人気ブログランキング |

豊後富士 純米吟醸[麻生本店]_f0138598_23584650.jpg

醸造元:有限会社 麻生本店
URL:http://www.asouhonten.com/
住所:大分県由布市庄内町畑田16
電話:097-582-0008
創業:明治元年(1868)

使用米:山田錦
精米歩合:60%
日本酒度:+
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,980円(税込み)

大分県のほぼ中央に位置し温泉観光地として有名な湯布院を有する由布市は、平成の大合併で2005年に大分郡湯布院町、挾間町、庄内町が合併して生まれた人口約3万3000人が暮らす町です。

大分市寄りに位置する旧庄内町は水を司る神様を意味する「天神山」とも呼ばれた地域。

まさに酒造りに適したこの土地で麻生本店は明治元年(1868)に創業しました。

今は日本酒よりも焼酎がメインの蔵で、この蔵の幻の焼酎と呼ばれる銘柄『麻生富士子』は蔵の女将の名。

で、この限定醸造の日本酒銘柄『豊後富士』は由布岳の事です。


バニラのようなクリーミーな香り。

旨味は意外に控えめで、少々酸が立つ、すっきりとした、淡麗辛口のお酒でした。

雑味がなく、やさしい苦味、渋味のバランスのとれた余韻。

シンプルなうまさ。

うまい。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


タグ:
by tztom | 2019-06-21 21:37 | 大分 | Comments(0)

石見銀山 純米吟醸 [一宮酒造]_f0138598_19011247.jpg

醸造元:一宮酒造有限会社
URL:http://www.ichinomiya-s.jp/
住所:島根県大田市大田町大田ハ271-2
電話:0854-82-0057
創業:明治29年(1896)

使用米:改良八反流
精米歩合:50%
日本酒度:+2.5
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:16度以上17度未満
購入価格:720ml:1,815円(税込み)

大田市は島根県のほぼ中央、日本海に面して「石見三田」と呼ばれる大田市・浜田市・益田市の最東部に位置する中核都市。

古来より石見と出雲を結ぶ交通の要衝、宿場町として発展しますが、戦国時代に石見銀山が開発されてから大田の町は大きく栄えました。江戸時代には大田南、大田北と別れ、それぞれの村には市が立ち、後に「大田の春秋彼岸市」として統合しますが、この春秋彼岸市は今も開催されています。

三瓶川を挟んで南北に走る細い旧石見街道沿いに古い町並みが残りますが、三瓶川の北側、太田小学校の裏手に蔵を構える一宮酒造は創業明治29年(1896)の創業。酒銘は世界遺産にもなった『石見銀山』。

生産高約250石の小さな酒蔵ですが、こだわりの酒造りや海外の異業種ブランドとのコラボなど精力的な酒造りを行っています。また一宮酒造の後継者で現在は女性蔵人の浅野理可さんが杜氏を目指して奮闘。

一宮酒造の造るお酒は、三瓶山の麓から湧き出る伏流水を抗酸化力の高い水にして仕込み水とし、基本無濾過、瓶燗方式(生酒を瓶詰めした状態で加熱処理)による火入れ後、急冷・冷蔵貯蔵したもの。

香りは控えめながらも、マスカット、メロンのようなフルーティーな吟醸香。のみくちは凜とした強い酸の辛さの後にフルーティーでやさしい旨味、渋味、苦味のバランスにまとまって、でも後半まで続く辛口系のお酒ですが、うまいです。うまい!!
辛いけど全体的なバランスが良くて、大変うまいです。

お気に入り度:4



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。
【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


タグ:
by tztom | 2016-11-27 19:01 | 島根 | Comments(0)