人気ブログランキング |

タグ:純米酒 ( 339 ) タグの人気記事

f0138598_00110464.jpg


醸造元:大嶺酒造株式会社
URL:http://www.ohmine.jp/
住所:山口県美祢市秋芳町別府2585-2
電話:0837-64-0700
創業:文政5年(1822)

使用米:山田錦
精米歩合:58%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:14.5度
購入価格:720ml:2,268円(税込み)

大嶺酒造もまた50年ぶりに復活した酒蔵です。

日本最大のカルスト台地「秋吉台」の西側に位置する美祢市の秋芳町別府地区に蔵を構える大嶺酒造は江戸時代後期の文政5年(1822)に創業した歴史を持つ酒蔵です。

かつての主力銘柄は『防長圀盛』(ぼうちょうくにざかり)。

町の玄関口はJR美祢線の於福駅(おふくえき)。

しかし、大嶺酒造は受託醸造(桶売り)の蔵に転身して酒造りを続けるものの、やがて昭和30年(1955)には休蔵状態になってしまいます。

平成22年(2010)そんな休眠状態だった大嶺酒造を復活させるのが、ニューヨークの広告会社に勤めていた秋山剛士氏です。

「農業と地域資源を軸に地域の未来へ繋がる産業をめざす」

最初は萩市に蔵を構える『東洋美人』の澄川酒造の設備を間借りしてスタート。

戦略的なブランド作り。

「AGAINST SAKE WORLD」”日本酒の世界に逆らう”を堂々と宣言。

とにかくラベルデザインやブランド名、そして平成30年(2018)に竣工した、最新鋭の設備を持ち、新たな観光スポットとしても賑わいを見せているデザイナーズ建築の酒蔵など「斬新」さをとにかく打ち出し、地酒復活の思いは国内マーケットを越えて世界を見据えています。

2013年にスイスで開かれた世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)では、日本政府主催の晩餐会で『Ohmine』は国際デビューしました。

今や山口県を代表する地酒『獺祭』や『東洋美人』を目指して大嶺酒造の『Ohmine』は話題急上昇中のブランドになっています。



香りは控えめながらも、ほのかにクリーミーでメロン・ライチのような吟醸香。

飲み口はスッキリとした、深いコクのある甘み。

フルーティというよりも和三盆のような上品な甘み。

高い次元でバランスのとれた余韻。

吟醸酒レベルの純米酒。

ああ、うまい。

これはうまい。

復活おめでとうございます。

そして、新たに山口の地酒を牽引していくであろう、この小さな酒蔵を応援します。

そんな事よりも、

まあ、うまい酒です。


お気に入り度:4



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2019-10-20 01:01 | 山口 | Comments(0)

f0138598_04232076.jpg


醸造元:株式会社鳴海醸造店
URL:http://narumijozoten.com/
住所:青森県黒石市大字中町1-1
電話:0172-52-3321
創業:文化3年(1806)

使用米:華吹雪
精米歩合:65%
日本酒度:+7.0
酸度:1.2
アミノ酸度:1.3
アルコール度:14度
購入価格:720ml:1,300円(税込み)

靑森市の南、弘前市との間に挟まれた黒石市は人口約3万2000人が暮らす町。

江戸時代に津軽藩から分知した黒石藩1万石の陣屋町として発展した小さな城下町で、現在も町割り、道路の升型などにその面影が残り、また「こみせ」と呼ばれる雪国独特のアーケードの古い町並みとして知られています。

この黒石のねぶた祭は靑森3大ねぶた祭の一つとして有名ですが、これは江戸時代に経済基盤の小さかった黒石藩が経済政策として進めた集客イベントであり、これによって黒石はこの地域のおける在郷町としても発展し、多くの商人が集まってくるようになります。

黒石のねぶたは青森や弘前を凌ぐ規模を誇るのはこういった歴史があるからです。

そんな黒石には近年まで鳴海醸造店、中村亀吉、佐藤酒造の3軒の酒蔵がありました。

ただ、その中で元町に蔵を構え明治27年創業の佐藤酒造は、後継者難から2008年に廃業してしまいました。歴史的建造物の酒蔵は保存され、町のコミュニティスペースとして活用されています。

f0138598_04233814.jpg



メインストリートに蔵を構える鳴海醸造店は江戸時代後期の文化3年(1806)創業の黒石市の中で最も古い歴史を有する蔵です。

平成10年に「鳴海家住宅」は、黒石市の文化財として指定されました。

凶作にあっても収穫をもたらした土地の名、「稲村」に由来する『稲村屋』を屋号としていました。

代表銘柄の『菊乃井』は二代目文四郎が菊の花を愛し、この芳香を酒に取り入れれば酒の楽しみもまた一段と増すのでは、と吟醸酒の搾りの際に槽口に菊の枝を置いた事に由来するとか。



夏っぽいブルーのボトルとラベルです。

夏限定酒。

『涼颯冷爽』と書いて(かぜれいそう)と読みます。
涼颯を当て字で「かぜ」と読ませています。



栓をあけると、ほのかにスッキリとした吟醸香。

飲み口は、やや酸が全面に出てきますが、クリアな旨味もあって、雑味もなくスッキリとしたのど越し。

良く見るとアルコール度数14度。

飲み頃の温度は5℃~10℃で冷蔵庫で冷やした状態か、氷水にどぶずけして冷やして飲むのがいいらしい。

夏らしい飲み方だ。

キンキンに冷やすとひたすら淡麗の辛口。

うん、確かに。

もう少し旨味がほしいところですが。

燗にしてみる。

これまた辛口。旨味の少ない淡麗な辛口の酒になります。

しかし、ぬる燗から常温になってくると、やさしい旨味が出てきて飲み口も優しくなります。香ばしさも顔を出します。

う〜ん。

このお酒は常温が一番おいしいかも。


お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2019-09-15 04:34 | 青森 | Comments(0)

f0138598_20042555.jpg


醸造元:有限会社関乃井酒造
URL:http://www.sekinoi.co.jp/
住所:青森県むつ市柳町1-5-15
電話:0175-22-3261
創業:明治24年(1872)

使用米:まっしぐら
精米歩合:60%
日本酒度:+4.5
酸度:1.2
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,134円(税込み)

青森県最北端、いや本州最北端に位置する酒蔵、関乃井酒造。

下北半島の北端、霊山「恐山」の麓に位置する人口約5万4000人が暮らす、むつ市の中心市街の少し外れに蔵を構えます。

創業は明治24年(1872)で、以来地元で愛され、下北半島以外にはほとんど出荷されていない、THE・地酒です。

酒銘であり屋号でもある『関乃井』は、心にかかる関情の関と井泉水(せいせんすい) 井戸の水に由来。

てっきり、蔵元である関家の井戸水の意味かと思いました。

『北勇』(きたいさみ)はまさに北端の地酒らしいネーミング。

最近は下北郡東通村産の酒米「駒の舞」と村に湧く約1億5千万年前のジュラ紀の地層からの湧水「ジュラ紀湧水」で造った『祈水』(きすい)シリーズが注目を集めています。

今回の北勇・純米酒に使われている酒米「まっしぐら」は始めて聞く品種ですが、秋田のあきたこまち系と山形のはなの舞系を掛け合わせて、平成18年に生まれた青森県の看板品種との事。


香りはほのかに牧歌的な乳酸香。

う〜ん、地酒っぽい印象。

飲み口はスッキリ、旨味はそこそこに透明感のある淡麗辛口です。

雑味が無く、あっさりとして後味もさわやか。

まあ、いわゆる軽快な喉ごしのさっぱり系の純米酒。

燗にすると、苦味、渋味、酸味の強いキリリとした辛口ながらも、マイルドでやさしいお酒に少し変身。

雑味もなく、べた付かず。

すっきりとして、ほっこりする感じの飲み心地。

あ〜、うまい。

燗はいいな〜。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2019-09-06 20:34 | 青森 | Comments(0)

f0138598_19141600.jpg

醸造元:石井醸造株式会社
URL:http://ishiijozo.com/
住所:足柄上郡大井町上大井954
電話:0465-82-3241
創業:明治3年(1870)

使用米:-
精米歩合:60%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,334円(税込み)

小田原市の北に位置する足柄上郡大井町は人口約1万6000人が暮らす町。

最寄り駅はJR御殿場線の上大井駅。東海道本線国府津駅から2つ目の駅です。

ちなみに1つ目の駅は下曽我駅。

上大井駅から国府津方面へ徒歩約10分ほど歩くと赤い屋根の酒蔵が明治3年(1870)創業の石井醸造です。

f0138598_22143703.jpg


主力銘柄の『曽我の誉』は、かつてここ上大井地区が曽我村と呼ばれていた事に由来します。

日本三大仇討ちの一つで、鎌倉時代の仇討ちで有名な曽我兄弟の『曽我物語』の舞台となった地です。


ほのかにチーズのような乳酸香。

飲み口はやさしく、旨味がしっかりとあります。

雑味が無く、透明感があります。

旨味が生きている。感じ。

少々ざらつきもあるけど。

その野趣さがまたうまいです。

日を置くと、不思議と今度はそのざらつき感が無くなり、さわやかですっきりとした飲み口になりました。

後味の苦味がフルーティーさをさりげなく引き締めます。

うまい。

燗にしてみる。

スッキリとしていて透明感のある上品な飲み口。

控えめながらも芯のある旨味の余韻が心地よいです。

うまい。

でも、このお酒は冷やが冴えます。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2019-07-13 22:15 | 神奈川 | Comments(0)

f0138598_19135135.jpg

醸造元:井上酒造株式会社
URL:http://www.hakoneyama.co.jp/
住所:足柄上郡大井町上大井552
電話:0465-82-0325
創業:寛政元年(1879)

使用米:五百万石・アケボノ
精米歩合:65%
日本酒度:+0.5
酸度:1.8
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,280円(税込み)

小田原市の北に位置する足柄上郡大井町は人口約1万6000人が暮らす町。

最寄り駅はJR御殿場線の上大井駅。東海道本線国府津駅から2つ目の駅です。

また東名自動車動の大井松田ICが町の玄関口です。

小田原市の東、酒匂川を介して接する大井地区。

このJR御殿場線の上大井駅近くに蔵を構える井上酒造は江戸時代中期の寛政元年(1789年)に農家であった井上家6代目、井上要七によって創業されました。

f0138598_22573071.jpg



井上要七が新しい商売をもとめて城下町小田原をめざした道すがら、徳利の形をしていた石につまづいたことから「酒造りをしなさい
」という神の啓示であると考え酒造業を始めたといいます。

そしてその石は、今でも井上家の家宝として大切に保存されています。

昭和に入って終戦前後までの主力銘柄は『国基』(こくき)でしたが、その後『東祝』(あずまいわい)と時代背景を反映しながらその銘柄も変わっていきました。

やがてヨーロッパ諸国にも輸出を始めるにあたり海外でも通用する銘柄を検討した結果、世界的な観光地でもある箱根に因んで『箱根山』という銘柄が生まれます。

ちなみに『仙鳴郷』という新ブランドは、南部杜氏から能登杜氏に交代したのを機に生まれたブランドです。


色はうすいコハク色。

クリーミーでメロン、バナンのような香りです。

口に含むと、雑味が無く、酸も無く、やわらかい渋味、苦味の余韻が伴ったフルーティーな飲み口。

澄んだうまさ。うまい。

これは純米吟醸酒か。

それに匹敵するレベル。

うまいです。

日を置くと、マスカットのような爽やかな香りに。

奥が深い...。

燗にすると。

ガツン!としたフルーティー...の奥から出てくるラッカー味。

酢酸エチル香?

でも後味の余韻はやさしいフルーティー感。

辛い。旨い。深みがある。

温度が下がって、常温に近づくと。

ラッカー味はどこかに消えて。

心地よくやさしい苦味に、フルーティーな米の旨み、甘みに包まれる。

苦旨の融合。

うまい。

奥が深い。

ああ、うまい。

お気に入り度:4




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2019-07-11 23:04 | 神奈川 | Comments(0)

f0138598_19135840.jpg


醸造元:吉川醸造株式会社
URL:http://www.kikuyu.co.jp/
住所:神奈川県伊勢原市神戸681
電話:0463-95-3071
創業:大正元年(1912)

使用米:美山錦
精米歩合:65%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,180円(税込み)

伊勢原市は神奈川県のほぼ中央に位置する人口約10万人が暮らす町。

この伊勢原市を横断する東名自動車道の伊勢原バス停付近が渋滞の名所として長く人々には知られています。

伊勢原市中心部の北西郊外、東名自動車道のすぐ側に位置し、鈴川が近くを流れる神戸地区に蔵を構える吉川醸造は、大正元年(1912)に吉川兼吉氏が創業した現在6代続く酒蔵です。

古くはこの伊勢原や隣の秦野地域は、葉たばこの産地であり、吉川家も当初は伊勢原で煙草の製造販売をしてました。

しかし煙草が国の専売となってからは醤油、味噌などの製造を始めて、さらに投資先の1つとして酒蔵を買い取り酒造業へ参入して今に至ります。

f0138598_23372351.jpg


社名が「酒造」ではなく「醸造」であるのは、この為ですが、しかし現在は酒造業に専念しています。

創業当時の銘柄は『初冠』(はつかんむり)でしたが、3代目から現在の主力商品の『菊勇』(きくゆう) が生まれました。

『相模大山』は伊勢原市の北西端に位置する標高1,252mの山で、古くから山岳信仰の山として、江戸時代には庶民が盛んに「大山参り」を行っていました。

ちなみに、山形にも『菊勇』という銘柄がありますが、こちらは読みが「きくいさみ」となります。
関係性はありません。


色はうすいコハク色。

香りは醤油、味噌のようなパンチのあるビターな印象です。

この蔵が昔、味噌、醤油を醸造していた事とは関係ありません。

乳酸系の香りです。

飲み口はやさしく芳ばしい。
米の旨み、ほのかにフルーティーさを伴う米の旨みを感じながら、フレッシュで透明感のある余韻。

日を置くと、野趣感が増してきました。

パワフルな独特な個性的なお酒。

雑味は無く、後半にやや苦味、渋味を感じますが、後味の余韻は良く、バランスが取れている感じ。

うまい。

うまいです。

燗にしてみる。

旨味はひかえめ、すっきりとした飲み応え。

雑味は無く、やや酸っぱめの芳醇なコク。

こっちも、うまい。

お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2019-07-10 23:37 | 神奈川 | Comments(0)

f0138598_17341083.jpg


醸造元:合資会社柴田酒造場
URL:https://www.shibatabrewery.com/
住所:愛知県岡崎市保久町字神水39
電話:0564-84-2007
創業:天保元年(1830)

使用米:山田錦(兵庫県産)
精米歩合:70%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:17度
購入価格:720ml:1,400円(税込み)

岡崎市の中心部から車で30分ほど走った三河山地の山中。

2006年に岡崎市に編入される以前の、旧額田郡額田町は人口約9000人ほどの山間の町でした。

標高350mの山あいに蔵を構える柴田酒造場は、作手村との境にある下山地区の保久の神水地区で江戸時代後期の天保元年(1830)に創業しました。

硬度0.2という極めてやわらかな幻の軟水「神水(かんずい)」がその地名という酒造りに適した地。

当時、庄屋で地主でもあった柴田家が余剰米を用いて酒を造り、それを売り出したことに始まります。

明治31年に蔵が火災で焼失、樽の中の酒が川に流れ出し遥か下流の岡崎市まで流れ着いたことから、この川の上流に造り酒屋があることが知られ、主力銘柄の『孝の司』の名が広く知れ渡ったという逸話があります。

『GIN』シリーズは米の旨味を感じる食中酒を目指して作られた限定流通ブランド。


香りは控えめ。

飲み口は酸味が無く、苦味、渋味がほどよくバランスしています。

辛口ながらも、しっかりとした芯のある控えめな旨さ。

控えめだけど、細いわけではない。

旨味がある。

うまい。

燗にしてみると、これは正解。

香り、旨味が増して、苦味、渋味も心地よい。

そして、サクッとしたキレ。

ふわっと、やさしい。

このお酒は、キンキンに冷やすより常温か燗の方がうまいです。


お気に入り度:3



↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2019-07-03 20:35 | 愛知 | Comments(0)

f0138598_23585452.jpg

醸造元:ぶんご銘醸株式会社
URL:http://www.bungomeijyo.co.jp/
住所:大分県佐伯市直川大字横川字亀の甲789番地4
電話:0972-58-5855
創業:明治43年(1910)

使用米:-
精米歩合:65%
日本酒度:+
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:16度以上17度未満
購入価格:720ml:1,375円(税込み)

大分県の南東端に位置する人口約7万人が暮らす城下町、佐伯市。

平成の大合併で、2005年に周辺南海部郡の宇目町・蒲江町・上浦町・鶴見町・弥生町・直川村・本匠村・米水津村を合併して市域を広げますが、その旧直川村(なおかわそん)にぶんご銘醸は蔵を構えます。

ぶんご銘醸は首都圏でも知られる焼酎の蔵です。

その前身は明治43年(1910)に直川村の北に接する本匠村で創業した狩生酒造場。

平成13年に有限会社狩生酒造場からぶんご銘醸株式会社に組織変更を行い、翌年平成14年に現在の直川村横川へ蔵を移転しました。

蔵というよりは工業です。

現在は焼酎醸造蔵ですが、かつては日本酒も造っていました。

そんな事もあり、創業時の原点である清酒を復活させたいという思いから、平成23年に地元の支援を受けて清酒醸造がスタートしました。

『佐伯飛翔』は蔵元の挑戦の思いを込めた新しい銘柄。

まだまだ進化の途中で、その年によって酒質が違います。

まさに蔵人と共に成長し続けている酒です。


メロンソーダーのようなフルーティーでクリアーな甘い香り。

飲み口は意外にスッキリとした淡麗辛口。

のど越しは甘味が辛さを包み込んで、良い感じです。

うまい。

うまいな。

燗にしてみた。

芳醇に包み込むようにうまい。

雑味が無い。

そして優しい。

透明感があってやさしくて力強い。

キレイ、華やか、甘い。

後味スッキリ。

うまい。

あ〜うまい。

お気に入り度:4




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2019-06-23 13:13 | 大分 | Comments(0)

f0138598_11300548.jpg

醸造元:有限会社 矢野酒造場
URL:https://www.yano-shuzoujou.jp/
住所:大分県国東市安岐町成久11
電話:0978-67-0011
創業:明治16年(1883)

使用米:ひのひかり
精米歩合:70%
日本酒度:-
酸度:-
アミノ酸度:-
アルコール度:15度
購入価格:720ml:1,838円(税込み)

国東半島の東側に位置する国東市は、平成の大合併で2006年に東国東郡国見町・国東町・武蔵町・安岐町の4町が合併して生まれた人口約3万人の市。

大分空港を望む旧安岐町、別府湾に注ぐ安岐川沿いに蔵を構える矢野酒造場は、明治16年(1883)に矢野勝次郎氏が『松島屋』の屋号で創業。

宮城県の景勝地、松島の風景に惚れ込んだ事に由来する屋号と、主力銘柄の『松乃露』。

矢野酒造場の小売部である「酒と米の松島屋」で直売をおこなっています。


色はコハク色。

香りは牧歌的な甘く芳ばしい乳酸香。

奈良漬けような芳ばしい酒粕の香りが立ち上がります。

飲み口はほのかに芳ばしく、濃醇な甘みですがスッキとしています。

ダレない。

うまい。

燗にすると、ふくよかでビター。

まろやかで、キレがある。

うまい。

うまいな〜。


お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2019-06-16 11:31 | 大分 | Comments(0)

f0138598_22034691.jpg

醸造元:名門サカイ株式会社
URL:https://www.meimon.co.jp/
住所:愛媛県宇和島市高串2-1045
電話:0895-25-5533
創業:文禄元年(1592)

使用米:しづく媛
精米歩合:0%
日本酒度:+3.0
酸度:1.4
アミノ酸度:-
アルコール度:15度以上16度未満
購入価格:720ml:1,080円(税込み)

宇和島市は伊達家10万石宇和島藩の城下町として栄えた人口約7万2000人が暮らす南予地方の中心都市。

宇和島市の北郊外の国道56号線沿い、高串川を挟んだ対岸に酒蔵名門サカイはあります。

パッと見、流通倉庫のような建物。

入り口の看板には名門サカイの名の下に、サントリー、アサヒ、キリン、月桂冠、白鶴、大関などの看板が...。

昭和46年(1971)に愛媛県南予地方の酒造会社3社が合併して生まれた名門サカイの前身は、江戸時代より前の文禄元年(1592)に京都で鳥羽家が創業した「久代屋(くしろや)」が、江戸時代初期に伊達家御用商人とし宇和島入り興した後の鳥羽酒造です。

『玉乃川』の鳥羽酒造に『万福』の大久保酒造、『伊予菱』の谷口酒造が合併して生まれた名門酒造に、昭和56年(1981)に総合酒類卸売業の合名会社酒井商店が合同して生まれたのが、名門サカイです。


色はほんのりと薄いコハク色。

香りは控えめ。

やや酸が強いスッキリとしたフルーティーな飲み口とシャープなキレ。

フルーティー感がほのかに残る淡麗辛口。

うまい。

燗にしてみる。

最初の印象は辛い。

しかし、渋味、苦味がそれに続きながらも、後半に米の旨味。

深くて厚い旨味。

のど越しと余韻は辛くて、苦くて、渋いキレだけども、悪くない。

なんだか、うまいと思う。

そんな、うまさ。

燗うまい。

お気に入り度:3




↓お、この蔵・この日本酒いいね!と思われたらポチッとお願いします。

【日本酒】ブログランキング
日本の地酒・小さな酒蔵を応援しています!!


by tztom | 2019-05-29 22:05 | 愛媛 | Comments(0)