タグ:生詰め酒 ( 26 ) タグの人気記事

f0138598_08380379.jpg

醸造元:株式会社一ノ蔵
URL:http://www.ichinokura.co.jp/
住所:大崎市松山千石字大欅14
電話:0229-55-3322
創業:昭和48年(1973)

使用米:ササニシキ
精米歩合:55%
日本酒度:+1.0〜3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:16度以上17度未満
購入価格:720ml:1,365円(税込み)

宮城県の酒と言えば「浦霞」と「一ノ蔵」と呼ばれる双璧。平成の大合併によって誕生した大崎市の一部となった旧志田郡松山町の郊外の山間部に蔵を構える「一ノ蔵」は宮城県で最も大きな酒蔵です。

一ノ蔵は昭和48年(1973)に(株)浅見商店・勝来酒造(株)・(株)桜井酒造店・(株)松本酒造店の4つの酒蔵が合併して生まれた会社で、蔵は良質の水と米を求めてこの地に新しく建設しました。

一ノ蔵の酒と言えば昭和52年に発売し一ノ蔵を代表する銘柄となった「無鑑査」シリーズ。一級酒の品質の酒を「無監査」の名で二級酒の価格で販売したこの戦略は、他の蔵の追随、国との攻防の末に、日本酒の級別制度の廃止のきっかけとなった酒でした。

一ノ蔵は本社蔵のある麓、松山市の中心市街地に直売所を兼ねた「酒ミュージアム」があります。

【酒ミュージアム・地酒や華の蔵】
住所:宮城県大崎市松山千石字松山 242-1
電話:0229-55-2700


使っているお酒は何とササニシキ。最近食米で仕込んだお酒が増えていますね。
米の旨みが凝縮されたような、ほんのりとバナナのような甘い香り。キリリと酸があって最初から最後まで辛口ですが、しっかりとした米の旨み、甘みもあります。生詰酒らしいどっしり感、一夏越した落ち着き感もあって、辛口ですがゆったりとしたお酒です。さすが、バランスの良いフレッシュ感の残るひやおろしの酒です。うまいです。

お気に入り度:3


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2016-12-03 08:38 | 宮城 | Comments(0)


f0138598_20210597.jpg

醸造元:李白酒造有限会社
URL:http://www.rihaku.co.jp/
住所:島根県松江市石橋町335
電話:0852-26-5555
創業:明治15年(1882)

使用米:-
精米歩合:58%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,296円(税込み)

島根県の県都である松江市は、江戸時代に松平家18万5000石の松江藩の城下町として発展した山陰最大の都市。戦災は受けなかった為に区画は昔のままで、今もなお武家屋敷や城下町の面影を残しています。
しかし、そんな松江市の中でも特に古い町並みが残されている地区に3軒の酒蔵があります。

ブランド的に松江市、いや島根県を代表する酒『李白』を醸す李白酒造は現在の松江市内で最も江戸時代の町人町の面影を残す石橋町に大規模な蔵を構える酒蔵ですが、創業は以外と新しい明治15年(1882) に個人商店としての出発。法人改組は昭和25年で、それ以来現在は希少となった有限会社を継続しています。

f0138598_20211915.jpg

酒銘の『李白』は唐の詩仙と称された「李白」に因んだものですが、それを命名したのが、この松江市出身でかつ大正・昭和の激動期に2度内閣総理大臣を務めた若槻礼次郎氏。さらに李白のラベルの「李白」の文字も同氏の揮毫(きごう)を写したものです。

都内の酒屋やスーパーにも並ぶ銘柄ですが、今回のお酒はちょっと限定酒。
牧歌的な 干し草のような香ばしい乳酸香を香りと舌に感じました。熟成された落ち着き感とスッキリとした透明感。生詰貯蔵はこんな感じになるのかな。でも適度な旨み甘みが乗った淡麗辛口の、飲みやすいお酒です。ややアルコール的なシャープさと機械的な香りを感じましたが、でも不快では無く、バランスとエッジのある旨さに通じる未来的なキレ?。うまいです。

燗にすると、以外に旨みは控えめに抑えられてあっさりとした飲み口に。淡麗なやさしい辛口のお酒。このお酒は冷やがおすすめ。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2016-11-09 20:21 | 島根 | Comments(0)

f0138598_10051596.jpg

醸造元:有限会社 新藤酒造店
URL:http://www.kurouzaemon.com/
住所:山形県米沢市大字竹井1331
電話:0238-28-3403
創業:明治3年(1870)

使用米:出羽燦々
精米歩合:60%
日本酒度:+1.0
酸度:1.4
アミノ酸度:-
アルコール度:14度
購入価格:720ml:1,728円(税込み)

米沢市の中心部から最上川、奥羽本線を越えて東郊外に広がる田園地帯の竹井地区。この小さな農村集落の中に豪農を思わせるような大きな屋敷と酒蔵を構える新藤酒造店は明治3年(1870)の創業。

主力銘柄は『羽陽富久鶴』ですが、近年は高品質の特定名称酒にウェイトをシフトして県内外の特約店を中心に精力的に展開、今や東京にもその名が知られるようになってきた新進気鋭の酒蔵です。

f0138598_10052874.jpg

新ブランド『九郎左衛門』シリーズは全て自社田で栽培された酒米を使ったお酒で、酒銘の『九郎左衛門』は代々襲名する蔵元の名。

この『九郎左衛門』は主に県内の一般の特約店向けのお酒ですが、そこから派生した地酒専門店・特約店向けの『雅山流』と『泉氷艦』、さらに業務用酒販店・飲食店向けの『千山万水』シリーズがあります。
これらの酒銘は仏教用語と蔵の専務で杜氏の新藤雅信氏の名の「雅」を合わせたもの。

無濾過生詰酒ですが、色は限りなく無色に近く、また香りは無く、飲み口はスッキリ。雑味のまるでない透明なマスカットのような爽やかさ。スペックからは想像できない高い次元の鮮やかな淡麗辛口のお酒。これは…うまい!!うまいです。

個人的には旨み、甘みありき系派ですが、これほど透明感の高いスッキリ淡麗辛口で、ここまで感動したのは初めてかも。

なるほど、都会に打って出る戦略で、アルコール度数をやや抑えて14度にした、ライトな感覚。それに総合的にハイスペックな純米吟醸を生詰して熟成さえて酒質設計の絶妙さ。
ハッキリ言えるのは、旨い酒です。っていうか、これはヤバイ!!やばい旨さのお酒です!!

お気に入り度:4



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2016-10-01 10:05 | 山形 | Comments(0)

f0138598_11083679.jpg

醸造元:香坂酒造株式会社
URL:http://www.ko-bai.sakura.ne.jp/
住所:山形県米沢市中央七丁目3-10
電話:0238-23-3355
使用米:出羽燦々
精米歩合:60%
日本酒度:+2.0
酸度:1.6
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,620円(税込み)

米沢市中心部の北側、中央七丁目の県道3号線「長井街道」沿いに蔵を構える香坂酒造は大正12年(1923)の創業で、屋号の通り創業当時から『香梅』という銘のお酒を醸します。丸い赤レンガの煙突が特徴で蔵はほぼ創業当時のもの。

一見大きな酒蔵に見えますが、実は従業員4名の小さな酒蔵。
仕込み米を素手で洗う作業から始まり、瓶詰めしたお酒に手でラベルを貼る作業まで、全て手作業。「すべてを手造りで」がこの蔵のこだわり。

f0138598_11084607.jpg

このお酒『峻』は「息子の挑戦 Part1 」というサブタイトル。現蔵元のご子息、香坂洋平氏が製造責任者として初めてプロデュースしたお酒で、特約店限定酒。

無濾過系でいろいろバリエーションがあるようですが、今回のお酒は生詰酒です。

華やかな香りどころか、わずかな香りも無いですけど、飲み口はスッキリとしたシャープさと、やさしく包み込むような甘みを持った雑味の無い淡麗辛口のお酒です。

日本酒を飲み続けてきて、趣向が変わったのかどうかは自分自身を精査中ですが、こんな淡麗辛口なのにちょっと感動する旨さに驚き。ああ。澄んだ甘みが同居…いや包み込んだ包容力というのかな?

キリッと凜としたような飲み口をやさしく包み込んで介抱して忘れさせる様な魔性的なキレ。
こ、これはうまいです。っていうかやばいです。うまい!!

栓を開けて数日置くと、やや渋味や苦味が強調された後味が際だってきますが、それはそれで、いずれにしてもうまいです。うまい!

お気に入り度:4




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2016-09-25 11:10 | 山形 | Comments(0)

f0138598_04212928.jpg

醸造元:松山酒造株式会社
URL:http://fujiyashop.pripri-online.com/
住所:山形県酒田市字荒町17
電話:0234-62-2003
創業:文政12年(1828)

使用米:出羽燦々
精米歩合:50%
日本酒度:-1.0
酸度:1.4
アミノ酸度:1.1
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,204円(税込み)

庄内平野の中心に位置し、JR羽越本線と陸羽西線が合流する鉄道の要衝の町、東田川郡余目町と最上川を挟んだ対岸の飽海郡松山町は江戸時代に庄内藩の支藩、出羽松山藩(後に松嶺藩)2万5,000石の小さな城下町「松嶺町」を中心地域として発達した町です。

現在の交通体系から外れているため、ひっそりと知名度はありませんが、酒田市で唯一の大手門が残されています。そう、平成の大合併で酒田市と合併してその一部となりました。

f0138598_04221108.jpg

松山酒造はかつての城下町の南側に位置する荒町で江戸時代後期の文政12年(1828)に創業。

以前は藤屋酒造本店という社名で酒銘も『天盃富士』でしたが、平成7年から社名を松山酒造に、酒銘も『松嶺の富士』と改めました。石数は約300石ほどの小さな酒蔵です。

このお酒は300本醸造限定酒で、ロットナンバーは130でした。

香りはクリーミーな乳酸香と気持ちフルーティーな香りが合わさったような。飲み口もほんのりとクリーミーで、爽やかで甘くメロンとスイカのような印象。酸の無いスッキリとした後味。

淡麗だけどどこかフルーティーな余韻。やさしい。これといったクセもインパクトは無いけれど、嫌なところがまるで無い。なんだかとても今風な印象。うまいよ。うまいですよ、これ。

お気に入り度:3


山形の地酒専門店厳撰美酒「阿部酒店」


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたら"ポチッ"とお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2016-09-13 04:22 | 山形 | Comments(0)

f0138598_07465743.jpg

醸造元:東北銘醸株式会社
URL:http://www.hatsumago.co.jp/
住所:山形県酒田市大字十里塚字村東山125-3
電話:0234-31-1515
創業:明治26年(1893)

使用米:出羽燦々
精米歩合:55%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:16度
購入価格:720ml:1,458円(税込み)

山形を代表する銘柄『初孫』の東北銘醸は山形県の庄内地方で最も大きな酒蔵です。

もともとは酒田の港町で代々回船問屋を営んでいた「金谷商店」の佐藤久吉氏が、明治26年(1893)に酒田港近くの本町で酒造業を創業したのがはじまり。酒銘は屋号と蔵元の名を略した『金久(きんきゅう)』。 しかし時代は変わり物流が回船から汽車に移って行く中で、回船業は衰退し酒造業がメインになります。

f0138598_21102760.jpg

平成6年に酒田市内から最上川の南の十里塚地区に酒造工場を移転しました。

酒銘の『初孫』は昭和のはじめに佐藤久吉氏に初孫が誕生した際、多くの人に愛され喜ばれる酒にしたいとの願いをこめたもの。

色は無色透明、ほのかにメロンのようなフルーティーな吟醸香とクリーミーな乳酸香がミックス。なめらかな飲み口ながら、シャープでガツンとした淡麗辛口。辛口だけどおだやかなキレ。後味にやや苦味渋味の余韻、若さが残るお酒です。でもそれらが不思議とアクセントになって盃が進みます。うまいです。うまい!

お気に入り度:3


昭和24年創業・山形の地酒なら株式会社丸俊「まるごと山形」


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたら"ポチッ"とお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2016-09-09 07:53 | 山形 | Comments(0)

醸造元:酒造株式会社
URL:http://www.yuki-sake.com/
住所:茨城県結城市結城1589
電話:0296-33-3371
使用米:五百万石
精米歩合:60%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:17度以上18度未満
購入価格:720ml:1,300円(税込み)

結城市は鎌倉時代に結城氏の城下町として発展し、江戸時代には結城紬で栄えた町です。今も町の中心部付近には、明治初期から大正期にかけて建てられた重厚な商家の古い町並みが残されています。
茨城や栃木など北関東の酒蔵は近江出身の商人が始めた蔵が多いのですが、この結城酒造もまた、関ヶ原の戦いが行われる6年前の文禄3年(1594)に近江出身の商人によって創業されました。当時の屋号は「近江屋」で、結城藩の御用商人を務めています。
現在の蔵は幕末の安政年間に建てられたもので、明治期築である高さ10mの煉瓦煙突と共に重要文化財に指定されています。代表銘柄は『富久福(ふくふく)』ですが、最近は徐々に『結(ゆい)』というブランドにシフトを始めているとか。結城市にはこの結城酒造の近くに首都圏でも知られる酒蔵『武勇』がありますが、こちらの結城酒造も近年新ブランド『結』でその知名度を高め始めています。

一度火入れ。生詰め酒でしょうか? メロンのようなフルーティーな香り。無濾過らしい米の旨みが詰まったフルーティーでフレッシュ、フルボディな飲み口。五百万石らしいさっぱり感とキレのバランスも良いですね。
ほどよい苦み、渋み、酸味の落ち着いた余韻を楽しめるお酒です。うまいです。

お気に入り度:4

f0138598_21383676.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2014-10-13 21:39 | 茨城 | Comments(0)

醸造元:聖酒造株式会社
URL:http://www.hijiri-sake.co.jp/
住所:群馬県渋川市北橘町下箱田380
電話:0279-52-3911
精米歩合:60%(舞風)
日本酒度:+3.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15~16度
購入価格:720ml:1,134円(税込み)

温泉町の玄関口として、また三国街道の宿場町として栄えた渋川市の南郊外。利根川を渡った赤城山の麓に蔵を構える聖酒造は、天保12年(1841)に初代傳兵衛が、前橋藩川通り二十六ヶ村の名主総代を務める今井善兵衛家より分家独立し、生糸商・質商を営みながら「今井酒造場」として酒造りを創業しました。屋号はその後「今井酒造」を経て昭和34年(1959)に現在の聖酒造となります。
酒銘の「関東の華」は関ヶ原の戦い後に徳川家康が江戸北辺の守りの要として酒井重忠に前橋城を与えた言葉「汝に関東の華をとらす」 に由来します。

秋まで生の状態で寝かして、出荷直前に火入れした生詰酒。薄いコハク色ですが、香りはありません。酸味と苦味が強い旨味の少ないお酒でした。また独特の香ばしいクセがあり、後味も強い渋味で終わります。
燗にしても、飲み口に角の取れた丸みは出てきますが、強い酸味と苦味は変わらず。後味の渋さもかわらずで、パンチがありすぎます。

お気に入り度:2

f0138598_536329.jpg


このお酒は群馬県前橋市の「上州の地酒たかはし与」で購入できます。


日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2014-04-29 05:36 | 群馬 | Comments(0)

醸造元:武の井酒造株式会社
URL:http://www008.upp.so-net.ne.jp/takenoi/
住所:山梨県北杜市高根町箕輪1450
電話:0551-47-2277
精米歩合:65%(長野県産・美山錦)
日本酒度:+5.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:17.5度
購入価格:720ml:1,480(円(税込み)

山梨県側では「清里ライン」の愛称で呼ばれる佐久甲州街道沿いの高原開拓地に経つ蔵で、創業は幕末の慶応年間(1865~68)とか。

武の井酒造は長年地元流通の普通酒と焼酎を造っていましたが、蔵元後継者であり現在杜氏を務める清水紘一郎氏により特定名称酒にシフトし始めました。その新ブランドである「青煌」には、東京農大短大部の醸造学科が分離した「つるばら」という花酵母を使用しています。この花酵母は最近では長野の酒蔵でも見かけるようになりました。

香りは控えめでいて直線的。澄んだシャープな飲み口と透明で鮮やかなキレがあり、旨みが奥に感じられます。鋭さを感じながらも全体的なやさしさは2年の熟成ゆえか。
開栓して日を置くと、メロンのような華やかさと混じり合う、強烈なパンチの効いた辛さに性格を変えます。飲んで楽しいお酒です。うまいです。

お気に入り度:3

f0138598_21545784.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2014-02-16 21:55 | 山梨 | Comments(0)

醸造元:株式会社高橋助作酒造店
URL:http://www.matsuwo.co.jp/
住所:長野県上水内郡信濃町大字古間856番地1
電話:026-255-2007
精米歩合:59%(長野県産・美山錦)
日本酒度:±0
酸度:2.0
アミノ酸度:-
アルコール度:17度
購入価格:720ml:1,575円(税込み)

新潟県と接する長野県北部に位置する上水内郡信濃町。実は江戸時代の俳人・小林一茶の生地でもあったります。ちなみに信濃町のゆるキャラは「一茶さん」。長野県最北の蔵の一つ高橋助作酒造店のある古間地区はかつて北国街道の小古間宿と小間宿があって賑わった町で、酒蔵が建つのはかつての小古間宿のはずれ。ここで1875年(明治8年)に創業。酒銘の「松尾」はその名のとおり醸造の神様、京都市西京区にある松尾大社にちなんだもの。

酒銘の副タイトルである「荒瀬原」とはこの信濃町の荒瀬原地区の美山錦を使って醸したお酒です。
やわらかなメロンのような香り。飲み口は淡麗ながらも生づめ酒らしいフレッシュ&フルーティー、メロンのような爽やかさがありました。酸が少々強めのキレがあり、苦味の余韻がほんのわずか続きますが、サッと消えていく淡麗辛口のお酒。うまいです。

お気に入り度:3

f0138598_20363782.jpg



日本酒人気ブログランキング
に参加しています。
日本の地酒・小さな酒蔵を応援!!ポチッとお願いします。
[PR]
by tztom | 2013-12-22 20:37 | 長野 | Comments(0)