タグ:純米吟醸酒 ( 281 ) タグの人気記事

f0138598_16023666.jpg

醸造元:太陽酒造株式会社
URL:http://taiyoshuzo.sunnyday.jp/
住所:兵庫県明石市大久保町江井島789
電話:078-946-1153
創業:天保10年(1839)

使用米:山田錦(兵庫県産)
精米歩合:60%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:18度以上19度未満
購入価格:720ml:1,600円(税込み)

兵庫県明石市と言えば「たこ」や「明石焼き」で知られる、人口約30万人が暮らす中核都市。
古くから明石海峡を挟んで淡路島や四国に通じる玄関口であると共に山陽道及び丹波国、但馬国へと通じる諸街道が分岐する交通の要衝として栄え、江戸時代には越前松平家6万石明石藩の城下町として発展しました。

この明石は日本最大の酒どころとして知られる神戸市の「灘」地区の西に接し、明石市側も古くは「西灘」と呼ばれ、最盛期の明治時代には60軒もの酒蔵がひしめいていました。

しかし、現在市内に残るのはわずか5軒のみ。

太陽酒造の前身は「ホシカヤ」の屋号で廻船問屋を営んでいた田中利助が、江戸時代後期の天保10年(1839)に酒造業に進出し、この年を創業年としています。屋号は「中利」。

f0138598_16025087.jpg
昭和33年(1958)に現在の太陽酒造株式会社に社名変更しました。

現在の蔵元は6代目の田中忍氏が杜氏を兼任。

最盛時には800石ほどは造っていたそうですが、現在は家族を中心とした少数精鋭で50石~100石を造っているそうです。

山田錦を使った無濾過生原酒を主力としています。


香りは控えめですが、どっしりとした酸と、力強い甘み、しゅわ〜っと炭酸系。

生きているお酒感たっぷり。

飲み応えがあり、どっしりとした酸で受け止める、
芳醇辛口系。

若くて渋い。ワイルドでいうなれば「ハードボイルド」なお酒。

でも、 

キレイな生原酒です。

重くない。
やさしい押しつけ。

後味はほんのりフルーティーでドライ。

うまい!!

うまいです。


お気に入り度:4




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-12-16 16:15 | 兵庫 | Comments(0)

f0138598_00074762.jpg

醸造元:鳳鳴酒造株式会社
URL:http://houmei.wixsite.com/houmeisyuzou
住所:兵庫県篠山市呉服町73
電話:079-552-1133
創業:寛政9年(1797)

使用米:山田錦・五百万石
精米歩合:50%
日本酒度:±0
酸度:1.5
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:2,210円(税込み)

兵庫県の中東部に位置する篠山市は、古くから丹波篠山と呼ばれ京都への交通の要衝として栄えてきた城下町です。

西国の押さえとして幕府の戦略拠点であり、江戸時代には青山家篠山藩6万石の城下町として栄えました。

今も古い町並みが軒を連ね城下町の面影を残す呉服町に蔵を構える鳳鳴酒造は江戸時代中期の寛政9年(1797)に西尾酒造として創業。

しかしその後、終戦を迎えた昭和20年(1945)に篠山市内の13の蔵が合併して多紀酒造有限会社が生まれました。

主力銘柄の『鳳鳴』は、江戸時代の篠山藩校の流れをくむ「鳳鳴義塾」にちなむもの。

平成8年(1996)に現在の鳳鳴酒造に社名変更しました。


f0138598_00063886.jpg


国の有形文化財に登録されている築200以上の歴史を伝える商家建築の店舗は「ほろ酔い城下蔵」店舗のほか観光案内所やイベントスペースとして公開されています。

「音楽振動醸造酒」とは、音楽を振動エネルギーに変換して酒造りの桶に伝えることによって、酵母菌が音楽を感じ醸造されるお酒の事で、酒の分子構造が細かくなるそうで、分子構造が細かくなると内蔵への負担も少なく二日酔いしにくいそうです。
さらに音楽によって酵母の死滅率も下がって、マイルドできめ細やかなお酒になるという、本当かどうかは知りませんが、最近は音楽醸造を行う蔵は増えてます。

鳳鳴酒造はその先駆けです。

この純米吟醸は「モーツアルト交響曲第40番」を聞かせて造られました。

このお酒は兵庫県の「地酒」としては最初に訪れて飲んだお酒でした。

実に11年ぶりに飲みましたが、ラベルデザインも変わっていません。

感慨深いお酒です。


色は無色透明で香りも透き通ってます。

スッキリとした飲み口にやさしい甘み。

酸は少なく、渋味と苦味もバランス良くやさしく透明な余韻。

キレイなキレ。

透明な余韻。

うまい。

やっぱりうまかった。


お気に入り度:4





↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-12-02 00:11 | 兵庫 | Comments(0)

f0138598_03150427.jpg

醸造元:白鷹株式会社
URL:https://hakutaka.jp/
住所:兵庫県西宮市浜町1-1
電話:0798-33- 0001
創業:文久2年(1862)

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:+4.5
酸度:1.7
アミノ酸度:-
アルコール度:16度以上18度未満
購入価格:720ml:1,620円(税込み)

高度成長期の安酒が全盛時代でも品質重視の酒造りを続けた事から「灘の良心」と言われた白鷹。

全国で唯一、伊勢神宮の神宮御料酒に選ばれている蔵でもあります。

『白鷹』という銘柄は中国に古来から伝わる霊鳥に由来。

約7万1000石の生産石数を誇る大手酒造メーカー辰馬本家酒造の分家(北辰馬家)で、石数は約5,000石と中堅の酒造メーカーです。

北辰馬家は江戸時代初期の寛文2年(1662)に創業した辰馬本家から明治初頭に分家した一つで、他に南辰馬家、松辰馬家、柳辰馬家、本町辰馬家などがあります。

北辰馬商店は創業当初、同じく西宮にあった雀部(ささべ)家の「鱗蔵(うろこぐら)」を買い取って酒造りを始めました。「鱗印」のブランドで江戸に輸出しています。

昭和4年に(1929) 「北辰馬商店」から「株式会社辰馬悦蔵商店」と社名変更。

平成4年(1992)に現在の社名となります。


香りは控えめですが、旨味があってキレもいいです。

ベストバランス。
さすが。大手の安定感。

すっきりとした飲み口。

うん。うまい。


燗にすると、乳酸的なクリーミーさが出てきました。

なめらかでコクのある旨口。
ややアルコール香が鼻に感じ、ややヨーグルトのような乳酸香が残ります。

酸は控えめで、にがみ渋味もやさしいお酒です。

燗うまい。

うまいです。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-11-24 03:16 | 兵庫 | Comments(0)

f0138598_15424091.jpg

醸造元:辰馬本家酒造株式会社
URL:http://www.hakushika.co.jp/
住所:兵庫県西宮市建石町2-10
電話:0798-32-2761
創業:寛文2年(1662)

使用米:山田錦
精米歩合:60%
日本酒度:+1.0
酸度:1.4
アミノ酸度:-
アルコール度:14度以上15度未満
購入価格:720ml:1,058円(税込み)

兵庫県の酒を飲み始めると、大手酒造メーカーの酒も避けて通れません。

辰馬本家酒造は灘五郷、西宮市の清酒大手メーカーで、生産石数のランキングでは11位(2016年)

創業は江戸時代初期の寛文2年(1662)で当主は代々「辰屋吉左衛門」(のち辰馬吉左衛門)を名乗ります。

現在に至るまで同社の社長・会長は代々辰馬家から輩出され、辰馬家により同族経営が行われています。

明治に入り「辰馬本家商店」となって、酒造業の他に土地開発や金融業、海運業、海上火災保険業などさまざまな事業を手がけては辰馬財閥を形成し、現在も学校経営を行っています。

またこの頃、辰馬家は分家が進み、北辰馬家、南辰馬家、松辰馬家、柳辰馬家、本町辰馬家などが生まれました。

ちなみに北辰馬家は、現在の白鷹 (株)です。

銘柄の『白鹿』は中国で古来から縁起のよい霊獣のひとつに由来。


栓を開けてまず...意外にも牧歌駅な香り。

香ばしく芳醇な飲み口。厚みのある旨味。

う〜ん。あれ?
結構地酒っぽい。

ある意味これは山田錦っぽいクセかな。

冷、ちょっと評価ふつ〜。でも。

燗にしてみる...。

まず、うまい!!

しっかりとした旨味。

つづいてなめらかで透明感のある渋味と苦味。旨味とのバランス。

スッキリとしたキレ。

いや〜うまい。

これは燗がうまいです!!

燗最高!!

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-11-23 15:43 | 兵庫 | Comments(0)

f0138598_22155238.jpg

日本盛 惣花 純米吟醸[日本盛]
醸造元:日本盛株式会社
URL:http://www.nihonsakari.co.jp/
住所:西宮市用海町4-57
電話:0798-32-2501
創業:明治22年(1889)

使用米:-
精米歩合:55%
日本酒度:−4.0
酸度:1.6
アミノ酸度:1.4
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,699円(税込み)

兵庫県の酒を飲み始めると、大手酒造メーカーの酒も避けて通れません。

テレビコマーシャル「ニホンサカリはよいお酒」で有名な日本盛。

灘五郷の一角を担うメーカーで日本酒の生産高は5位。
大関、白鹿などと並ぶ、日本酒の一大産地西宮市の酒造メーカーです。

日本盛の創業は明治21年(1888)近代化に目覚めた青年たちが結成した南摂青年協力会がその始まり。
その南摂青年協力会の中でも西宮の発展に役立つ事業を企てようとする有志たちがつくった青年有為会の役員が中心となって明治22年(1889)に設立したのが清酒メーカー日本盛の前身である西宮企業会社でした。

明治29年には西宮酒造株式会社に社名変更。

明治30年に『日本盛』の商標を登録しました。

西宮酒造から現社名の日本盛株式会社と社名変更したのは平成12年(2000年)になってから。

今回初めて知った『惣花』銘柄。宮内庁御用達問屋「加島屋」が販売するオリジナルブランドで日本盛が製造元という関係。


香りはひかえめでシャープなほど淡麗な飲み口。

中盤から酸が引き締めながら、後味にも残る辛さ。

スペック上では日本酒度マイナス4.0度となっていますが、

いやいやいや....。+8.0度くらいかと思いました。

ここで、純米吟醸だけど燗にしてみました。

透明感があって、華やかさが上昇してくる感的な。

でも、冷やよりもやさしく、懐が広く、なめらかで優しいうまさ。

燗もいいよね。

と、いうか燗がやさしくてうまい。


お気に入り度:3





↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-11-22 22:23 | 兵庫 | Comments(0)

f0138598_01481073.jpg


醸造元:株式会社安福又四朗商店
URL:http://daikoku-m.com/
住所:兵庫県神戸市東灘区御影塚町1-5-23
電話:078-851-0151
創業:宝暦元年(1751)

使用米:夢錦(兵庫県産)
精米歩合:60%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,620円(税込み)

灘五郷の一つ「御影郷」に蔵を構える安福又四朗商店は(やすふくまたしろうしょうてん)は江戸時代中期の宝暦元年(1751年)に創業した灘の老舗酒蔵の一つです。

酒銘の『大黒正宗』は、1900年代に臨済宗妙心寺派管長、山田無文氏が銘々。

神戸酒心館の斜向かいに蔵はあり、戦後は大量生産を行う設備を整え、東京エリアでラジオCMを流すほどの灘の中堅蔵でした。

しかし、1995年の阪神淡路大震災で木造蔵はすべて倒壊。酒蔵廃業の危機でしたが、白鶴酒造の支援のもとで、わずか4人の蔵人により手造りの小さな蔵として再出発しました。

現在の蔵は白鶴酒造の「吟醸蔵」(白鶴本店弐號蔵)です。


今回のお酒は「兵庫夢錦」という酒米で造られています。
この「兵庫夢錦」は「菊栄」と「山田錦」を掛け合わせて作られた酒米で、シャープな印象のスッキリとした日本酒になるそうです。


さて、香りはなく、シャープな辛さの淡麗辛口。

が最初の印象。

飲み進めても、旨味もほとんど無く...

辛口の白ワインのようなさっぱり辛口系。

西洋系の魚介系料理と合いそうです。

灘の男酒。?

の上を行く、辛い。とにかく淡麗で辛いお酒。

ドライまで行かないけどシャープな辛口。

でもほのかに旨味が余韻で残るので、

ほんのり、うまい。

辛口好きのお酒でした。


お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-10-26 01:49 | 兵庫 | Comments(0)

f0138598_19565943.jpg



醸造元:株式会社 小山本家酒造 灘浜福鶴蔵
URL:https://www.hamafukutsuru.co.jp/
住所:神戸市東灘区魚崎南町4-4-6
電話:078-411-8339
本社:埼玉県さいたま市西区指扇1798
創業:江戸時代末期

使用米:山田錦
精米歩合:60%
日本酒度:+3.0
酸度:1.3
アミノ酸度:1.2
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,400円(税込み)

灘五郷は魚崎。灘の酒蔵の中でも特に歴史のある櫻正宗酒造の隣に蔵を構える灘浜福鶴蔵もまた江戸時代末期の創業です。

明治初期には『大世界』という銘柄の酒を造っていましたが、戦時中の企業整備令により菊正宗酒造と合併します。

しかし終戦後、姫路の味噌・醤油などの醸造元が資本参加して独立再開しました。

銘柄は『福鶴』でしたが、富山県の福鶴酒造や長崎県の福田酒造の「福鶴」との避ける為か銘柄を『浜福鶴』として社名も浜福鶴銘醸としました。

日本酒不況と後継者難により廃業の危機にも直面しましたが、東日本最大の酒造メーカー小山本家酒造(埼玉県さいたま市)の傘下に入り酒造りを継続。

平成7年(1995)の阪神・淡路大震災では浜福鶴銘醸の蔵は全壊、近代的な観光酒蔵「浜福鶴吟醸工房」として再出発します。

その後2013年には小山本家酒造に吸収合併され「小山本家酒造 灘浜福鶴蔵」となりました。

『空蔵』(くぞう)というブランドはゼロからの再出発の意味を込めて、ゼロ(空)の蔵の意味です。

会社としては埼玉の酒蔵になるのかな〜?

近年は日本全国レベルでの酒造メーカーの吸収・合併・経営統合が盛んなので、無国籍化ならぬ無地域化といった国内グローバリズムが始まった印象です。


無濾過のうすにごり系。

立ち香は、とにかく米の旨みが凝縮したようなフルーティーな吟醸香です。

飲み口はシャープなキレの辛口酒ですが、最初に旨味があって、やさしく後半のキレにバトンタッチ。

さすが、大手蔵の技術力。

若々しい酸と荒さとうまくまとめる安定感。

苦味と渋味をうまくまとまった余韻は...

うまい!!

押しつけるような若々しさや重さはなく。

安心、安定、うまい。


お気に入り度:3


↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-10-13 19:58 | 兵庫 | Comments(0)

f0138598_17342105.jpg

醸造元:近藤酒造株式会社
URL:http://www.suganadake.com/
住所:新潟県五泉市吉沢2-3-50
電話:0250-43-3187
創業:慶応元年(1865)

使用米:美山錦
精米歩合:55%
日本酒度:+4.0
酸度:1.5
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,572円(税込み)

新潟市に隣接する五泉市は人口約5万人が暮らす町で、名前の通り五つの泉の湧くところから、ふるくから酒造りが行われていました。

近藤酒造は幕末の慶応元年(1865)に初代近藤和吉が「大和屋」は屋号で創業しました。

それから現在まで蔵元は「和吉」の名を代々襲名しています。

先祖が奈良出身だったことから創業当時の銘柄は『栄三輪』(みわさかえ)でしたが、後に蔵の近くにそびえる五泉市の名峰「菅名岳」に由来する『菅名岳』に変わります。

今回の銘柄『鹿六』は料理の祖神と言われる磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)に由来し、食中酒をコンセプトとしたお酒です。もともとは海外市場に向けられて造られた『KAROKU』(かろく)ブランド。


漫画『美味しんぼ』第4巻ではフランス料理の中でもワインでも合わせるのがむずかしいと言われるエスカルゴに合う酒として紹介されているお酒です。


香りはなく、飲み口は…。

辛い。

とにかく辛い。ドライな辛さ。

酸の強い辛さ。

旨味は抑えめ。

「世界の貝類に合う酒」と銘打っているので、貝料理と合わせるとうまく馴染むのでしょうか。

私も無類の貝好きですが。

繊細な料理の味を邪魔しない、というコンセプトゆえの辛さかな?

う〜ん。

シャープな淡麗辛口なお酒です。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-10-07 06:27 | 新潟 | Comments(0)

f0138598_00262327.jpg

醸造元:宗政酒造株式会社
URL:http://www.nonnoko.com/
住所:佐賀県西松浦郡有田町戸矢乙340-28
電話:0955-41-0020
創業:昭和60年(1985)

使用米:-
精米歩合:55%
日本酒度:?15.0
酸度:1.6
アミノ酸度:1.6
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,441円(税込み)

「正宗」ではなく逆の「宗正」でもなく「宗政」酒造は佐賀県を代表する焼き物「有田焼」で知られる有田町に蔵を構える酒蔵。

蔵は有田町の東郊外の山中。ヨーロッパの宮殿を思わせる「焼き物」のテーマパーク「有田ポーセリンパーク」のすぐ隣にあります。

中世ヨーロッパの王候貴族を魅了し、世界の陶磁器に影響を与えた有田焼。江戸幕末~明治初期までの輸出向けに制作された作品の他、数々の有田焼や古伊万里を一堂に展示するこのテーマパークも実は宗政酒造の経営です。

「宗政」は創業家蔵元の名。

創業は結構遅くて昭和60年(1985)に西松浦郡西有田町で西有田酒造株式会社を発足。

その後一時伊万里市に本社を移転し宗政酒造株式会社へ社名変更。

そして平成14年に本社工場を有田町の現在地に移転するとともに、観光酒蔵「のんのこの郷」を始めました。

もともとは焼酎製造からスタートして、清酒醸造を始めるのはその後。

現在では地ビール工場「伊万里ブルワリー」とビアレストラン「伊万里麦酒館」を展開。

ワインの輸入販売も行っている、小さな総合酒類蔵でもあります。

今回のお酒は「高エステル生成酵母」を使って、独自の醸造法で造った日本酒度-15度の超甘口純米吟醸酒。

と。

飲む前は、貴醸酒や甘口原酒系の重ダルい甘い酒をイメージしましたが...。

思い込みを吹っ飛ばす、普通にフルーティーですっきりとした甘い酒でした。

雑味の無い透明感のあるフレッシュな甘み。

お酒というよりは、リキュール系のような。

食中酒というよりは、このお酒だけで楽しめる酒です。

あては何にしようなか?と思いつつも、あてを挟むのがもったいない。

そんなふうに感じてしまう、おいしさです。

うまい。

ふつうに旨いよ。

うまいな〜。

お気に入り度:4



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-09-19 00:26 | 佐賀 | Comments(0)

f0138598_09180052.jpg

醸造元:矢野酒造株式会社
URL:http://yanoshuzou.jp/
住所:佐賀県鹿島市高津原3903-1
電話:0954-63-2008
創業:寛政8年(1796)

使用米:山田錦
精米歩合:50%
日本酒度:+1.0
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,771円(税込み)

有明海に臨む多良岳山麓の町、鹿島市は佐賀藩鍋島家支藩の一つ鹿島藩2万石の城下町。

市の中心にある高津原は鹿島藩の藩庁(陣屋)が置かれた場所で、現在の鹿島高校に陣屋があり、その付近には今も武家屋敷が残ります。

JR長崎本線・肥前鹿島駅の最寄りにある矢野酒造は江戸時代中期の寛政8年(1796)に創業した長い歴史を持つ酒蔵ですが、現在は年間製造石数600石ほどの小さな酒蔵です。

長崎街道多良往還(多良海道)沿いに建つ築100年を越える商家建築は蔵の歴史を感じさせます。

また明治37年~昭和初期にかけて建てられた酒蔵や母屋は、建物7棟とも国の登録有形文化財に指定されています。

あと、矢野酒造ではお酒と奈良漬けが二本柱です。

主力銘柄は『竹の園』、特定名称酒にあたえられる新ブランドが『肥前蔵心』(ひぜんくらごころ)です。


栓を開けると最初はストロベリーの香り。

飲み口は、若い。

続いて渋い、苦い。

しかし酸はひかえめです。

スッキリとしたキレ。後味の透明感。

山田錦らしい華やかさ。

だけど主張しすぎていません。

キレイでフルーティーなお酒でした。

これはうまい。


お気に入り度:4




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


[PR]
by tztom | 2018-08-26 09:25 | 佐賀 | Comments(0)