タグ:生酒 ( 115 ) タグの人気記事

f0138598_07075292.jpg

醸造元:宝劔酒造株式会社
URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~houken/
住所:呉市仁方本町1-11-2
電話:0823-79-5080
創業:明治5年(1872)

使用米:八反錦(広島県産)
精米歩合:55%
日本酒度:+3.0
酸度:1.4
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,620円(税込み)


瀬戸内海に面した、呉市東部に位置する小さな酒どころ仁方町。

古くは「新潟」、戦国期には「仁賀田」と書かれその地名が語るように、瀬戸内海に広がる低湿地帯を生かして塩浜業と製塩関連業で栄えた町でした。

そして商業的に栄えれば酒の需要の多くなり、良質な水と在郷の米によって現在も4軒の酒蔵がひしめいています。

今や全国に広く知られる広島を代表するブランド『雨後の月』の相原酒造もこの仁方町の酒蔵ですが、同じ町内に蔵を構えるこの宝劔酒造もまた負けず、現在6代目蔵元土井忠明氏の長男で杜氏を務める土井鉄也氏によって今や全国に注目される地酒銘柄に成長中です。

f0138598_07340475.jpg

宝劔酒造の前身は瀬戸内海の島々に販路を持つ海運業でしたが明治5年(1872)に酒造業に進出したそうです。

酒銘の『宝剣』は、酒蔵の敷地内にある、「宝剣名水」と呼ばれる1日毎20トンもの湧き水に由来します。


色は無色に近く、香りは控えめながらも、ほのかにクリーミーな香り。

しかし飲み口は濃醇な旨さ。

吟醸酒の生酒らしい若い華やかさがありますが、それほどじゃじゃ馬ではありません。

やや若々しい酸味と共にフレッシュな果実のような甘さが口の中に広がります。

シュワシュワと、そしてスーっと消えていくキレ。

これはうまい!!

うまくて、飲んで楽しいお酒ですよ。

ああ、いいな〜。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-02-25 07:07 | 広島 | Comments(0)

f0138598_22511386.jpg

醸造元:金光酒造合資会社
URL:http://www.kamokin.com/
住所:広島県東広島市黒瀬町乃美尾1364-2
電話:0823-82-2006
創業:明治13年(1800)

使用米:雄町
精米歩合:50%
日本酒度:+3.0
酸度:1.5
アミノ酸度:-
アルコール度:16度
購入価格:720ml:1,620円(税込み)

広島県西条地区から少し離れた黒瀬町地区。
かつては人口約2万4000人が暮らす加茂郡黒瀬町でしたが、平成の大合併で2005年に東広島市に編入されました。

この黒瀬町で明治13年(1800)に創業した金光酒造(かねみつしゅぞう)。

国道沿いに白壁土蔵と石州瓦、広い駐車場を持つ酒蔵です。

創業当時の銘柄は『賀茂の露』『鬼酔』『桜吹雪』などがありましたが、やがて上位銘柄の『桜吹雪』をメインブランドとします。

平成に入り季節雇用という蔵人制度の維持が困難になり、いち早く自動化を導入して普通酒醸造を始めますが、個性的な酒造りを目指して平成15年(2003)に新ブランド『賀茂金秀』を立ち上げました。

この『賀茂金秀』は特約店向けの限定ブランドですが、由来は金光酒造5代目に当たる蔵元、金光秀起氏の氏名を縮めたもの。

ちなみに山口県にも金光酒造がありますが、関係は不明です。



バニラアイスのようなクリーミーな香りです。

飲み口はまさに「バニラメロンソーダ」!!的な。

クリーミーさと、メロンのようなフルーティーさと。シュワシュワとした生酒らしいフレッシュさ。

どう味わってもメロンクリームソーダのような飲み口。

日本酒?

でも、うまい!!

若いながらも厚くダレる事なく、酸味・苦味・渋味もやさしいレベルでバランス良く保たれ、すばらしくスッキリとしたキレ。

後味の余韻もメロンクリームソーダだ。

後味の渋味がいい。

うまい。
うますぎる。
そしてキレイすぎる!

若いのに派手さが無く、上品な華やかさはありあがら。
楽しくて、しあわせな気分になれるお酒でした。


お気に入り度:4



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-02-23 22:51 | 広島 | Comments(0)

f0138598_21573591.jpg

醸造元:中国醸造株式会社
URL:https://www.chugoku-jozo.co.jp/
住所:広島県廿日市市桜尾1-12-1
電話:0829-32-2111
創業:大正7年(1918)

使用米:八反錦
精米歩合:60%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:16度以上17度未満
購入価格:720ml:1,419円(税込み)

広島市の西に接する廿日市市(はつかいちし)は古くから山陽道山陽道(西国街道)の宿場町、また対岸に浮かぶ宮島(厳島神社)の造営・修繕にともなう木材の集積を基盤とした木材産業の町として発展しました。

廿日市市(はつかいち)とは二十日市の事で、古くからの市場町でありその起源は鎌倉時代にまで遡ります。

かつての宿場町として栄えた廿日市市中心部の海に面した山陽道(国道2号線)沿いに大きなビルと工場を構える中国醸造は大正7年(1918)に中国醸造合資会社として設立されました。

中国醸造は清酒の他焼酎、みりん、リキュール、ワイン、さらに近年は戸河内ウイスキーなど様々なお酒をつくる広島を代表する総合酒類メーカーです。

また化粧品事業では『植物乳酸菌の恵み』シリーズを展開。

また、ドイツのツーパック社と共同で、世界初の紙パック酒を開発した蔵でもあります。

合成清酒などでは『自慢桜』『賀茂美人』『加茂菊』『賀茂小町』などがありますが、

特定名称酒での主力銘柄は『一代』と『一代弥山』など。

宮島こと厳島の主峰「弥山」を意味するその酒銘の文字は、広島の茶道・上田宗箇流の家元、上田宗冏氏による書。

香りは控えめです。

「おりがらみ」ですが、ほとんど無色透明です。

飲み口の最初に酸を感じますが、すぐに甘み、旨味が続くフルーティーなハーモニー。

苦味と渋味が若々しく、でもキリリとした、さすが大手な安定感。

ほんのり苦味のあるキレ。

うまい。

うまいですよ。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-02-04 21:57 | 広島 | Comments(0)

f0138598_19315751.jpg

醸造元:吉田酒造有限会社
URL:http://chikubu-sakura.com/
住所:高島市マキノ町海津2292
電話:0740-28-0014
創業:明治10年(1877)

使用米:玉栄
精米歩合:60%
日本酒度:+7.0
酸度:1.9
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,404円(税込み)

滋賀県の酒で一番最初に飲んだ酒が吉田酒造の『鳰の竹生嶋』でした。

酒蔵のある海津は琵琶湖の最北端に位置する、今も古い町並みが残る町で、平成の大合併によって高島市に編入される前は、カタカナ名のマキノ町にありました。

古くより北陸と京都をむすぶ交通の要所として栄えた港町で、江戸時代から昭和初期まで、若狭から山越えで運び込まれる米や海産物などの北陸の物資を、琵琶湖を利用して京阪神に運ぶ湖上交通の中継地として栄え、最盛期には100隻近い丸子船(輸送船)を擁する大きな港町でした。

吉田酒造は明治10年(1877)に創業し、地元では50%のシェアを越える地元に根ざした酒蔵です。

吉田酒造は現在、『竹生嶋』 『花嵐』 『緑樹影』と使う米によって主に3つのブランドを展開しています。

主力銘柄の『竹生島』は、奥琵琶湖に浮かぶ周囲2kmの小島で、古来より、神の棲む島とも言われた信仰の島。都久夫須麻神社(竹生島神社)と宝厳寺(西国三十三所三十番)があり、基本人は住んでいません。

f0138598_19314737.jpg

ちなみに、いまは『竹生島』ですが、以前は『鳰の竹生島』(におのちくぶしま)でした。


うすいコハク色で、木樽のような香りがしました。

飲み口は酸が強く、渋味と苦味も若々しく、パンチのある酒です。

干し草、藁のような香ばしさは終始続きます。

辛口純米と言うようにキレキレですが、しかし背後から旨味が顔を出して後味はさわやか。

料理を選ぶかな?と思いましたが、結構どんな料理にも合いました。

10年ぶりに飲みました。

うまいです。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2017-12-02 19:33 | 滋賀 | Comments(0)

f0138598_18062618.jpg

醸造元:有限会社平井商店
URL:http://www.biwa.ne.jp/~asajio/
住所:大津市中央1丁目2-33
電話:077-522-1277
創業:万治元年(1658)

使用米:吟吹雪
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:2.0
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,620円(税込み)

滋賀県の県都、大津市は古くから琵琶湖の湖上交通の要衝であり、物流の中継地として栄えた町。

町の中心部にある中町商店街。アーケードに覆われたこの商店街の一角に蔵を構える平井商店は江戸時代初期の万治元年(1658)に創業した歴史の古い酒蔵です。

f0138598_18064681.jpg

かつては「大津酒」という言葉があり、この一帯は酒造りが盛んな土地でしたが、現在大津市の中心部に残る酒蔵はこの平井商店1軒のみ。

酒銘の『浅芽生』(あさぢお)は1677年に後水尾天皇皇子・聖護院宮道寛親王から賜った和歌より命名されたもので、「浅芽生」とは、葦に覆われた波打ちぎわを表す枕詞だそうです。


控えめながらもほのかにメロンのような立ち香。

フルーティーであると同時に、ほのかに木の香りを感じます。

飲み口は無濾過生原酒らしいフレッシュでフルーティー。
甘い米の旨みが濃醇で若々しいお酒です。

酸はひかえめ、苦味、渋味もほどよい若さ。

うまい、これはうまい酒です。

お気に入り度:4



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2017-11-23 18:09 | 滋賀 | Comments(0)

f0138598_17573223.jpg

醸造元:小弓鶴酒造株式会社
URL:http://www.koyumitsuru.jp/
住所:愛知県犬山市大字羽黒字成海郷70
電話:0568-67-0033
創業:嘉永元年(1848)

使用米:-
精米歩合:70%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:19度以上20度未満
購入価格:720ml:1,280円(税込み)

愛知県の最北端、国宝・犬山城がそびえ「尾張の小京都」と呼ばれる犬山市。
明治村がある町としても知られています。

この犬山市にはかつて10軒以上の酒蔵がありましたが、現在は東洋自慢酒造と小弓鶴酒造の2軒が残ります。

いずれも町の南郊外の羽黒地区にあります。

小弓鶴酒造の創業は江戸時代末期の嘉永元年(1848)で、この地の庄屋だった吉野新右衛門が尾張藩の勘定奉行所からお墨付きを受け酒造りを始めました。

創業当時の屋号は吉野家酒店でしたが、大正10年(1921)に五代蔵元・吉野茂二によって吉野酒造場となり、昭和28年(1953)に小弓鶴酒造となりました。

酒銘にもある「小弓」とは、中世からのこの地の地名「小弓の庄」に由来。

平成10年(1998)には地ビール『犬山ローレライ麦酒』製造を始め、現在は日本酒よりもこちらがメインになってるようです。

しかし、平成18年(2006)に酒蔵が火事により焼失。県内酒造会社の協力を得て事業を再開しました。

f0138598_17571487.jpg

今回のお酒は「上撰」つまり普通酒の新酒、生原酒です。

色はうすいコハク色。ほのかにラッカー系の酢酸エチル香がありました。

若々しい強い酸のあるパンチの効いた芳醇な飲み口。

後味はキリリとした辛口。というよりも刺激のある辛さ。

開栓してしばらくすると、エチル香は消えて感じなくなりました。

飲み口もクリーミーで芳醇で甘みもあって。刺激があるけど飲みやすいお酒です。うまいですね。

あとから舌にくる華やかな香り。

後味はきれいでうまい!!


お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2017-08-26 17:57 | 愛知 | Comments(0)

f0138598_22053333.jpg

醸造元:大塚酒造株式会社
URL:http://www.ikeda-net.or.jp/mall/otsuka/
住所:岐阜県揖斐郡池田町池野422
電話:0585-45-2057
創業:明治17年(1884)

使用米:山田錦(池田町産)
精米歩合:70%
日本酒度:+6.0
酸度:1.8
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,890円(税込み)

岐阜県第2の都市、大垣市の北西約8kmの場所にある揖斐郡池田町に大塚酒造はあります。

池田町を南北に通る谷汲街巡礼街道は、中山道赤坂宿を起点として、 西国33番霊場の谷汲山華厳寺に至る巡礼の道です。

池田町の中心部池野地区の谷汲街巡礼街道沿いに蔵を構える大塚酒造は家族経営の小さな酒蔵。

先祖は元々大垣市中心部の久瀬川町で油商を営んでいたそうですが、洪水によって廃業してしまいます。

明治17年(1884)に当時巡礼街道沿いに花街として栄えていた池野の町に六斎市が立ち、市場町として開発が始まります。この年に大塚家はこの池野で酒造りを始めました。

初代蔵元清太郎の「清」と妻お松の「松」をとって名付けられたのが最初に酒銘『清松正宗』(せいしょう まさむね)。

やがて昭和に入ると大手酒造メーカーへの桶売りで細々と生計を立てていたものの、その契約打ち切りによって廃業の道を余儀なくされます。

しかし当時、大垣市にあった「五明酒造」(現在は廃業)で杜氏を務めた原田利治氏の支援によって再出発しました。

そして現在、地元だけでなく県外の専門店にも販路を広げ、精力的な酒造りを行う新進気鋭の酒蔵に。

f0138598_22052471.jpg

主力銘柄は地元の酒米「はつしも」を使った『初霜』と、山田錦・五百万石を使った純米酒『竹雀』です。『竹雀』とは大塚家の家紋の事。

最近流行の無濾過生原酒。香りはメロンシロップのような甘い吟醸香。飲み口には発泡性のシュワシュワを感じます。

若い、若くてフルーティー。

濃醇でいながら酸が立つ。後半辛口シュワシュワすっきり。やや渋味の乗った後味。

フルボディでまったりと飲む酒。うまい、うまいな〜。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2017-07-28 22:06 | 岐阜 | Comments(0)

f0138598_19403931.jpg

醸造元:日本泉酒造株式会社
URL:http://www.nihonizumi.co.jp/
住所:岐阜県岐阜市加納清水町3-8-2
電話:058-271-3218
創業:江戸時代末期

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:1.9
アミノ酸度:-
アルコール度:17度以上18度未満
購入価格:720ml:1,540円(税込み)

JR岐阜駅の目の前に建つ14階建てのビル。
一見、酒蔵に見えないこのビルが日本泉酒造です。

日本泉酒造の創業は江戸時代末期で今の場所から少し離れた茶屋新田という場所で材木業を営む傍ら酒造業を創業したそうです。

明治9年に現在の場所へ移転しますが、戦時中に空襲で蔵を焼失。

昭和25年に酒蔵を再建しますが、今度は 平成14年に、岐阜市駅前の再開発に伴い現在のマンションに建て替えました。

ビル型の酒蔵は広島の原本店が先駆けですが、建て替えにあたりアドバイスを受けたそうです。

14階建てのマンションの地下1階部分に酒蔵があり、地上1階には売店が設けられています。

f0138598_19405246.jpg

蔵のこだわりは、三季醸造、無濾過火入れ無し、すべて槽(ふな)しぼり、製造量は約300石ですが、現在四季醸造に向けて設備を更新中だそうです。

薄いコハク色とほんのおりがある、フルボディな飲み応えのフルーティーなお酒です。

荒々しい酸が立って若々しさもあって無濾過生原酒らしい飲み応え。うまい!うまいよ。

飲み続けると、フレッシュな甘さと張り合うように、とにかく酸が強い。でもそれがブルボディなこのお酒の飲み口と相成って、料理と対等に合わさります。うまいです。うまい!。

お気に入り度:4


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2017-07-25 19:41 | 岐阜 | Comments(0)

f0138598_18132603.jpg

醸造元:武内合資会社
URL:http://www.takeuchi-shuzo.jp/
住所:岐阜県大垣市伝馬町1
電話:0548-81-3111
創業:延享元年(1744)

使用米:-
精米歩合:55%
日本酒度:-1.0
酸度:1.4
アミノ酸度:-
アルコール度:16度
購入価格:720ml:1,728円(税込み)

大垣市は、古くから東西交通の要衝として、経済・文化の要衝として栄えてきた岐阜県第2の都市です。
江戸時代は戸田氏10万石大垣藩の城下町として栄え、豊富な地下水に恵まれている事から「水の都」とも称されています。

JR大垣駅南口から徒歩約5分ほど。旧美濃街道沿いに武内合資会社が蔵を構える伝馬町はその名の通り江戸時代の大垣城下町時代に伝馬会所が置かれた事に由来。

武内は古くからの商家で、江戸時代中期の延享元年(1744)に、この大垣城下で造り酒屋を始めました。
また酒や塩の販売業として「塩鎌屋」という屋号を持っています。

f0138598_18133623.jpg

創業当時の銘柄は『兄花』(このはな)といいましたが、現在の主力銘柄は『大垣城』と『美濃紅梅』です。

『美濃紅梅』は岐阜市にある梅の名所である梅林公園にちなんだもの。

戦後の一時期には、味噌や醤油、酢・ソース作りなども手がけていた事もあったそうです。

『一滴千山』(いってきせんざん)とは「一滴の水でさえ沢山になり、多くの山々をゆったりと潤す」という意味の「一滴千山潤」に由来。

色は無色透明で香りも控えめですが、飲み口から華やかでフルーティーな甘みが膨らみます。

原酒ですがアルコール度は16度。日本酒度がマイナス1.0度からくる甘さと深みのある米の旨み。後味はまろやかにスッキリとしたキレできれいにまとめ上げて心地よい余韻に。これは旨い!うまいです。

深くて、芯がしっかりとあって、それをバランスよく重厚にまとめあげている。うまい酒だ〜。

お気に入り度:4




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2017-07-22 18:14 | 岐阜 | Comments(0)

f0138598_07104246.jpg

醸造元:白扇酒造株式会社
URL:https://www.hakusenshuzou.jp/
住所:岐阜県加茂郡川辺町中川辺28
電話:0574-53-2508
創業:江戸時代後期

使用米:五百万石
精米歩合:55%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:17度以上18度未満
購入価格:720ml:1,296円(税込み)

加茂郡川辺町は岐阜県の中南部、濃尾平野の北端に位置し木曽川の支流の飛騨川が流れる町です。

その川辺町の中心部、中川辺は江戸時代に旗本大島氏が知行する中心地となり、川辺中之番とも称された町として発展。大島氏は濠をめぐらした居館を中心に武家屋敷を形成し、美濃・飛騨を結ぶ交通の要衝として栄えました。

町の中心部に蔵を構える白扇酒造の創業に関しては詳細な記録は無く、江戸時代後期に近くの清酒の蔵元から酒粕を仕入れて加工したみりん屋が出発だったそうです。

明治時代には加藤醸造店となり、日清戦争を機に明治32年から清酒の醸造もはじめました。
工場もいくつかありましたが現在は隣の八百津町にあります。

f0138598_07103448.jpg

ながく主力銘柄は『黒松白扇』でしたが、特定名称酒を中心とした新ブランド『花美蔵(はなみくら)』が現在の主力銘柄に変わりました。

この季節限定酒は、もろみを入れた酒袋をその自重にて絞る昔ながらの「槽(ふね)」でつくったお酒だそうです。

色は透明に近い薄いコハク色。香りはひかえめな甘さ。しぼりたて生酒にあるトゲトゲしい若さは無く、家柄の良いお嬢さまのような上品でいながらスッキリとした甘さとフルーティーなのどごし。うまい。これはうまい!

純米吟醸の生酒なのにこのコスパ。うまいな〜。


お気に入り度:4




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2017-05-04 07:10 | 岐阜 | Comments(0)