキリフレッシュ。うまい!!

燗にすると、すっきり、透明感。旨みをともなった半透明な苦味と渋味でまとまるやさしい後味です。料理と合います。うまいです。

お気に入り度:3




日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
by tztom | 2016-04-03 17:06 | 静岡 | Comments(0)

f0138598_0232388.jpg


販売元:秋田清酒株式会社
醸造元:出羽鶴酒造株式会社
URL:http://www.igeta.jp/
住所:(秋田清酒)秋田県大仙市戸地谷字天ケ沢83-1
電話:0187-63-1224(秋田清酒・代表)
住所:(出羽鶴酒造)秋田県大仙市南外字悪戸野81
電話:0187-74-2600

使用米:美山錦
精米歩合:65%
日本酒度:+3.0
酸度:1.8
アミノ酸度:-
アルコール度:14度以上15度未満
購入価格:720ml:1,080円(税込み)

秋田清酒は出羽鶴酒造を母体に親戚蔵の刈穂酒造をグループに持つ瓶詰め販売会社で昭和47年(1972)に設立。出羽鶴酒造は幕末の慶応元年(1865)に出羽の国南楢岡(現・秋田県大仙市)の庄屋、伊藤家12代目・伊藤重四郎により『ヤマト酒造店』として創業。太平洋戦争中は国策により一時休業に追い込まれますが、戦後に再開してからは急成長を遂げ生産量1万石の大手蔵に。そして現在は純米酒を中心とした酒造りにシフトし、年間約1,900石あまりの高品質少量生産の蔵になりました。
酒銘の『出羽鶴』は「鶴のように優美な出羽の国の酒になるように」との願いを込めて命名。

色は薄いコハク色。生もと造りらしい牧歌的な香ばしい乳酸香。ガッシリとした酸と水のように透き通る飲み口。後味はやさしく控えめな渋味・苦味と共に米の旨みを感じるキレのあるコク。うまい。

蔵元いわくこの酒は常温か燗酒で、との事ですが。ぬる燗にすると、より酸が引き立つ辛口で飲み応えのある酒に。ほどよい厚みのある甘みの余韻が心地よいです。うまいです。

お気に入り度:3


秋田の地酒は秋田県物産振興会【楽天市場店】で購入できます。


日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
by tztom | 2016-01-22 00:29 | 秋田 | Comments(0)

醸造元:株式会社 井上清吉商店
URL:http://sawahime.co.jp/
住所:栃木県宇都宮市白沢町1901-1
電話:028-673-2350
精米歩合:60%(栃木県産酒造好適米「とちぎ酒14」)
日本酒度:+2.0
酸度:1.0
アミノ酸度:-
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:1,312円(税込み)

明治元年(1868)創業の井上清吉商店がある宇都宮市白沢地区は、その昔、宇都宮で日光街道から分かれた奥州街道の第1番目、日本橋からは17番目の宿場町「白沢宿」として栄えた町で、今もその面影が残されています。この白沢宿は宿場町としては規模が小さく当時は農間余行としての半農半商集落でしたが、本陣が北ノ組に一軒、脇本陣は南ノ組に一軒、人馬継問屋が北ノ組と南の組にそれぞれ2軒あり、旅籠屋は13軒置かれていました。その北辺には戦国期から続く要衝の名残「鍵曲がり」があり、その角に酒蔵・井上清吉商店は建っています。小さな酒蔵ですが、近年では数々の賞を受賞し、首都圏でも知られる有名蔵の仲間入りを果たしています。

このお酒は栃木県のオリジナル酒造好適米「とちぎ酒14」を使って昔ながらの生もと造りで醸したお酒です。色はコハク色。木の香のような微少な老ね香が気になりますが、飲み口は古酒のような芳醇さと柔らかさ、香ばしさとキレイな甘さ、乳酸飲料のような酸味とほどよい苦味のあるコクを持っています。

これが燗にすると、独特の乳酸香や風味は一切無くなり、ひたすらに甘み、旨味を伴った中厚な飲み口でほどよいキレと合わせて最高にうまいです。いや〜うまい。燗最高。

お気に入り度:3(燗は5)

f0138598_1927732.jpg



このお酒は栃木の地酒「横倉本店・楽天市場店(よこくまーと)」で購入できます。


日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
by tztom | 2014-03-08 19:28 | 栃木 | Comments(0)

f0138598_22141079.jpg


醸造元:若林酒造有限会社
URL:http://www.kaishun.co.jp/top.htm
住所:島根県大田市温泉津町小浜73
電話:0855-65-2007
創業:明治2年(1869)

使用米:山田錦
精米歩合:65%
日本酒度:+7.0
酸度:1.9
アミノ酸度:1.2
アルコール度:14.5度
購入価格:720ml:1,260円(税込み)

世界遺産に登録された石見銀山の積出港として栄え、現在は石見地方で最も賑わう温泉の町である温泉津に唯一残る酒蔵である若林酒造の創業は明治2年(1869)。以前の酒銘は杜氏の山口竜馬氏の名をとった『開春竜馬』を改め『開春山口』にリニューアル。

f0138598_16353451.jpg

生もと純米らしいほんのりと酸味を含んだ独特の香り。さわやかな辛口の飲み口とキレ。燗にすると、味に厚みが出てきます。これがまた旨い。バランスが良く盃が止まりません。うまいです。

お気に入り度:3
島根の地酒なら縁結び本舗

山川酒店

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
に参加しています。
↑よろしければ、ポチッとお願いします。
by tztom | 2011-06-05 22:15 | 島根 | Comments(0)